北 関 東
(茨城・栃木・群馬)

現在、58軒掲載(うち22軒は閉店確認済)
★古河駅(JR東北本線)
「喜多」  実食日:2006/6

  改札内コンコース。素朴な造りながらも店内は明るく清潔感がある。数は多くないが、椅子付きのカウンターもある。
  この店の最大の特徴は、麺。おそらく冷凍だと思うのだが、太さの揃っていない乱切り麺で出てくる。香りこそあまり強くないのだが、歯ごたえはしっかりしていて食後の満足度は高い。つゆと具にはこれといった目新しさはないのだが、この麺にしてたぬき290円という安さならば、繰り返し通う価値があると思う。たぬきだけでなく、山菜290円というのもかなりお得な気がする。


※閉店(「小庵喜多」化)していました。店名変更と捉えてもよい程度の変化ですが、店名・外観・味・メニュー・値段のすべてが変わっているので、別店として考えることにします(2016/1、確認)。

4 4 4 3 3 2 20
「燕」  実食日:2006/10

  東口を出て右へ20秒(ロータリー沿い)。駅舎とは別棟になっているが、ほぼ駅の敷地内と言っていいような場所にある。上記「喜多」の方が立地はよさそうに思うのだが、客数はこちらの方が多そうだ。特に昼時には、駅周辺の会社や工事現場などから作業服姿の人々が押し寄せ、さらに車で食べに来る人も多く、賑わっている。この店に食べに来る人の車がちょっとした混乱を招いているほどだ。店の外ではしょっちゅうクラクションが鳴り響いていた。
  人気の秘密は、安さとサービスにあるのだろう。たぬき280円というのは「そこそこ安い」という感じだが、ご飯ものも多数あり、隣の人が食べていたもつ煮定食350円などはかなりお得感があった。12〜13:30にはタイムサービスランチ(3種)も設定している。そばそのものは、独特なぬめりとコシがある麺に特徴を感じた。冷凍だろうか。つゆは味が薄く、やや物足りない印象である。たぬきは出来合いだが、小エビが入っていて味覚的には悪くない。


※閉店していました。建物も撤去済みです。跡地はコージーコーナーでしょうか(2014/4、確認)。

3 3 4 3 3 2 18
「小庵喜多」  実食日:2016/1

  改札内コンコース、上記「喜多」の跡地。「喜多」→「小庵喜多」ということで、店名変更と捉えてもよいような変化なのだが、店名のみならず外観・味・メニュー・値段のすべてが変わっているので、別店として扱うことにする。内装は「喜多」時代のままで、外観のピカッとしたイメージとは裏腹にだいぶ古びている印象。壁に沿った椅子付きカウンター10席と、フロア中央に立ち食いテーブル6人分くらい。
  味覚的には、NREスタンダードに変わっていた。生麺価格の設定(というか、茹で麺価格+20円)なのだが、麺は茹で麺。客数の問題なのか、それとも運搬コストを考慮しているのか、その両方なのか。いずれにしても、わざわざここまで食べに行く、という価値はなさそうだ。つゆは、マシン注ぎ。最初のひと口で粉末っぽいカツオが香るのはよいのだが、後半は喉にイガイガ感が残る。2005年前後のNREスタンダードを連想させる。たぬきはスナッキーな揚げ玉。たぬき370円。同日訪問の赤羽「大江戸そば」と比べて、全メニューが一律20円高い設定。ご丁寧に、麺大盛りまで20円高い(120円)。ということは、20円の差額は麺の割増分ということか。回数券は、現金で20円追加することにより使用可能。そして、赤羽にはない「朝のそばセット」420円、中華そば420円、チャーシューメン520円の設定がある。昔はNRE茹で麺店舗にラーメンがあったと記憶しているのだが、多くの店舗ではやめてしまったのだろうか(近日に訪問した八王子・中野・千駄ヶ谷・目黒にもない。西荻窪「大江戸そば」にはある)。厨房設備(と広さ)の問題なのだろうが、NRE茹で麺店舗間でもメニューは完全一致ではないということだ。これはこれで興味深く、今後の探訪テーマがひとつ増えることになりそうだ。ちなみに、西荻窪と古河のラーメン価格は一致している。そば・うどん麺は諸般の事情で20円高くなるものの、ラーメンはその「諸般の事情」が影響されないということか。このあたりの店舗運営事情にも興味をそそられる。箸はエコ箸。


