南 東 北
(宮城・山形・福島)

現在、51軒掲載(うち14軒は閉店確認済)
★仙台駅(JR東北本線・仙石線・仙山線、仙台市営地下鉄、東北新幹線)
「蔵王めん茶屋」  実食日:2005/9

  JR5・6番ホーム(東北本線上り)。仙台駅にはいくつかのブランドの駅そばが入っていて、巡る身としても楽しい。ただ、かつては「東北の王様」だった伯養軒が完全撤退してしまった(仙台駅1番ホームにあった店舗も消えていた)というのは、少し寂しい話である。もともとは「こけし亭」や「Men-Shop」のブランドも伯養軒が出していたのだが、これらはすでにNREグループの企業などに引き継がれている。そのため、「伯養軒」ブランドだけが消滅したという形になっている(駅弁部門は「ウェルネス伯養軒」として名前を残しているようである)。
  さて、この店は伯養軒とは無関係で、「鰍アばやし」という会社が経営している。東北では、旧伯養軒系以外の駅そばは割と珍しいので、貴重な存在であろう。この店は、地方にしては割と値段が安いのが特徴で、かけ250円、月見290円、天は310円である。それでいて、味覚的には水準以上。麺はモチモチしていて歯ごたえがいいし、カマボコが乗って彩りも鮮やか。三色えびかきあげとろろそばという変わりメニューも用意している(400円)。伯養軒なき今だからというと語弊があるが、応援したい店である。

※2008/12、再食。値上げしていました。現在は、かけ(250→)270円、月見(290→)320円、天(310→)330円、三色えびかき揚げ(400→)420円です。「三色」とはかき揚げが三色なのではなく、「かき揚げ+ワカメ+山芋」を指します。

※黒石つゆ焼きそばの専門店に変わっていました。当サイトでは、閉店扱いとします(2012/12、確認)。

4 3 3 3 3 1 17
「葵」  実食日:2008/4

  最寄り出口は、地下鉄の南2番出口になるだろうか。出て左(狭い路地へ)、突き当たりを右へ1分左側。「仙台アメ横ビル」の並びにある。昼は立ちそば、夜は立ち飲みの店(夜でもそばを食べることはできる)。立ちそば・立ち飲みと言っても、ちゃんと椅子席もあるので、女性の一人客も結構入っているようだ。
  麺はあまり面白味のない丸麺。つゆは甘みが勝っているタイプ。やはり仙台を拠点とする上記「こばやし」のつゆに近い印象。これが仙台スタンダードなのだろうか。かけ250円、天350円という値段は、地方にしてはなかなか安い。変わりメニューに「葵そば」があり、仙台名物の牛タンが4切れも入る。肉厚だがじっくり煮込んであるので柔らかい。380円でこれが食べられるのは、旅行者にとっては非常にありがたいことなのではないだろうか。


※葵(牛たん)そばが消滅してしまいました。超残念! あまり売れなかったのでしょうか。というか、あまり観光客が入りそうにない場所柄なので、定番メニューの方が支持があるのかもしれません。駅構内の「杜」も、いろいろとご当地系メニューを発売しながら、結局は定番に落ち着いています。仙台では、あまり突飛なメニューは流行らないということでしょうか。余所者目線で見ると、とても残念なのですが。値段は少々上がっていて、たぬき330円、かけ280円、天(かき揚げ)380円になっています。セットメニューがいろいろあり、値段的にだいぶお得感があります。ミニ丼セットは480〜500円、フル丼セットでも550〜580円です。セットの麺はもり・かけを選べます。もりには「二八」の表示があるので、ぜひ試してみたいところです。外観的には、大きなメニュー看板が廃止され、幟が「ホッピー」になっていました。飲み客が多い店なのかもしれません(写真は左:旧、右:現。値−1点、付−3点。2015/9、確認)。

3 3 2 4 3 4 19
「杜」  実食日:2008/4

  JR在来線中央改札を出て左、切符売り場の隣。比較的新しそうな店で、中は広々としている。椅子席はないが、好感度の高いカウンターレイアウトだ。
  この店は、コシの強い麺が気に入った。生か茹でか、ちょっと判断に迷う感じだが(調理時間は早かったが茹で置きの可能性もある)、食感的には生麺級。一方のつゆは、あっさりしすぎていて個人的には今一歩。上記「葵」のつゆでこの麺を食べてみたいと感じた。評価には関係ないが、この店は商品の受け渡し方がちょっと変わっている。券売機で買った食券を厨房に出すと、番号の書かれたプラ板を渡される。そして、出来上がると「○番の方どうぞ〜」と声がかかる。さながら日帰り温泉の大広間食堂のようなシステムだ。駅そばでは珍しい光景である。かけ270円、月見320円など。天の種類が豊富で、変わったところでは「たけのこ天そば」がある(390円)。

※2010/1、再食。改札内(コンコース)からでも利用できます。たけのこ天は消滅し、牛たんコロッケそばが登場していました。340円と安いので、気軽に試せます。

※2012/3、再食。牛たんコロッケそばは消滅していました。代わりにいも煮そば(390円)が登場していました。どちらかというと、山形のイメージではありますが、東北らしさは健在です。再食は天丼セット(450円)でしたが、天丼がフルボリューム(そばがミニになる)で、なかなか食べごたえがありました。注文後に天ぷらを揚げるので、時間がない場合には別メニューを選択した方が無難です。

※2012/12、再食。いも煮そばも消滅していました。地元住民の利用が多い店のようで、地域色の強い変わりメニューよりも、安くてボリュームがあるメニューの方が人気があるようです。鶏から揚げそば(360円)は、我孫子「弥生軒」に肩を並べようかというほどのボリューム感です。デカ盛り系から揚げそば、全国的に流行るかもしれません。

※2014/1、再食。値段等、変わっていません。セットメニューの各種ミニ丼が150円という安価で提供されています。かけそばとともに買うと、合計420円。これはたいへんお得だと思います。

※駅構内工事のため一時期営業を中止していましたが、今年2月にリニューアルオープンしました(写真は左:旧、右:現)。場所は以前と変わらず、改札内外両側から利用できる造りも一緒です。値段が少々上がり、現在はかけ280円、鶏から揚げ420円、各種ミニ丼190円になっています。かき揚げが2種あるのはリニューアル前と同じですが、「かき揚げ330円・えびとイカのかき揚げ360円」から「かき揚げ360円・上かき揚げ420円」に表記が変わっています。上かき揚げにはエビとイカが使われているようなので、内容的には変わっていないと思われます(2015/9、確認)。

※2016/4、再食。リニューアル後の初食になります。まずは、上かき揚げそば420円をいただきました。麺は生麺の茹で置きで、やや粘着質。つゆはうすくち醤油をベースに仕立てた淡めなもので、丸みのあるまろやかな味わい。カツオより、イリコかウルメか、小魚系の出汁の香りであるように感じました。上かき揚げは、芝エビくらいのサイズの有頭エビが2尾入っています。あとは、イカ・タマネギ・ニンジン・小松菜。小松菜は仙台産だそうです。上かき揚げとは別にかき揚げ360円もあり、こちらには有頭エビが入らないようです。なお、基本的な店の造りは以前と変わっていませんが、客席のレイアウトは変わり、改札内側には椅子席もあります。
  13:30くらいの訪問で、先・後客とも多数。制服姿の駅員さんもそばをすすっていました。老若男女、客層が幅広いです。やっぱり仙台駅には、この店が必要不可欠ですね。


4 3 2 3 3 2 17
「あじさい」  実食日:2008/12

  JR在来線7・8番ホーム、階段下。階段下のデッドスペースにスッポリと収まっているので、あまり目立たない。目立つところに幟の一本でも立てておいた方がいいのではないか、と感じる。立ち食いカウンターのみのシンプルな造りの店で、ホームに人が溢れているわりには店内にいる人数が少ない。
  「まぁ、あじさいだからな」と、あまり期待しないで入ったのだが、意外にもなかなか美味いそばをいただけた。麺は茹で麺だが、色が黒くて香り高い。つゆは透明度が高く(丼が赤いので、色の濃淡は分かりにくい)、それ自体の主張は弱い。ただ、麺の味を邪魔しないというか、うまく引き立てているようには感じた。首都圏の「あじさい茶屋」とは比べものにならないくらいに完成度が高く、良い意味で裏切られた感じだ。純粋なNRE店舗ではないのだろうか。かけ270円、たぬき310円など(ワカメ入り)。ラーメン、カレーライス、各種おにぎりも扱っている。


※閉店していました。建物もすでに撤去され、跡地には何もありません(2012/12、確認)。

4 3 3 3 3 1 17
「そばの神田」  実食日:2010/12

  JR西口の8番出口を出て、パルコ脇のペデストリアンデッキで道路を渡り、地上に降りてすぐ。名掛丁(アーケードの商店街)の入口角。立ち食いカウンターのみだが、狭いフロアに工夫してカウンターを並べていて、10人くらいは収容できる。
  麺は生。注文後に茹でるため、3分ほどの待ち時間が発生する。種皮のツブツブが練りこまれたザラザラ食感の麺で、歯ごたえ・風味ともなかなかのもの。つゆの存在感が弱いのが少々残念なところではあるが、総じて満足度は高い。たぬき(天かす)とそば湯はフリー(各席にあり)で、かけ270円、野菜かき揚げ350円、肉370円など。大盛りが140円増しとお高いのだが、これは2玉使用になるため(1.5玉とする店が多い)。


※値上げしていました。現在、かけ290円、野菜かき揚げ370円、肉390円です。かき揚げは、野菜のほかにごぼう380円・ゲソ390円・えび420円・小柱420円と揃っています。朝そば300円の設定あり。内容は「温玉ほうれん草」なので、100円以上お得な計算になります(2015/9、確認)

5 3 2 3 5 3 21
「萩」  実食日:2011/12

  JR中央口改札外、駅舎1階。仙台駅は改札が3階にあり、2階にショッピングモールが開けているため、駅舎1階という立地はあまりよろしくない。改札脇にある「杜」(3つ上に記載)あたりと比べると、圧倒的に客数が少ないようだ。
  味覚的には、「杜」と同系統なのかなぁ、という印象。ツルツルしていて歯ごたえが強めの麺。つゆにはこれといった特徴はない。かけ260円、天330円など。オリジナルメニューがいくつかあり、店名を冠した「萩のそば」はさつま揚げ+温玉+きのこ+めかぶという豪華なトッピングラインナップで、430円。お得感はあるけれど、トッピングに節操がないというか、方向性がちょっと見えにくい味覚になっている。鶏肉そば370円、鶏唐揚げそば360円あたりの方が狙い目かもしれない。揚げ玉フリーは嬉しいサービス。箸はエコ箸。


※2014/10、再食。値上げしていました。現在、かけ270円、天(野菜かき揚げ)370円、鶏唐揚380円です。鶏肉は鶏南蛮と名を変えて、390円。萩のそばは終了しています。実食は、鶏南蛮。旨味濃厚な皮付き鶏肉と白髪ネギのトッピング。味わいが上品で好印象でした。麺が変わったかもしれません。ずっしりとした質感のある麺で、これまた印象アップでした。変わりメニューに、ふんわり天410円、山海揚げ500円、笹かま天おろし480円などがあります。変わりメニューがどんどん入れ替わる店なので、「これは!」と思ったものは宿題にせず、さっさと食べましょう(味+1点)。

4 3 3 3 4 3 20
「あかね」  実食日:2014/1

  地下鉄の北3出口を出てすぐ、さくら野百貨店の地下1階。フロアに露出した造りだが、フードコートではなく単独で存在している。厨房ガラス張りでフロアからは見えにくく、客席(と、配膳用通路)だけが露出している。珍しい造りだ。席数は、椅子付きカウンター6席と、2人掛けテーブルが2つ。有人レジで先払いし、配膳してくれるシステム。下げ膳も従業員が行う。
  麺は、ちょっと独特な生麺。少々ぬめりがあり、強い弾力がある。香りがあまり感じなかったのは、甘みが強いつゆのせいかもしれない。きつねや肉をトッピングするとちょっとくどくなるかな、と感じる。また、飲み干した後に若干の薬品臭を感じた。たぬき380円(ワカメ・カマボコ入り)。天(かき揚げ)は580円と高値。ご飯ものはおこわのみで、単品だと500円もするが、セットでも500円で食べられる。単品メニューが全体的に高めなので、おこわとのセットが一番お得に感じる。そば湯ポットあり。そば湯は白濁していてよく香る。そばの香りが全部そば湯に出てしまっているのではないかと思うくらいだ。


※だいぶ値上げしていました。現在、たぬき450円、天630円です。おこわは、単品がおにぎり化され、180円とリーズナブルになりました。セットは550円です。変わりメニューに、じゃこ天そば650円・肉味噌うどん550円が登場していました(2015/9、確認)。

3 3 1 3 3 2 15
「福はら」  実食日:2015/9

  JR東口を出て左、ロータリーをぐるっと回って出口角。なかなか古くからやっていそうな構えの店で、立地もよい。これまで見つからずにきたのが不思議。入ってすぐ正面に番台のようなものがあり、その脇に券売機。食券を買って、番台のおばちゃんに渡すと、おばちゃんが食券を厨房に持って行く仕組み。客が厨房まで食券を持って行くシステムでもいいような気がするのだが、これもサービスの一環ということだろうか。受渡は厨房で呼び出し、下げ膳はセルフ。客席は、椅子付きカウンターと立ち食いカウンターがあり、キャパは15人くらいか。
  麺は、生麺の見込み茹でのようだ。訪問が昼時で客足が絶えなかったからで、余裕があるタイミングだと注文後茹でなのではないかと推察。ザラザラした舌触りで、少しだけモチッとした後にプツッと切れる独特な歯ごたえ。香りはそれほど感じず、そこはかとなく「白石温麺」を連想させる麺だった。つゆは、色薄め。カツオ出汁は良く出ていて酸味もある。醤油がやや足りないような印象で、ちょっと麺が浮いてしまうように感じた。麺・つゆとも自家製だという。たぬきは天かすで、大きな塊あり。たぬきは「花そば」というメニュー名(これは初めて出会った呼称)で、330円(カマボコ入り)。変わりメニューに、親子南ばん510円、あんかけ480円がある。また、玉子とじ350円やかしわ450円など、別地域で定番とされているようなメニューもある。ご飯物の単品はないが、セットメニューはいくつか設定されている。玉子丼セット500円あたりがお得か。ほかはカツ丼セット720円を筆頭に、ちょっと高め。面白いところでは、学割セット480円のほかにサラリーマンセット550円というのがある(内容は、天丼+かけ)。訪問時も客の多くがスーツ姿だったし、圧倒的にサラリーマンの利用が多い店なのだろう。味覚的にとりわけ好みという感じではなかったのだが、他の店にはないオリジナリティがあるので、またピンスポット的にこの店で食べたくなることもあるだろう。末永くこの味で営業を続けてほしい。


3 4 2 3 4 4 20
★長町駅(JR東北本線、仙台市営地下鉄)
「こばやし」  実食日:2006/9

   JR駅舎を出て右すぐ。待合室経由で駅舎内からでも入れる造りになっているが、この駅は駅舎内がえらく狭くてごちゃごちゃしているので、一度外に出た方がわかりやすいだろう。一見すると「こけし亭」かなと思うような赤い看板だが、よくよく見れば仙台中心のミニチェーン、「こばやし」だった。上記仙台駅では「蔵王めん茶屋」として紹介しているが、経営元は同じである。看板に店名と思われる文字列があるかどうかだけの差だ。
  ここの特徴は、やや甘みが勝ったつゆ。くどくない程度なので、これはこれで気持ちいい。麺や具材には、これといった特徴は見られない。一つだけ挙げれば、「魚天」というメニューがあったということか。売り切れだったので詳細は不明だが、白石駅の駅そばにもあったので、宮城県では一般的なメニューなのかもしれない。
  一つだけ不満事を。ここは立食いカウンターのみの店なのだが、カウンターがあまりにも低すぎる。私は変に背の高い人間だから、なおのことそう感じるのかもしれないが、カウンターは腰の位置。小学生サイズと言っても過言ではないかもしれない。だから、私だけではなく、店内にいた5人ほどの客は揃いも揃って手持ち食いしていた。たぬきなし、かけ250円、玉子290円、かき揚げ310円、肉330円、いか天340円。
  なお、現在長町駅はまったく新しい場所に高架の新駅舎を建設中(駅舎は完成している)。近い将来、線路ごと高架の方に切り替えられるだろう。そうすると、旧駅舎の中にあった駅そばはもろに影響を受けることになる。新駅舎に移転・改装オープンということになってくれればいいが、最悪、近々消滅することになるかもしれない。


※2006/9/17に、線路切り替えに伴う駅舎移転のため、閉店しています(2006/9確認)。

3 3 4 2 3 15
★白石駅(JR東北本線)
「そば処KIOSK」  実食日:2004/5

  改札脇、コンビニタイプの売店内にある。千葉県の館山駅で土産物店内に駅そばがあるというケースがあったが、それに次ぐ個性的立地の店。店員はコンビニの店員が兼ねており、そばと処のカウンターに置いてある券売機で食券を買うと、コンビニのレジからおばちゃんがやってくる。そして、調理して、そばを出し終えると、またレジへと戻っていく。一人二役はかなり大変そうだ。
  味の方は、「田舎風」という感じ。麺は黒くてちょっとゴワゴワしている。こういうの、嫌いではない。つゆはあっさり系。たぬきなし、天320円。地方にしては、割と安い。変わりメニューに、おさかな天そば410円。なお、改札内に向いた窓があり、そこに割り箸が置いてあったので、どうやらホームからでも食べられるようになっている模様。

※閉店していました。売店自体、かなり規模縮小されています(2006/9確認)。

4 4 4 3 3 3 21
★あおば通駅(JR仙石線)
「そば・de・十割」  実食日:2013/12

  出入口1を出て、直進2分。ダイエー仙台店の地下1階フードコート内。ドムドム(ハンバーガー)やたこ焼き店、王将などが入っているフードコートで、この手の店ではよく感じることなのだが、どうも他テナントに比べて客数が劣勢であるように見える。
  この店の売りは、十割そばを茹でたてで出すという点に尽きる。色は白みが強いのだが、ザラザラした食感がそばらしくて好感が持てる。乱切りなので、なおのこと食感が楽しい。ただ、香りがそれほど強くない。つゆは、やや濁りがあり、そば湯のような香りがする(だからなおのこと、麺が香らないように感じてしまう)。麺のすすぎ不足なのかもしれない。値段は高い。かけ420円、たぬき450円(カマボコ・焼き海苔入り)、山菜500円など。対象外価格だが、十割ということもあり特例を適用する。セットメニューがいろいろあり、かけそばセット600円(かき揚げ丼orとろろご飯orカレーライス+かけそば)は、麺類単品が高めなだけにお得感のある設定。
  箸は、1膳ずつ箸袋入りのものを商品と一緒に提供。飲み水はフードコート共通で、コップは各店舗の受渡口に用意されている。サービスがいろいろある。まず、スタンプカード制度があり、300円につき1つ押印、スタンプが10個たまると300円券として使用可能。また、毎月10・20・30日は「十割の日」で、400円以上の全商品が50円引きとなる。また、申し出制ではあるが、そば湯のサービスもある。


※看板リニューアルに伴って店名表記が変わっていたので、店名変更と見なすことにします(「そば・で・十割」→「そば・de・十割」。写真は左:旧、右:現)。値上げして、現在はかけ450円、たぬき480円、山菜530円になっています(2015/9、確認)。

4 4 1 4 4 4 21
★多賀城駅(JR仙石線)
「みやぎ蔵王そば(こばやし)」  実食日:2008/12

  改札を出て左、待合室の奥。待合室内と駅外に出入口がある。椅子付きコ字型カウンターのみで、キャパは10人程度。閑散とした駅である(休日だったからかも)にもかかわらず、店内には4人の先客がいた。競合店がないためだろうか、それなりに利用者がある様子だ。ただ、現在この駅周辺では線路の高架化工事が進行中。併せて駅舎を建て直すなんていう話になると、長町駅の二の舞を踏む可能性がある。ちょっと嫌な胸騒ぎがする。
  この店のそばは、麺は特徴のない茹で麺、つゆはあっさりしていて後味がないタイプ。味の弱いトッピングで食べると、物足りなく感じるかもしれない。オススメは、「あまから肉そば」(350円)やきつね(330円)あたりだろうか。その他のメニューは、かけ270円、月見320円など。天は、野菜かき揚げとえびかき揚げの2種類があり、どちらも330円。