2 3 1 3 3 2 14
★取手駅(JR常磐線、関東鉄道常総線)
「喜多」  実食日:2004/7

  JR改札外正面。金町や上野にもあるので、常磐線特有のチェーンなのだろうか。ただ、店名は同じでも店によって味は極端に異なる。
  ここの店では、シコシコの黒麺が出てくる。茹でっぽい生麺という感じで、どこかで食べたことがあるような……。これ、「富士そば」(そば湯ポットが置いてあるタイプに限る)の麺と同じなんじゃないか? だとすると、富士そばよりも安い値段設定はお見事と言うべきか。たぬき300円。

※値上げしていました(たぬき300→320円。2008/10、確認)。

※改装していました(写真は左:旧、右:現)。値段が上がっていて、現在はたぬき370円です。再食していないので味の評点は変えませんが、おそらく麺が生麺になっていると思われます(値−2点。2014/9、確認)。

※閉店していました。跡地は工事中で、「いろり庵きらく」になる(3/23オープン)ようです(2015/3、確認)。

4 3 1 4 3 1 16
「いろり庵きらく」  実食日:2016/2

  JR改札を出て正面。上記「喜多」の跡地。昨年3月にオープン。実食が昼時の名残がある(駅中店は、駅外店ほどには12‐13時に集中せず、少し分散する傾向がある)13:30頃だったこともあって、結構賑わっていた。先客6・後客8。客席は、テーブル席が2人×4、椅子付きカウンターが6、立ち食いカウンターが8人分ほど。ざっと見渡すと、女性はテーブル席、男性は椅子付きカウンターか立ち食いカウンターとはっきり分かれていたのが印象的だった。
  麺は、見込み茹でのオペレーションのようだ。ほぼ茹でたての麺に当たり、さほど粘着することもなく好印象。香りはあまりないが。つゆはマシン注ぎで、最初のひと口でカツオが香る。「いろり庵きらく」のつゆは茹で麺店舗に比べて淡く、序盤ではあまり満足できないタイプなので、最初に香るのはよいと思う。たぬきは、粒の細かい天かす。やや油切れが悪く、オレンジ色の油が少々浮いていた。ギリギリ許容範囲といったところか。たぬき370円。「いろり庵きらく」の中には店舗限定や地域限定のメニューを置く店舗が結構あるが、取手店には見当たらなかった。そば湯ポット受渡口にあり。箸はエコ箸。


3 3 1 4 3 1 15
★佐貫駅(JR常磐線、関東鉄道竜ヶ崎線)
「佐貫麺店」  実食日:2004/7

  JR東口階段下左。関鉄との乗り換えルートにある店。写真のように、売店があるせいで間口が非常に狭くなっているが、中はそんなに狭苦しくはない。
  この店では、一応「コロッケそば」を売りにしている様子。というか、佐貫駅のある龍ヶ崎市自体の名物がコロッケ。カウンター上に「コロッケの国めぐりスタンプラリー」のカードが置いてある(持去自由。2004/7〜2004/12末まで)。
  肝心のそばの方は、やや太い麺には味がなく、つゆは塩辛い。う〜む、コロッケに合うように考えたつもりなのかな……。冷水機はなく、水も言わないと出てこない。ワカメが入るのは嬉しいところだが、全体評価はあまり高くできそうにない。たぬき330円、天同額。変わりメニューに、「佐貫うどん」(500円?)というのがある。ちょっとパクリっぽいが、ちゃんと「讃岐うどんよりおいしい」と書いてある。本当かな?

  なお、店名は暖簾等には掲げられていないのだが、先述の「スタンプラリー」のカードに「佐貫駅めん店」と書いてあったので、これを採用させていただいた。この店もラリーに参加しているんだね。

※2008/10、再食。値上げしていました(たぬき330→370円。天も同額。値−1点)。龍ヶ崎名物のコロッケそばを食べました。甘みのある男爵コロッケで美味かったのですが、そばよりもご飯の方が合うように感じました。そばに乗せるコロッケは、安物の固いものの方が向いているかも。佐貫うどんも値上げしていて、現在は550円。内容は「きしめん+けんちん+コロッケ」で、内容的には「讃岐」とは関係ありません。