3 4 3 3 3 16
★古川駅(JR陸羽東線、東北新幹線)
「生そば」  実食日:2008/11

  改札(在来線・新幹線とも。両者の改札が横に並んでいる)を出て正面、コンビニ「NEW DAYS」の隣。屋号がなく、食券にも店名が印字されていない。財産票にも業者名が記載されていない。雰囲気的にはキヨスク系かなという感じがするが、詳細は不明。
  麺は特徴のない茹で麺、つゆは濃くて美味しい(辛いわけではない)。ネギは斜めにカットされている。メニューは、看板に記載されている8種類と、納豆そば(310円)がある。納豆そばは、メニュー看板に記載がなく、食券販売機にもなく、店内の壁の貼り紙にだけ出ている。これでは、一見客はその存在に気づきようがない。ちょっと工夫というか、心配りが必要かなと思う。実食は、一番謎めいていた「さかな天そば」(360円)だが、出てきたのは普通にキス天そばだった。基本メニューの価格は、かけ260円、天320円など。

※2013/4、再食。特段の変化はないようです。今回は納豆そば(310円)を試しましたが、納豆はスチロール容器入りのまま、別添で出てきました。これは珍しいパターンだと思います。

3 3 3 3 3 1 16
★池月駅(JR陸羽東線)
「ファーストフード」  実食日:2012/5

  駅を出て直進2分、国道を渡ったところにある道の駅「あ・ら・伊達な道の駅」内。通路に露出した造りになっているので、混雑時には食べているすぐ脇をひっきりなしに行楽客が行き交い、衆人環視状態になる。ちょっと落ち着かない。
  麺は茹で麺。少々ネットリした食感で、香りはほとんどなかった。つゆはやや辛めだが、雑味が少なく飲みやすい。東北地方にはこの手のつゆを出す店が多いように感じる。たぬきなし、月見330円、なめこ430円など。変わりメニューに、納豆かき揚げそば500円。ラーメンもある。

※微妙に改装していました(写真は左:旧、右:現)。掛け時計を撤去したのはどういうわけでしょうか。また、厨房脇の立ち食いカウンターも撤去されています(通路向かいのテーブル席のみになっている)。値段は、かけ300円。生卵は30円なので、月見330円の計算で値段据え置きです。しかし、なめこは山菜なめこというメニューになり、400円。実質値下げということになります。一方の納豆かき揚げは530円に値上げ。使う食材や仕入れ先が変わっているのかもしれません(2015/8、確認)。

3 3 2 3 3 1 15
★角田駅(阿武隈急行)
「オーク・プラザ喫茶コーナー」  実食日:2011/5

  改札を出て右、駅舎内にある観光案内施設「オーク・プラザ」内にある喫茶コーナー。店としての営業時間は7:30〜18:00だが、食事系メニューはこのうち11〜14時の3時間のみ扱っている。客席は、4人掛けテーブル×4。
  麺は、柔らかめの茹で麺。つゆはあっさりしていてあまり深みがない。全体的にインパクトが弱いので、味の強いトッピングを乗せた方がおいしく食べられるように感じた。ただし、用意しているトッピングはかき揚げと山菜のみ。値段は、地方にしては安く、かけ250円、かき揚げ・山菜各350円。ご飯ものとしては、地元角田産の五穀米を使ったカレーライスが人気になっている(400円)。


2 3 3 3 3 1 15
★杜せきのした駅(仙台空港鉄道)
「吉野家」  実食日:2013/4

  ペデストリアンデッキで駅と直結している名取イオンモールの2階フードコート(ハーベストコート)内。なかなか規模の大きなフードコートなのだが、客数はあまり多くない。平日とはいえ、買い物客や通勤通学客が多い18時頃の実食にもかかわらず、着席率は1割にも満たないくらいだった。名取イオンモールには飲食店が多数入っていて、1階にもグルメ横丁的なものがある。そちらに客が流れているような印象。先行き、大丈夫かな……。
  首都圏では思いのほか苦戦傾向にある、吉野家の十割そば。東北でも、基本的に同じものが提供されている。麺は注文後に茹でる乱切り麺で、色黒。十割にしてはよくつながっていて、歯ごたえも良い。つゆはやや甘め。かけ390円、温玉440円など。首都圏よりも値段が高いような気がするが、青よしでの実食自体久々なので、経時変化かもしれない。たぬき(天かす)とそば湯がフリーになっているが、受渡口にのみ置いてある。受渡時に入れるたぬきはともかく、食後に欲しくなるそば湯は、食べる席と受渡口が遠く離れることが多いフードコートではあまり意味をなさないかもしれない。エコ箸・七味・一味・紅生姜(牛丼用)も受渡口にのみ用意されている。


5 3 1 3 4 2 18
★勾当台公園駅(仙台市営地下鉄南北線)
「そばの神田」  実食日:2012/3

  南3番出口を出て、すぐの路地を右に入って2分、一番町四丁目商店街を左折して1分、左側。名掛丁入口にある同名店を含め、仙台市内に5店舗ほどあるミニチェーン店。店舗名は「東一屋本店」。客席は立ち食いカウンターのみで、収容人数は10ほど。
  麺は生で、注文後に茹でる。「コシがある」という感じではないものの、そば本来の心地よい歯ごたえがあって私好み。つゆにはこれといった特徴がないが、全体的なレベルは高い。かけ270円、かき揚げ350円、肉370円など。大盛りが140円増しと高い設定になっているが、これは2玉使用するため。1.5玉の設定が欲しいところではあるが……。揚げ玉フリー、そば湯ポットあり。

5 3 3 3 4 3 21
★白石蔵王駅(東北新幹線)
「お食事コーナー」  実食日:2012/5

  改札を出て左前方。ガランと広いコンコースにポツンと建っているので、かなり目立っている。基本的に立ち食いカウンターのみの露出店なのだが、付近にテーブル付きの待合席があるほか、隣接しているガラス張りの待合室内で食べることもできる。
  麺は茹で麺だが、黒々としていて、そこそこ香りもある。つゆは甘みが勝っているタイプ。実食したのが肉そばだったから、煮汁が染みてなおのこと甘く感じたのかもしれない。でも、しつこい甘さではないので、つゆも最後まで飲み干せる。かけ290円、天380円など。肉そば440円には、カマボコと焼海苔がサービストッピングされた。「駅そば」と言えば、麺はそばかうどんの選択なのだが、この店にはうどんがなく、代わりに温麺(うーめん)がある(そばと同額)。温麺とは、素麺に似た細い麺だが、食感が素麺よりもザラザラしていて、プツプツ切れやすい。駅舎内に入場無料の「温麺の館」があることからも分かるように、白石市の名物になっている。これが駅構内で安価で食べられるなんて、NREとは思えない粋な計らいだ。


※2013/1、再食。うーめんを試してみました。そば・うどんよりもうーめんの方がレパートリーが多いです。五目うーめん(480円)には、きつね・山菜・茹で卵・焼き海苔・カマボコがトッピングされます。うーめんは、見た目には素麺に近いですが、麺が短く、舌触りがザラザラしているのが特徴。派手さはありませんが、なかなか美味しいです。

3 3 2 2 3 4 17
★くりこま高原駅(東北新幹線)
「半田屋」  実食日:2012/5

  西口を出て正面にあるイオンスーパーセンター栗原志波姫店内。駅側出入口から店内に入って左の方。かなり賑わっている量販店なので、テナント店舗も大賑わい。「半田屋」も、数えきれないくらい多くの座席を擁している。
  東北地方ではお馴染みのこのチェーン、そば・うどんだけでなくラーメンや定食類、一品料理などを豊富に取り揃えている。全体的に激安で、そばはかけ190円、天260円など。味覚的には、麺は茹で麺で並。つゆはわりとあっさりしている。天かすフリー。ラーメン各種310円にもお得感がある。セルフチョイスして有人レジで精算する仕組みなのだが、惣菜類に目移りしてこまめに取っていくと結構な金額になるので要注意。この手にセルフ食堂にありがちなトラップだ。麺類や丼ものに一品料理を1つか2つセレクトすると、コストパフォーマンスが上がる。ちなみにこの日選択したのは、かけそば+ししゃも天+フィッシュ&ポテトで、計430円。とにかく量が欲しい人は、小皿に盛り放題の惣菜(10種類以上あって160円均一)などを加えるのも手かもしれない。使い方によっては、かなりのお得感を得られる店だ。


※値上げしていました。現在、かけ210円、天290円、ラーメン各種350円です。カレーライス(「ライスカレー」と表記)330円の大盛りメニューとして、1kgカレー900円があります。完食してもタダにはなりませんが、チャレンジメニュー級のボリューム感です(値−3点。2015/8、確認)。

3 3 5 4 4 3 22
★村山駅(JR奥羽本線、山形新幹線)
「愛亭」  実食日:2006/10

  改札出て右、待合室内。新幹線が乗り入れている駅だが、ホームも改札も在来線と共通。コンパクトな新幹線停車駅である。ガラス張りの綺麗な待合室内には、たこ焼きなども扱う「軽食」と売店がある。露出店だが、待合室内にはテーブル席がたくさんあり、快適に食べられる。写真を見ても分かると思うが、「駅そば」というよりも学食か社員食堂のような雰囲気の店だ。シンプルというか、殺風景というか、飾りっ気がない。ちなみにこの駅は山形新幹線開通前は「楯岡駅」だったのだが、この時代にはこの店はなかったように記憶している。新幹線が開通して駅舎が改築された際に、新設されたものと思われる。
  店の外観とは裏腹に、ここのそばは実に素晴らしい出来だった。生麺の注文後茹でで歯ごたえ(コシ)が非常によく、風味も素晴らしかった。ヘタに「そば街道」に繰り出すよりもよっぽど満足できるのではないかと思うくらいだ。ボリューム感もあり、揚げ玉フリー・タクアン付きというサービスもある。わりと太い麺だから5分待ちになるのが辛いところだが、待つ価値は十分ある味。この駅から列車に乗る場合には、少し早めに着くようにしたい。これほどの出来栄えにして、値段はかけ300円、月見320円、山菜350円、天370円。安いねぇ。企業が営利目的でやっているというより、地元のおばちゃんたちが利益度外視で地域振興のためにやっているという感じがする。こだわりをもった駅そば店が少ない東北地方では貴重な存在である。


※2008/11、再食。変わらず美味。麺の食感がずっしり重く、腹に溜まります。値段と揚げ玉フリーは変わらず。この満足度にしてはあり得ない安さです。漬け物はタクアンではなくキュウリの醤油漬けでした。これは日替わりかもしれません。たまたまかもしれませんが、女子高生が10人くらい群がってそばを食べていたのが印象的でした。珍しい光景だと思います。

※2010/1、再食。値上げしないで頑張っています。店名がついていました。なんと、当サイトで「軽食」と表記したことがきっかけで店名を公募したのだそうです。思い入れが増しますね(付+2点)。

※若干値上げしていました。現在、かけ310円、つきみ350円、山菜370円、天390円です。月見の値上げ幅が大きい(そのうえ、表記がひらがなに変わっている)のが気になります。営業時間は7〜19時ですが、そばは15時くらいで終了となるので、要注意(値−1点。2014/12、確認)。

8 5 2 3 5 7 30
★天童駅(JR奥羽本線、山形新幹線)
「駒」  実食日:2009/9

  改札を出て左、待合室を含む「天童市観光センター」内。店舗は露出しているが、食べるスペースは待合所から衝立で区切られていて、人目はまったく気にならない。2人掛け・4人掛けテーブルがたくさんあり、計30人くらいは収容可能。団体客が来ない限り、まず満席になることはないと思うので、落ち着いて食べることができる。
  この店のそばは、注文後に茹でる生麺。「6分ほどかかります」との貼り紙が出ているが、そこまではかからなかったように思う。混雑時を想定しての貼り紙だろう。生麺にしては太く、食べ応えがあるのだが、風味はそれほど強くなかった。食感は、コシと弾力が同じくらいある、という感じ。つゆは、出汁はよく効いているものの、塩辛さの方が少し勝っている。天は少し粉っぽい印象だった。総合すると、美味い部類には入るのだが、すべての要素でまだまだ改良の余地が残されているように感じる。先払い(注文時払い)のセルフサービスで、そばはレンゲ・箸(箸袋入りのエコ箸)とともに盆に乗って出される。カマボコとワカメが入って、かけ380円、月見400円、天500円。かけ系のそばのメニューは、この3種のみ。ラーメンやご飯もの、ドリンク類、スナック類(フライドポテトなど)も扱っている。


※値上げしていました。現在、かけ400円、月見420円、天520円です。山菜520円が登場しています。そば・うどん以外のメニューで気になるのは、かき氷。下記「福福」と同じく「さくらんぼかき氷」を扱っているのですが、値段が違います。250円なので、こちらの方が50円安い設定です。張り合っているんでしょかね。食べ比べてみたいものです。「ラ・フランスかき氷」250円もあります(2016/4、確認)。

4 4 1 4 3 3 19
「福福」  実食日:2011/12

  東口階段下、右。駅と直結している「パルテ」の1階。フロア中央に厨房があって、客席が360度取り囲んでいるという、珍しい造りの店。
  この店のそばは、麺もつゆも粗削りだ。麺は太さ3mmほどある茹で麺なのだが、給食のソフト麺のような、思いっきり小麦粉の風味がする。湯通ししていないのだろうか、麺とつゆがいまいち馴染んでいない感じだ。つゆは、甘みが強く、濃いめ。注文時につゆの濃淡を聞かれるのだが、ノーマルでもこれだけ濃いのだから、「濃いめで」と注文したらどんなつゆが出てくるのだろうか。嬉しいのは、ネギをたっぷり盛りつけてくれるということと、食後に飴をくれるということか。かけ330円、山菜380円など。


※値上げしていました。現在、かけ350円、山菜450円です。そば・うどんの変わりメニューは特にありませんが、かき氷を扱っており、「さくらんぼかき氷」300円があるところに山形らしさが感じられました(2016/4、確認)。

3 4 1 3 3 2 16
★山形駅(JR奥羽本線・仙山線・左沢線、山形新幹線)
「あじさい」  実食日:2007/9

  5&6番ホーム(左沢線・仙山線)やや天童寄り(階段降りてすぐ、KIOSKの裏)。経営はNREだが、KIOSK売店と同棟になっているし、従業員も兼務していない。「昔は「TASTY KIOSK」だったのかな?」と思わせる造りだ。
  この店の麺は、袋麺。袋に柄が入っていたので、完全な市販麺と思われる。味覚的には悪くない。つゆは色も味もやや濃いめ。平均レベルにはあるのだが、山形名物の「とりそば」がメニューに入っていなかったのがちょっと残念だった。かけ260円、月見300円、天360円など。


※閉店していました。新幹線改札内に新店がオープンしています(2011/12、確認)。

3 3 3 2 3 14
「べにばな屋」  実食日:2012/12

  新幹線改札を入ってすぐ左側。改札外側にも窓口を造れそうな立地だが、改札内、それも新幹線改札内からしか利用できない。売店と一体になっている店舗で、一見するとただのミニコンビニなのだが、よく見ると「そば処」の暖簾が出ている。客席は、厨房に向いた椅子付きカウンター6席のみ。
  麺は極太の平麺。うどんほどの太さがある。食べ応えがあって、個人的にはこういう麺は好き。しかし、つゆがいけない。出汁の香りが弱く、その代わりに妙な薬品臭がする。麺の良さがまったく生きないどころか、かき消されてしまう感じがする。かけ270円、玉子350円、かき揚げ370円など。変わりメニューに、いも煮そば470円がある。一度試してみたい衝動に駆られるが、このつゆで食べるのかと思うと、ちょっと躊躇する。なお、システムは現金先払い。レジは売店のレジと共通なので、レシートが出る。


※2014/10、再食。微妙に改装していました(写真は左:旧、右:現)。看板に「べにばな屋」の表記があるので、公式HPでは「売店・山形店」ですが当サイト上では「べにばな屋」を店名と解釈します。値段が上がっています。現在、かけ290円、玉子340円、かき揚げ400円、いも煮500円です。今回は、いも煮にチャレンジしました。里芋が煮崩れせず、ホクホク食感で好印象でした。甘辛い味の染みたコンニャクがさらに美味しいです。夕方以降には売切れることが多い(訪問時も17:30で売切れ。翌朝再チャレンジで実食)ので、確実に食べるならお早目に。ベース部分も、出汁感がそれなりにあり、薬品臭も感じなかったので、「味」を+1点としました。

3 4 2 3 3 1 16
「満天の星」  実食日:2014/10

  山形駅付近には立ちそば系の未食店がたくさんあるので、まだまだ足しげく通わなければならない。この店があるのは、東口を出て左前方、第一ビルと前田ビルの間のアーケード街に入り、すぐ左側。第一ビル1階ということになるか。以前は「高橋家」という店だった。その後、「ひまわり」→「天狗そば」とコロコロ変わっている(この間に、さらに別の店になっていた時期がある可能性もあり)。過去訪問時には時間が合わず(2008/8〜2013/3にかけて4回訪問しているが、19〜24時とか、旅行者に優しくない営業時間設定で、店が変わるたびに営業時間も変わるため、なおのこと合わない)実食できなかったが、「満天の星」は昼間から営業しているので利用しやすい。間仕切りのない露出店で、基本的には立ち食いカウンター一列のみ。店頭に椅子のないテーブルが増設されているので、荷物が大きい場合にはこちらが便利。
  冷めたい肉そばや冷めたい肉中華(いずれも500円)が売りの店だが、まぁ場所がよいのでいくらでも再訪機会があるだろうということで、まずはたぬき400円を実食。麺は、生麺の茹で置きか。やや粘着質。つゆは、ひとりぶんずつ小鍋で沸かす。わりとあっさりしている。塩気・出汁感ともに控えめ。味の強いトッピングを乗せた方が合いそうな味覚だ。たぬきは天かすだが、揚げ置き時間が長いようで、サクサク感は失われている。たぬき400円(ワカメ入り)。かけ350円、かき揚げ450円。学生大盛り無料(通常100円)のサービスあり。夜は立ち飲み兼業(そばも可能)。生ビール2杯とおつまみがセットになった晩酌セット1000円などのお得な設定もある。立ちそばよりもショットバーが似合いそうなロマンスグレーのダンディ店主に合いに来るのか、夜間は飲みに来るおばちゃん客が多い印象だった。常連客が多いためか、一見の旅行者には若干入りづらい雰囲気があるが、対応には特に問題なかった。

3 3 1 1 3 2 13
「FOODS GARDEN」  実食日:2016/4

  東口を出てロータリーを渡り、目抜き通りを3分、右側。「十字屋」の少し先にある山交ビルの地下1階フードコート。山交ビルは山形交通のバスターミナルを兼ねたビルなので、「バスターミナルそば」の括りに含められるだろうか(バス乗り場と同一階にある)。フードコートは3つのブースに分かれており、バス乗り場側から丼・麺・スナックフードの順に並んでいる。従業員は兼務しており、おそらく同一経営なのだろうと思われる。有人レジで先払い→番号札で呼び出し。
  麺は、冷凍だろうか。やや扁平形をした麺で、わりと黒い色をしているのにそばの香りはあまりない。厨房内でタイマーが鳴ったから生麺かなとも思ったのだけれど、食感・風味的に違うと思う。つゆは、わりと薄めの色。カツオはあまり香らず、小魚系の出汁を思わせるまろやかな味。まぁ、悪くない。かけ360円、わかめ410円、天470円。温そばの既製メニューは以上。肉うどん550円も、頼めばそばで対応してくれるだろうか。あとは、ざる400円と単品玉子50円。ラーメンの方がバリエーション豊富で、みそバターコーンラーメン550円あたりはちょっと惹かれるものがある。実食は、天(ナルト入り)。天は冷凍ものと思われるかき揚げ。店揚げだと思うが、たぶん揚げ置きのレンチン(タイマー音は天のレンチンだったと推察)。ややオーバー気味の揚げ方でわりとサクサク感(より正確に表現すると「ザクザク感」)があるのだけれど、つゆに浸かるとすぐにグズグズになる。油が少し強めで、終盤に飽きが来た。毎週月・木曜には、次回有効の50円引き券配布のサービスあり(麺・丼ものの食事時に限る)。箸はエコ箸。