※2010/1、再食。コロッケそばのコロッケは、龍ヶ崎名物の「まいんコロッケ」を使用しています(店頭に幟も立っている)。店名が微妙に変わっています(佐貫駅めん店→佐貫麺店)。置き看板や入口ドアには「シャトルフーズサービス」と明記されていますが、これは「店名」ではなく「業者名」と捉えることにします。

2 4 1 3 2 3 15
★牛久駅(JR常磐線)
「麺家族」  実食日:2014/4

  駅西口とペデストリアンデッキで直結しているショッピングセンター「エスカード牛久」の1階フードコート。フードコート内にはこの店のほかにクレープ店・たこ焼き店・マクドナルドがあり、たこ焼き店とこの店は経営が同一なのか、注文口(レジ)が共通になっている(受渡口は別)。ショッピングセンター内のフードコート店ということで、風情は望むべくもないのだが、かつてホームにあった「華月庵」が閉店してしまった(未食に終わった)今となっては、貴重な店であるといえるだろう。
  この店のそばは、色の薄い関西風仕立てのつゆが特徴的。関西の平均的なつゆと比べると甘みがだいぶ強いように感じるが、悪くない。麺は、食感重視のタイプ。歯ごたえはよいが、あまり香らない。価格は税抜き価格で表示されていて、支払時に消費税が別途加算されるため、半端な金額となる。たぬき(花形カマボコ1枚入り)は、表示価格は290円で、支払価格は313円。メニューの種類はあまり多くなく、かけというメニューがない。たぬきが最安メニューとなっている。


3 3 3 3 3 2 17
★ひたち野うしく駅(JR常磐線)
「道中そば」  実食日:2007/5

  東口を出て左手に見えるスーパー「西友」の1Fフードコート内。ファーストキッチン、ラーメン店、アイスクリーム店が入っているフードコートで、座席は共有。西友は駅を出るとすぐに見えるのだが、実はそれなりに距離があり、5分ほどかかる。たぬき410円という値段を含め、駅そばに含めていいものかどうか迷ったのだが、地方(1都3県以外)は少々基準を甘くするということでOKにした。
  NREの店舗だが、ここのそばは麺もつゆも「あじさい茶屋」とはまったく別物。麺は冷凍とおぼしき太めの麺で、鬆が入ったようなスカスカした食感に特徴がある。「生そば」という感じにはちょっと遠いのだが、個人的には好み。つゆは、味は悪くないが結構塩辛い。閉店間際で煮詰まっていたというわけではない(実食は開店直後で、私はこの日の一番客)ので、こういうつゆなのだろう。「麺固め・柔らかめ、つゆ濃いめ・薄めは調節できます」という内容の貼り紙があったので、次回食べる機会があったら「つゆ薄めで」と注文することにしよう。嬉しいサービスに、煮卵無料。聞くと「最近は毎日やっています」という返事だったので、恒久的なサービスではないかもしれないが。盆・レンゲつき。


※閉店(「めん処 山野」化)していました(2015/3、確認)。

※「めん処 山野」も閉店(未食のまま)し、フードコート内にあるのはケンタッキーフライドチキンのみになっています(2015/5、確認)。


4 3 1 4 5 2 19
★土浦駅(JR常磐線)
「華月庵」  実食日:2008/12

  1番ホームと2・3番ホームにそれぞれ1軒ずつある。1番ホームの店舗は壁面埋設型で、2・3番ホームの店舗は独立型。実食は2・3番ホームの店舗。吹きっさらしの立ち食いカウンターと、建物内の立ち食いカウンターがある。吹きっさらしのカウンターで食べる人はほとんどいない様子。
  非常に丼が小さく、ボリュームに欠ける第一印象なのだが、食べてみるとそう極端に不足している感じはしない。若干少なめかもしれないが、不満に思うほどではない。味覚的には、大きな特徴はない。実食した山菜そば(370円)は、若干薬品臭かった。刻み海苔が乗るのが、特徴といえば特徴か。かけ270円、天370円。車内持ち込み容器20円。


※天(かき揚げ)370円は以前と同じ値段ですが、かけは260円に下がり、たぬき340円が登場するなど、メニューや価格の体系が変わっています。要するに、NREスタンダード化です。車内持込みを継続している点がNREスタンダードと異なる部分ですが、容器代は30円に上がっていました。味も変わっている可能性が高いですが、再食していないので味の評点は据え置きます(値−1点。2015/3、確認)。