3 4 1 4 4 2 18
★赤湯駅(JR奥羽本線、山形鉄道)
「うきたむ売店」  実食日:2011/12

  改札外、待合室内。以前(新幹線乗り入れ前)に訪れた時にこの場所に店はなかったように記憶しているので、新幹線乗り入れと前後してオープンしたものと思われる。土産物を扱う売店の一番奥にレジ・厨房・客席がある。システムは、有人レジで先払い→配膳。客席は売店内に露出しているが、さほど人目は気にならなかった。ちょっと変わった店名だが、これは山形県南部の地方名「置賜」を転訛させたもの。やや沖縄っぽい読み方だと思うのは私だけだろうか。
  麺は、色の黒い茹で麺。少々ボソボソした食感だが、味は悪くない。つゆは、少々酸味が利いているタイプ。天はインスタントだが、大葉が一枚丸ごと入っているのが珍しい。かけ350円、天400円など。タクアンの小鉢がつく。丼はスチロール製で、使い捨て。嬉しいのは、配膳時と返却時に「おしょうしな(「ありがとう」の意味)」と声がかかるということ。不意に耳にする方言は、旅情を著しく高めてくれる。いい演出だと思う。 変わりメニューに、スタミナラー油きのこそば400円。


※2016/4、再食。値段等、変わっていません。今回も、天ぷらそば400円をいただきました。内容も、変わっていません。天ぷらには、やっぱり大葉が1枚乗っていました。店主によると、季節によって天ぷらに乗せるものが変わるとのこと。米沢特産の「ウコギ」を乗せることもあるそうです。ほぅ、ドンベ風の天ぷらですが、自家製でしたか。今回も、帰り際には「おしょうしな」と声がかかりました。これを聞くだけのために、訪れる価値がありますね。「ホッ」とする店です。末永く続いてほしいです。

3 3 2 3 4 5 20
★米沢駅(JR奥羽本線・米坂線、山形新幹線)
「鷹」  実食日:2009/5

  改札を出て左、待合室内(奥)。立ち食いの一列カウンターだけの店だが、構えはわりと新しい。「天地人」効果があったのか、市街地には観光客が溢れていて、この店も結構賑わっていた。6〜7人ほど並べそうなカウンターに、入れ替わり立ち替わりで常に3〜4人いる、といった状態だった。
  この店のそばは、「うどん」と言っても差し支えないくらいに、太い。直径5ミリ近くある角麺。つゆはやや辛いが、悪くはない。全体的に、洗練された都会的センスは感じられないが、そのぶん「田舎そば」という形容がピッタリ当てはまるような、郷愁溢れる一杯に仕上がっている。ご飯ものには牛丼があるのだが、1000円というこの手の店にしては法外な金額に設定されている。これは、米沢牛使用だろうか? 試してみたいが1000円は出せないという人でも、ミニ牛丼450円ならば手が届くか。かけ290円、天370円、きのこ450円など。

※2010/1、再食。変わりメニューの「牛肉そば」を試しました。非常に値が張ります(660円)ですが、山形県内産の牛肉を使用しているのだそうです。なお、麺は相変わらず極太でしたが、細麺を選択することもできます(同額。付+1点)。

※2014/10、再食。値段が上がっています。現在、かけ300円、天380円、きのこ460円、牛肉680円、牛丼1030円、ミニ牛丼460円です。山形のだし440円が登場していました。山形のだしは、以前から蕎麦との相性がよいと思っていた食材なので、「やっと出会えた」という思いが強いです。もちろん、試しました。デフォルトは冷やしメニュー(頼めば温そばでも作ってくれる。90円で単品追加も可能)になります。ぶっかけそばに山形のだしを乗せ、刻み海苔をまぶし、ワサビを添えます。あっさりヘルシー系ですが、期待どおりに美味いです。山形のだしは、「三和漬物」のものを使用。これは、私が東京で普段から食べているのと同じメーカー。別メーカーのものを食べてみたいという思いもありましたが、「三和」が王道なんでしょうかね(付+1点)。

4 3 2 3 3 6 21
★酒田駅(JR羽越本線)

「生そばうどん」  実食日:2001/9

  まるで工事現場の飯場のような建物の1階部分が駅そば。駅を出て、左手、交番の奥にある。酒田は駅前にあまり飲食店がないので、この店は割とよく目立つ。店内は広く、4人がけのテーブル席が5〜6個並んでいる。もちろん、カウンターでの立ち食いもOK。味は、つゆがかなり塩辛いが、基本的に悪くはない。値段も、天350円は納得できるし、天そのものも、まとも。面白いポイントとしては、酒田駅周辺には高校などが多いのだろうか、学割制度がある。学生証を提示すると、一律30円キャッシュバックされるのだそうだ。

※改装したわけではないかもしれませんが、入口上部の看板が撤去されて、スッキリした外観になっています(写真は左:旧、右:現)。学割(中・高生)も継続しています(2009/12、確認)。

※2010/12、再食。値上げ(天350→400円。値−1点)していました。再食メニューは肉そば(380円)でしたが、肉が厚切りで食べ応えがあり、なかなかお得感があります。学割も健在でした。

※閉店していました。現在はサラ地です(2012/3、確認)。

3 3 2 3 4 3 18
★寒河江駅(JR左沢線)
「どん・どん」  実食日:2011/12

  駅正面口を出て市役所方面へ徒歩4分、大型商業施設「フローラSAGAE」の1階。一見するとフードコートのように思えるのだが、店がこの1軒しかないのでフードコートとは呼べない。というか、施設規模が大きいわりに客数があまり多くなく、ちょっと寂しい施設&店だ。この先、大丈夫だろうか。軽食類全般を扱う店でそばはきつねと肉の2種類しかないのだが、味覚的に◎だったので、敢えて駅そば認定することにする。
  麺は生と思われ、適度な歯ごたえというか弾力がある。つゆはたいへん薄味なのだが、鶏出汁がよく利いていてすこぶる美味。さすがはとりそばのメッカ・山形だ。肉そばの肉は鶏肉で、肉質がよく締まっている。ブロイラーではなく、地鶏なのだろう。それでいてパサついているわけでもなく、脂のコクも◎。軟骨入りなので、歯が弱い人には厳しいかもしれないが。きつね、肉、ともに500円。小鉢とお茶が添えられるのも嬉しい。このような軽便な店でこれだけ美味しいとりそばが食べられるのだから、やっぱり山形はそば王国だ。アッパレの一杯だった。


※そばメニューが、肉そば500円のみになっていました(きつね消滅)。値段は変わっていません。そば・うどんのほかには、ラーメン、焼きそば、スパゲティ、粉ものなど、いろいろ扱っています。面白そうなのは、「山形B級グルメ」と称しているどんどん焼き200円。写真では、お好み焼き串のように見えます。安いので、次回訪問時にでも試してみたいと思います。横手焼きそば600円や、きのこ丼600円あたりも気になります。あと、アイスコーヒー400円を「愛す珈琲」と表記しているのが印象的でした。なお、店名の現地表示には、「どん・どん」と「どんどん」が入り乱れています。ひとまず、現状維持とします(2016/4、確認)。

5 3 1 4 4 4 21
★長井駅(山形鉄道)
「長井駅ふるさと売店」  実食日:2016/4

  改札外、待合室内。地域の住民団体「ど田舎停車場の会」が運営する店。「町おこし系駅そば」の括りに入るだろうか。売店と一体化された店舗で、店員さんは兼務している。といっても、店員さんはよちよち歩きのお婆ちゃん。動きが俊敏ではないので、そばコーナーと売店に同時に客が来ると、ちょっと時間がかかる。まぁ、その辺は温かい目で。そばコーナーは待合室に露出した造りで、立ち食いカウンター3人分くらいのみ。ただ、待合室内のベンチで座って食べることもできるので、特に不便さは感じない。ちなみに、売店で扱っているのは、けん玉とか、ネクタイとか、ホウキとか。こんなもの、わざわざ駅で買う人がいるのだろうか? 普通にお菓子とかドリンクなんかを売った方がいいのでは? と突っ込みたくなった。売り物の不思議さという点では、備後矢野駅「矢野駅売店」に通じるものがある。
  麺は、冷凍。厨房の外にある冷凍庫から取り出して、湯の中へ。ただでさえ動きが遅いお婆ちゃんなのだから、厨房内に冷凍庫を置いた方がいいのではないかと思いたくなるのだが、狭くて置けないのだろう。冷凍麺なので、そばの香りはあまりない。断面が長方形で、食感はまずまずよい。つゆは、昆布出汁が前面に出ている。色はやや薄く、透明度が高い。関西風というほどではないのだけれど、東北地方でこの薄さは珍しいと思う。メニューは、かけ320円、月見370円、天420円、ざる370円の4種類のみ。他にラーメンやご飯ものがあるわけでもなく、そば・うどん4種類がこの店で扱うメニューのすべて。まぁ、この狭さだし、さほど客数があるとも思えない駅なので、致し方ないところか。店があるだけでもありがたいというものだ。実食は、天。天はドンベ。小エビ風味のあるもので、スーパーなどで売られているマルちゃんの「えび天ぷら」に酷似している(まさにこれではないかと推察)。ジャンキーだけど、食べ慣れたものだし、嫌いではない。そしてその上に、なぜか揚げ玉を追加トッピングする。ドンベ天の時点でほぼたぬきなのだから、そこに揚げ玉を追加する必要はなさそうに思うのだが。要するに、揚げ玉は全メニューに乗せるサービストッピングなのだろう。
  面白いというかいたたまれなかったのが、お婆ちゃんんのオペレーションだ。代金を先払いして、カウンター前で立って待っていたら「座って待っていてください」と言われたので従った。するとお婆ちゃん、麺を湯通し(解凍)して丼に入れ、天とネギを乗せて、つゆを注ぐ。カウンター上に盆を置き、その上に水の入ったコップと一味を振り出し容器ごと乗せる。出来上がった天そばを一度カウンター上に置き、よちよちと厨房から出てきて、盆に乗せる。そして、よちよちと配膳。至れり尽くせりなんだけど、とにかく時間がかかるし、なんだか親不孝をしているような気分になってしまうので、セルフサービスにした方がいいのではないかと思う。この店では、駅そばはファストフードではなくスローフードだね。フラワー長井線のローカルムードには、よく合っている店だと思う。だけど、次回行ったときには、たとえ「座って待て」と言われても、頑なにカウンター前で待とうと思う。


4 3 1 3 4 3 18
★福島駅(JR東北本線・奥羽本線、阿武隈急行、東北・山形新幹線)

「立ち喰いそば」  実食日:2000/7

  東口改札を出て左手、ショッピングモールへと続く通路にある。比較的広い店で、厨房を囲むカウンターは15人くらい収容できそうだ。椅子席はない。ここの特徴は、麺が固いということ。あまり褒められたものではないね。つゆ馴染みが悪く、のどごしも悪い。たぶん、麺を湯通ししてないんじゃないかな。都内では、多すぎる客をさばくために、あらかじめ丼に麺を盛っておいて、湯通しせずに出すところもあるが、そんなに混んでるわけじゃないんだから……。


※閉店しています(2009/4、リニューアル時確認)。

1 3 3 3 1 11
「ふくふく屋」  実食日:2010/12

  阿武隈急行・福島交通の共通改札を出て左、イーストビルの1階。ビル内の通路に半露出した店舗。椅子付きカウンターと立ち食い席があるが、椅子席が全部埋まると立ち食いはほとんど不可能。そのくらいに、スペースが狭い。
  麺は、冷凍だろうか。やや太めの角麺で、舌触りはツルツル、歯ごたえはモッチリ。香りはあまりない。つゆは美味い部類ではあると思うが、個人的にはもう少し塩気がほしい。ごはんものやスナック類もある。カマボコ入りのたぬき370円。高校生に限り、食事をするとミニソフトクリーム無料というサービスがある。


※閉店していました(2011/12、確認)。

3 3 1 3 3 2 15
「松月庵」  実食日:2011/12

  JR西口改札外、駅舎1階。基本的には値段の高いそば店なのだが、その脇にこぢんまりと立ち食いコーナーが併設されており、こちらは駅そば認定できる店になっている。立ち食いカウンターのみで、キャパはせいぜい4〜5人程度。
  この店のそばは、特級品だった。おそらく立ち食いコーナーと座席コーナーで同じ麺・つゆを使っていると思われる。麺はもちろん生麺で、注文後に茹でる太平麺。ザラザラした舌触り、硬質のコシ、そしてそば本来の風味。どれをとっても文句なし。つゆは比較的淡く、脇役に徹している印象。これほどの出来栄えにして、かけ260円、天320円(カマボコ入り)は立派だ。おまけに、駅そばでは珍しいホットコーヒーの無料サービス(セルフ方式)がある。割り箸は個包装。


※2013/1、再食。味覚・値段等に大きな変化はありませんが、ホットコーヒーのサービスに「ひとり1杯」との注意書きが出ていました。非常識な人が多かったのでしょうか。

※2014/9、再食。値段据え置きです。頑張りますねぇ。割箸が個包装ではなく、箸立てにたくさん立てられているタイプに変わっていました。こういうところで経費を節減して、値上げせずに済んだのでしょうか。これも立派な企業努力だと思います。

※値上げしていました。現在、かけ300円・たぬき340円です。かき揚げ360円のほかに、ジャンボかき揚げ450円が登場していました。一度試してみたいですが、胸が焼けてせっかくの美味しいそばが台無しになりそうな怖さもあります(値−1点。2015/9、確認)。

※2016/4、たぬきそば340円を再食。麺が少し細く薄くなったでしょうか。気のせいかもしれませんが、食感が少し軽くなったように感じました。太さ4ミリほどの麺の中に、2本だけ1センチ近くある麺が混入していました。自家製麺の証、でしょう。たぬきはゾル化する天かすで、エビ(大エビ)の甘みが感じられました。たいへん残念なことに、ホットコーヒーのサービスは廃止されています。値上げせずに存続するためには、やむを得なかったのでしょうか。他ではほとんど見たことがない個性的なサービスだったので、個人的には少し値上げをしてでも存続させてほしかったです。あるいは、有料化してでもホットコーヒーを置いてほしかったです。ジャンボかき揚げは、既製メニューとしては消滅しています。ただし、単品トッピングとしては存続しています(150円。普通のかき揚げは60円)。券売機のボタンが空いている状態なので、なぜ既製メニューを廃したのか、いろいろ想像したくなります。普通のかき揚げを食べようとして、間違って買ってしまう人が多かったのでしょうか(味−1点、サ−1点、付−1点)。

5 3 2 3 3 5 21
「そば処」  実食日:2013/12

  新幹線改札内コンコース。間仕切りがなく、ほぼコンコースに露出した造りの店で、立ち食いカウンターが店内外の境界のようになっている。一応、椅子も5つ用意されている。
  この店の名物は、ラジウムそば(320円)。名称から、おおいに期待して注文する人が多いのだが、トッピング内容は温泉玉子。特に変わったものが乗るわけではない。「温泉→ラジウム」という連想からのネーミングだろう。麺は、質感があり、やや粘着するタイプの茹で麺。つゆはやや濃いめだが、特記するほどのレベルではない。その他のメニューは、かけ260円、天320円など。天ぷらの種類がわりと多く(店揚げではない)、きす天(420円)のほかに魚天(410円)もある。「魚天=きす天」のイメージが強いのだが、ここの魚天は他の魚なのだろう。次回訪問時にでも試してみたい。


※閉店(「そば処ふくしま」化)していました。改装&店名変更とも受け取れる変化ですが、カフェスタンドが併設されるなど業態も少々変わっているので、別店として扱います(2015/9、確認)。

3 3 3 3 3 1 16
「そば処ふくしま」  実食日:2015/9

  新幹線改札内コンコース、上記「そば処」の跡地。改装&店名変更とも受け取れる変化だが、カフェスタンドが併設されるなど業態も少々変わっているので、別店として扱うことにする。そば・うどんだけでは経営が成り立たなくなったということなのか、それとも駅そばとは別に存在していたカフェスタンドが統合されたということなのか。ショッキングピンクの外観が、やや痛々しい。「そば処」時代には立ち食い専門だったが、カフェスタンド側にテーブル席が設置され、ここに座ってそばを食べることもできるようになった。
  味覚的には、「そば処」時代と大きくは変わっていない。麺は、質感があってやや粘着するタイプの茹で麺。つゆは平均的なバランス派。特別美味いというわけではないけれど、駅そばとしてはまぁまぁ水準的なところか。値段は「そば処」時代よりも少々上がっていて、かけ290円、天370円、ラジュウム370円、魚天470円など。ラジュウムは温泉玉子のトッピングで、「そば処」時代から名物だったもの。ただし、メニュー名は「ラジウム」から微妙に変わっている。実食は、魚天。この表記を用いる店はこれまでに数軒見てきたが、その多くがキス天を使っていた。しかし、この店では魚天とは別にキス天がある(470円)。どんな魚を使うのだろうかと楽しみにしていたら、サンマ天だった。穴子天のように長いままの状態でトッピングする。味覚的には、サンマ特有の臭みが少々目立ち、そばとの相性はそれほど良くなかった。臭みの少ないキス天の方が合うと思う。未確認だが、魚天に使う魚は季節によって変わるのかもしれない。箸はエコ箸。


※2016/4、再食。メニュー名が微妙に変わって気になっていたラジュウム370円を実食。内容は、特に変わっていません。温泉玉子をひとつ、ポンと乗せただけのそばです。「松月庵」と連食したこともあるのでしょうか、つゆがやや淡く、味気なさを感じる一杯でした。11:30頃の訪問で、先・後客合わせて10人くらいいましたが、全員そば・うどん客。喫茶コーナーはひとりも利用していませんでした。がら空きの椅子席が、ちょっと寂しげです。

3 3 2 3 3 2 16
★郡山駅(JR東北本線・磐越東線・磐越西線・水郡線、東北新幹線)
「福豆屋」  実食日:2006/9

  在来線5・6番ホーム(東北本線上り・磐越東線)須賀川寄り。南側の地下通路の真上くらいの位置。地方に根強く残っている立食いカウンターのみの露出店。
  この店は、麺・つゆとももう少し頑張ってほしい印象だった。茹で麺なのはいいとして、湯通しが不足しているのか、ゴワゴワと固い印象。そしてつゆは味が薄い。その代わり、ホームの店にしてはボリューム感がある。細かい点では、ネギを輪切りではなくみじん切りにしているのが特徴だろうか。たぬきなし、かけ260円、月見・きつね300円、天・わかめ320円、天玉360円。


※かわいらしい感じに改装していました(写真は、左:旧、右:現。2007/9確認)。

※メニューによって、若干値上げしています。かけ・月見等は据え置き、きつねは300→320円、天は320→350円となっています(2010/1、確認)。


※閉店していました。建物も撤去済みです。これで、郡山駅在来線ホームから駅そばが完全消滅となりました。残念です(2010/8、確認)。

2 4 3 2 3 14
「こけし亭」  実食日:2006/9

  在来線5・6番ホーム中程。上記「福豆屋」から30mほどしか離れていないところにある。この駅の在来線は3本5線ものホームがあるのに、改札内の2軒の駅そばは同じホームの、それも接近した場所に店を構えている。いったい何を考えているのやら。
  この店では、袋入りの茹で麺を客の前でビリッと開ける。私などはこういうシーンを見ると興醒めしてしまうのだが、意外にも味覚的には「福豆屋」よりもいい印象だった。ちょっとざらつく感じのする細麺で、茹で麺にしてはそば本来の食感をうまく再現できている。つゆはやや辛めに感じたが、実食が夕刻(18時頃)だったので、たまたま煮詰まっていただけかもしれない。たぬき320円、かけ260円、いか天380円、山菜なめこ420円。


※閉店していました。すでに撤去されています。「読本」に載せた店だったのに……(2007/9確認)。

3 3 3 3 3 15
「そば処 あさか」  実食日:2010/8

  在来線のメイン改札(エスパル口ではない方)を出て左、キヨスクの隣。駅弁売店と一体になった店舗。フロア面積はそれほど広くないが、テーブル席と椅子付きカウンター、合わせて15人くらいは収容できるだろうか。
  NRE経営の駅そば店で、味覚的には首都圏のNRE店舗と大差ない印象だった。ツルツル系の茹で麺に、味が薄く余韻がないつゆ。首都圏から結構離れている立地だけにちょっと意外だったのだが、それ以上に「残念」な思いが強いか。たぬき350円。名物として売り出しているのはちくわ天そば(400円)で、丼からはみ出すサイズのちくわ天が2本乗る。そのほか「あさかそば」という名のメニューがある(450円)が、トッピング内容はきつね+たぬき+わかめで、特殊なものが乗るわけではない。また、季節によっては限定メニューなども売り出しているようだ。


※値上げしていました。現在、たぬき360円です。ちくわ天は420円に、あさかは470円にそれぞれ上がっています。新メニューに、きのこ三昧490円が登場していました。写真を見た限りでは山ナメコ・ヒラタケ・舞茸などがこんもりとトッピングされていますが、果たして写真と同じくらいのボリューム感で出てくるかどうか……。過度な期待はせずに、一度試してみたいです(値−1点。2016/4、確認)。

2 3 1 3 3 1 13
「郡山幹線そば処」  実食日:2012/12

  新幹線改札内コンコース。改札外側にも窓口があるので、在来線のみのユーザーでも利用可能。もっとも、改札外側窓口はちょっと人通りが少ない場所にあるので、在来線ユーザーの多くは上記「そば処 あさか」に流れると思うが。改札内外両側とも間仕切りのない露出店舗で、立ち食いカウンターのみ。
  麺は、硬質で歯切れのよい茹で麺。つゆは甘めで、出汁感はあまり強くないタイプ。どちらも悪くはないのだが、麺とつゆがあまり合っていないというか、馴染んでいないような印象を受ける。調理シーンを見た限りでは、湯通しの作業に手抜かりはなさそうだが。ネギをたっぷり入れてくれるのが嬉しい(店員によるかもしれないが)。たぬき340円。これといった変わりメニューはないが、麺大盛りが60円増しというのが良心的。丼は、東北らしい赤い漆器風のもの。なお、店名は食券に印字されていた文字列を採用。看板には「そば処」としか書かれていない。


※値上げしていました。現在、たぬき360円です。麺大盛りも70円に上がっています(値−1点。2016/4、確認)。

2 3 1 2 3 1 12
「そばの神田」  実食日:2014/9

  西口(タクシープール口)を出て、ロータリーを左へ回り、ヨドバシカメラの角で道路を渡る。左斜め前の路地(カレーキングの脇)に入って1分、左側。郡山駅付近としては、比較的静かなエリア(夕方以降に賑やかになりそうなエリア)にある。仙台に同名のミニチェーンがあるが、その姉妹店だという。が、味は別物のようだ。基本的には厨房を囲む立ち食いカウンターのみだが、奥の方の壁際に椅子付きカウンターが5席増設されている。
  麺は、調理シーンを見なかったが、調理時間が短く、茹で麺と思われる。重量感があり、なかなか美味しい。つゆは、少々酸味を感じるが、違和感というほどではなく、可も不可もない感じ。天は、仙台の各店では自家製を出していたが、こちらでは既製品を仕入れている様子。具材はニンジンと春菊が少々入っているだけで、基本的には巨大たぬき。すぐにつゆに溶けてグズグズになる。具一品系は390円均一。この設定だと、カレーそば390円にお得感がある。サービスとしては、10%割引の回数券の扱いがある。たびたび足を運ぶのであれば、利用価値が高いだろう。


4 4 1 3 3 2 17
★新白河駅(JR東北本線、東北新幹線)
「喜多」  実食日:2004/9

  新幹線改札を出て左。在来線ホームからだとちょっと遠いが、正面口に出ようとすれば嫌でも目に入る位置にある。隣の土産物店と棟続きになった建物。
  この店は、基本的には一列カウンターだけなのだが、右奥の方に1つだけ4人掛けテーブルがある。でも、この席、なんだか「仲間外れにされている」ような気分になりそう。隔離されている感じがする。
  味の方は、乱切りタイプの麺に特徴がある。たぶん茹で麺だと思う(あるいは冷凍麺?)が、生麺に近いコシがあり、美味。ただ、つゆがちょっとあっさりしすぎているか。地方にしては値段も安い(たぬき290円)。個性を出しつつも、よくまとまっている方だと思う。


※閉店(「そば処新白河」化)していました(2009/5、確認)。

4 4 4 3 3 2 20
「そば処新白河」  実食日:2009/5

  新幹線改札を出て左前(上記「喜多」の跡地)。土産物店の軒先陳列棚にちょっと隠れるような立地だが、高いところにある看板は見えるし、改札を出るとすぐに鰹出汁のいい匂いが鼻を突くので、認知は容易いだろう。内装は「喜多」時代とほとんど変わっておらず、立ち食いカウンターがメインで、奥にテーブル席が少々ある。
  麺は、冷凍の乱切り。つゆも含め、「喜多」時代と大差ないようである。使用食材は変わらず、運営業者が変わっただけかもしれない(「東北総合サービス梶vが経営)。レンゲ付きで、箸はエコ箸。変わりメニューに、「天地人そば」がある(500円)。食べていないので味覚についてはコメントできないが、トッピングは「かき揚げ・鶏肉・絹さや・ワカメ・玉子・人参」である(貼り紙が出ている)。豪華というか、ゴチャゴチャというか。どの辺りが「天地人」なのか、いまいちピンとこない。ブームが去ったら消える運命の臨時メニューなのだろうか。通常メニューは、たぬき290円、かけ240円、なめこ340円など。


※店名が微妙に変わり、業者が変わり、立地も微妙に変わり、外観も大きく変わったため、閉店(別店)扱いとします(2014/10、確認)。

4 3 4 3 3 3 20
「麺処 新白河」  実食日:2014/10

  新幹線改札を出て左前方、上記「そば処新白河」のほぼ跡地だが、微妙に位置が違う。駅そばと売店との位置関係が逆になっているのだ。間仕切りのない半露出店で、椅子付きカウンター10席のみ。
  麺は、平打ちの冷凍。乱切りではないので、「そば処新白河」時代とは違う麺ということになる。風味はあまりないがモチモチ感のある歯ごたえが心地よい。つゆはバランス派で、ひとつの方向に偏らず、美味しい。合わせ出汁なのか、まろやかな深みがあって私好み。たぬきは、既製品の揚げ玉。たぬき360円。かけ310円、なめこ430円など、「そば処新白河」時代と比べると全体的にだいぶ上がっている。そば・うどんの変わりメニューは特にないが、白河ラーメン600円がある。酒類も扱っており、モロキュー260円やおつまみセット410円など、ちょい飲みに便利な肴も用意している。


※2015/7、再食。2品連食しました。冷たぬき470円には、既製品ではない天かすが乗りました。変わったのかも。ちょっと値段が高いですが、たぬきのほかに味付きの刻み揚げも乗り、なかなか豪華です。歯ごたえの強い冷凍麺なので、冷やしメニューだと涼感が強調されて気持ちいいです。もう一品は、白河ラーメン600円。たまり醤油のコクが利いたラーメンで、こちらもまずまずの好印象。具材は、チャーシュー2枚・絹さや・メンマ・焼き海苔・ナルト。駅ラーメンにしてはそこそこ高い設定ですが、相応の味ではあると思います。その他、値段やメニューに変化はありません。外観としては、暖簾が造花に変わっていました(写真は左:旧、右:現)。

4 4 1 3 3 3 18
★原ノ町駅(JR常磐線)
「丸屋」  実食日:2006/10

  1番ホーム(上り)&改札外左待合室内。今では珍しくなった弁当のホーム立ち売りを行っている老舗駅弁店が営む駅そば。列車到着時以外はあまり人影がない駅なのだが、近所から車で食べに来る人が多く、客足はなかなか絶えない店である。露出店であるが、待合室にはベンチがあるので、座って食べることはできる(テーブルはないので、手持ち食いになる)。ホーム側には、ベンチはなかったかもしれない。
  ここのそばは、ちゃんとそばの味がしていて風味はよいのだが、食感がちょっといまいち。ボソボソしていて粉っぽい感じだ。つゆはノーマル。かけ270円で、トッピングは玉子(50円)と天(110円)とコロッケ(60円)のみ。コロッケはカレーコロッケだった。なお、駅を出て正面にも「丸屋」が営むそば屋があるが、こちらは高い本格店である。


※2010/1、再食。特段の変化はないようですが、テイクアウト用の「そば弁当」があることを確認しました(440円。付+1点)。通常メニューの車内持ち込みはできないようです。

※2013/1、再食。東日本大震災および原発事故の影響で、駅舎内の店舗は休業中です。現在は、駅前の「ロイヤルホテル丸屋」内での仮営業となっています(写真は左:旧、右:現)。かつて喫茶店として営業していたスペースを利用しているので、店内は広々で、立ち食いカウンターのほかにテーブル席もあります。トッピングのコロッケは、やはりカレーコロッケでした。値段は、駅構内で営業していた時と同じです。「そば弁当」は、扱っていませんでした。駅弁も、全面的に休止状態が続いています。

3 3 3 2 3 1 15
★いわき駅(JR常磐線・磐越東線)
「TASTY KIOSK」  実食日:2006/9

  1・2番ホーム(常磐線上り)四ツ倉寄り。立食いカウンターのみの露出店。3・4ホーム(常磐線下り)にも同名店があるが、営業時間が異なるようで、08:30の時点では1・2ホームの店舗しか開いていなかった。
  ここのそばは、若干歯にくっつくような食感の茹で麺が特徴か。それから、ネギだが、見た感じでは青ネギである。ただ、これはたまたま根深ネギの葉の部分が多く入っただけかもしれない。細かい点で面白かったのは、トッピングにたぬき(50円。既製メニューとしてのたぬきはない)があるのだが、括弧書きで「天玉」と書かれていること。通常、駅そばでは「天玉」とは「天ぷら+卵」を指す。これは「揚げ玉」あるいは「天かす」の間違いではないかと思う。かけ250円、天350円、きつね370円。天よりもきつねの方が高いという値段設定も珍しいか。
  なお、現在いわき駅では駅舎の橋上化工事が行われているが、これによって駅そばの存続が危うくなるようなことはなさそう。


※閉店していました。跡地は、ガラス張りの待合室です(2008/12、確認)。

3 3 3 3 3 1 16
「そばうどん」  実食日:2008/12

  南口を出て左方向(平南ホテル方面)へ30秒、右側。綿引印舗(印章店)と同棟というか、片隅に居候しているような立地。綿引印舗がサイドビジネスとして直営しているのか、テナントなのか、判然としない。印象としては、前者。なぜなら、あまりよくない立地(駅を出た時点で見えないし、通行人も少ない)で客数も多くなさそうなのに、やたら安い設定になっているから。テナント料を払っていては到底続かなさそうな雰囲気である。立食カウンターと2人掛けテーブル席がある。
  すでに書いたが、この店最大のポイントは、値段である。地方としては異例と言っていい安さで、かけは200円。たぬき230円、山菜250円など、全メニューが安い設定になっている。しかも、ワカメ入り。ご飯ものも、おにぎり・いなり程度は扱っている。面白いところでは、めんつゆの1リットル販売(865円)がある。味覚面では、角がとれた太麺に特徴を感じた。とりわけ美味いというわけではないが、この値段なら充分リピートする価値がある。ホームの店が閉店してしまっただけに、この店には今後も頑張ってほしいものである。ただ、駅前整備工事の波がすぐ近くまで及んでいるのが気になる。次回いわきを訪れるときまでこの店が存続してくれるかどうか、想像するのも怖い。


※値段が上がっています。現在、かけ230円、天320円です。消費増税に伴う値上げと思われますが、まだまだだいぶ安い部類です(値−2点。2014/9、確認)。

3 3 5 3 3 3 20
「半田屋」  実食日:2012/1

  改札外、駅ビルの4階。改札階が3階だし、駅ビルといっても規模が小さいので、さほど行きにくい感じはない。「半田屋」は東北在住の方にはおなじみの定食屋で、そば・うどんのほかにも雑多なメニューを扱っている。「駅そば」のカテゴリに入れていいかどうか微妙なところだが、個人的に好きなチェーンなのでエキナカおよびエキチカにある店舗は含めることにする。
  最大の魅力は、何と言っても値段だ。かけそばは190円、天かすはフリーだ。そのほかのご飯ものや一品料理も恐ろしく安い。味覚的にはどうということもないのだが、ワンコインでかなり豪華な食事を楽しめるし、選択肢の広さも嬉しい。そばの麺は普通に茹で麺で、つゆはちょっと関西を意識しているのかなという味覚。ただし、完全な再現には至っておらず、ちょっと酸味が強く出ている。だが繰り返すが、とにかく値段の破壊力はすさまじい。この日食べたのはかけそば+いんげん天+揚げ出し豆腐だが、合計350円だった。コストパフォーマンスでこの右に出る店は、なかなか見つからないだろう。


2 3 7 5 4 3 24
「つぼみ」  実食日:2014/9

  改札外、駅ビルの3階一番奥。3階と言われると足が重くなるかもしれないが、実は改札階が3階なので、とても行きやすい。テーブル席と立ち食いがあり、キャパは20くらい。
  この店は、駅そばでは成功例が極めて少ない「十割そば」にチャレンジしている。その麺は、乱切りの押出麺で、食感が楽しかった。香りをそれほど感じなかったのは、そういうそばなのか、それともつゆの強い甘みでかき消されてしまったのか。一度冷たいそばで食べてみたいと感じる内容だった。かけ380円、もり480円。トッピングはすべて単品の扱いで、かき揚げ70円、キス(天)150円、エビ(天)200円など。実食はキス。自家製と思われるが、揚げ置きなのでサクサク感はなかった。麺が中心の店だと思うが、実は一番印象に残ったのはサービストッピングされるワカメ。色鮮やかで、肉厚新鮮でとても美味しかった。


4 3 1 4 3 2 17
★三春駅(JR磐越東線)
「ばんとうプラザ」  実食日:2007/9

  改札を出て左の物産館内。露出店だが、店先にテーブルがたくさん出されているので、落ち着いて食べることができる。結構客も入っているので、「人目に触れて恥ずかしい」という感じではない。高校生などもよく利用しているのだが、不思議と「賑わう」という感じではなく、皆黙々と食べていたのが印象的だった。列車に乗っていても思ったことだが、この近辺の高校生は行儀が良い。
  この店の特徴は、つゆ。甘みが強めに効いていて、美味しい。麺は袋麺でどうということもないが、つゆだけのために寄る価値はある。かけ270円に対して天・山菜が320円ということで、全体的に種物にお得感がある。そばではないが、変わりメニューに、三春名物の「三春そうめん」がある。多少、値が張る(600円)が。

※2010/1、再食。値上げ(かけ270→280円、天・山菜320→350円)していました。三春そうめんは、夏季のみの扱いです。新メニューに、三春三角揚げそば(450円)が登場していました。厚さ4cmほどある巨大油揚げがトッピングされます(付+1点)。

※2011/6、再食。値段等に変化ありませんが、三春そうめんセット(三春そうめん+三春三角揚げで670円)が登場していました。

※2014/9、再食。消費増税による値上げはありません。三春三角揚げの単品料理が登場していました。三角揚げ煮付けは170円、三角揚げ焼きは200円です。焼きの方を試しましたが、切れ目を入れて中にキャベツの千切りを入れ、表面に甘辛味噌を塗って焼きます。ビールによく合いそうな一品でした(付+1点)。

4 4 3 4 3 4 22
★会津若松駅(JR磐越西線・只見線)
「立ちあおい」  実食日:2007/9

  この駅はちょっと変わった造りになっていて、改札を出て右へ行くとガラス戸があり、それを抜けると待合室兼ショッピングモールになっている。言ってみれば、ショッピングモールの中に列車待合所があるという感じ。敦賀駅も似たような造りだったが、こちらの方が店舗数が多いだけに異様に思える。店は、待合所の脇にある。
  この店のそばは、ゴムのような弾力がある冷凍麺に、薄味のつゆ。味覚そのものは、私の好みからちょっと外れている感じ。しかし、地域性は十分。東北らしい漆器風の赤い丼(もちろん本物の漆器ではない)で出るし、メニューも凝っている。一番「らしい」のは、会津ニシン天そば(490円)。にしんそばは会津名物だが、それをさらにひとひねりしてある一品。天ぷらにすることでにしん特有の生臭さが消え、食べやすい。他にも、会津山菜(470円)、会津イカ天(490円)など、「会津」と冠されているメニューがある。「いか天」はどう考えても会津名物だとは思えないが、誘惑に駆られることは確か。ノーマルなメニューもあり、かけ260円、天360円など。ノーマルメニューに比べてご当地メニューが高価になるのは、致し方ないところか。

※2009/5、再食。麺が太くなったような気もしますが、気のせい(もともと太かった)かも。ミニカレー150円は、そば・うどんのお供に便利です。

※2013/7、再食。価格等、変更ありません。新メニュー「親子そば」が登場していました(450円)。新鳥栖の同メニューとはトッピングが異なり、唐揚げ+茹で卵という内容です。

※値上げしていました。現在、かけ300円、天400円、会津にしん天510円、会津イカ天510円です。親子そばは終了してしまったようです。サイドメニューに、豚めし260円がありました。そばとのセットに好適です(値−1点。2014/9、確認)。

2 2 2 3 3 2 14
★会津高原尾瀬口駅(会津鉄道・野岩鉄道)
「恋路茶屋」  実食日:2013/7

  駅舎本屋と屋根つき通路でつながっている「憩の家」内にある簡易食堂。厳密には駅舎ではないのだが、列車の待合所があるなど駅舎に準ずる機能を有している施設。土産物店もあって結構賑わっているのだが、駐車場が狭くて満車率が高いのが改善希望点。「恋路茶屋」はセルフサービス形式の食堂で、麺類のほかに丼ものや酒類、一品料理も扱う。厨房内の一角にあるレジで先払いするシステムなのだが、お品書きは各席にある。もしかしたら、着席すれば注文をとりに来てくれるのかもしれない。配膳はなく、セルフサービスになっている。
  観光地の駅ということもあって全般的に高めの価格設定(かけ600円。完全に対象外価格だが、地方特例を適用)なのだが、850円払ってでも一度は食べておきたいのが「三種合体麺」。テレビなどでも紹介されている有名なメニューで、1杯の丼の中にそば・うどん・ラーメンをすべて盛りつけた、究極のカオスメニューだ。そばは、生麺だろうか。舌触りがザラザラしていて、素朴な食感・風味。うどんはコシが強く、冷凍麺を思わせる。ラーメンは喜多方風の平打ち麺だ。つゆは、このメニュー専用に作ったもの。そばつゆとラーメンスープの中間スタンスだが、ややそばつゆに近いか。コショウよりは唐辛子の方が合いそうな味覚。トッピングもそば・ラーメンの折衷。かき揚げ天ぷら、チャーシュー、メンマ、ワカメ、コーン、ナルト巻きが乗っている。トッピングが多いため、デフォルトの状態では麺が見えないのがちょっと残念といえば残念。写真をどう撮ろうか、ちょっと悩む。麺はすべて半玉ずつだが、3種あるということは合計1.5玉、つまり大盛りになるので、ボリューム感は秀逸だ。


4 3 1 3 2 3 16


エリア選択ページへ戻る

駅そばトップへ戻る

inserted by FC2 system