※値上げしていました。現在、たぬき350円です。1番ホームの店舗とメニューを比較してみましたが、単品揚げ玉80円のあり・なし以外は完全一致です(この店舗は揚げ玉なし。2016/2、確認)。

3 3 2 2 3 1 14
「華月庵」  実食日:2011/5

  1番ホームやや神立寄り。2・3ホームと同じ業者の店舗だが、店の造りが異なるため別店として扱う。1番ホームの店舗は埋設タイプで、立ち食いカウンターのみ。外側に、テイクアウト用の窓口が設けられている。
  味覚的には、2・3ホームの店舗と同じだと思われるが、昨年9/1に品質向上を図った旨の貼り紙があり、以前に2・3ホームの店舗で実食した時とは異なる印象を抱いた。麺は歯切れの良い茹で麺。つゆは、薬臭さが消えて飲みやすくなっていた。貼り紙には麺と各種天を改良した旨が記されているが、むしろつゆがもっとも劇的に変わったように感じた。たぬきなし、かけ270円、天370円など。


※たぬき登場、340円です。というか、メニューや価格がNREスタンダード化されていました。おそらく、味もNREスタンダード(茹で麺)になっていると思われますが、再食していないので味の評点はそのままです(値−1点。2015/3、確認)。

※値上げしていました。現在、たぬき350円です。2・3番ホームの店舗とメニューを比較してみましたが、単品揚げ玉80円のあり・なし以外は完全一致です(この店舗は揚げ玉あり。2016/2、確認)。

3 3 2 3 3 1 15
★神立駅(JR常磐線)
「酔ってみっか」  実食日:2015/3

  駅を出て右、歩道橋で線路を渡って路地の向かい。列車内からでも見えるので、認知度は高いだろう。私も、チラリと暖簾が見えて衝動的に列車を降りたクチだ。一応「立ち食いそばうどん」の表示(置き看板)があるのだが、店内の雰囲気は完全に居酒屋。厨房に向いた椅子付きカウンター(7席くらい)と、座敷のテーブル席(4人×3)という構成。椅子は丸太だ。店主いわく、「そばうどんの暖簾が出ているけど、そば屋と思わないでね」と。そんな無茶な。長屋状のビルに入店しているのだが、どうもかつてこの店は居酒屋専門で、2軒隣に立ち食いそば専門の「重兵衛」という店があったようだ。2軒が統合され、現在の形になったのだろう。券売機があるのだが、実食時間帯(18:00頃)には電源が入っておらず、口頭注文・現金払いとなっていた。
  麺は、袋入りの生麺を注文後に茹でていた。時間帯にもよるが客数が少なく、茹で置くとロスが多くなるためだろう。先客1・後客0で、先客も飲み客だ。風味は良いのだが少々ぬめりがあって粘着する麺で、すすぎ不足を連想させる。食感が重く、ずいぶんと量が多いように感じた。つゆは甘さ・辛さとも強い。カツオ・昆布のブレンド出汁がよく香るので、味は濃いのだが飽きるような感じではない。たぬきは細かい天かすで、量少なめ。たぬき350円(ワカメ・ナルト入り)。割箸は個包装。飲み水は麦茶(冷)。空いていると若干そわそわしてしまうような雰囲気の店なので、次回は昼時に行ってみようかなと思う。トンカツ(定食700円)とモツ煮(450円)が名物というか、店主の自信作のようなので、こちらを試してみる手もあるだろう。


4 5 2 3 3 4 21
★石岡駅(JR常磐線)
「大丸(KIOSK)」  実食日:2005/11

  1番ホーム(常磐線下り)&駅を出て左すぐ。改札内外両側から食べられる造りの店。看板には「KIOSK」のみ表記されているが、食券には「大丸」と印刷されており、こちらを店名と考えさせていただいた。
  ここのそばは、ちょっと変わった風味のするつゆが特徴か。たぬき(340円)にも刻み海苔が入っており、もしかすると海苔がつゆに干渉してこの味になっているのかもしれないが、香ばしい感じがするというか、ちょっと変わっている。麺は太く黒く、そして柔らかい。味は悪くないが、私個人としてはもう少し歯ごたえがほしいところだ。変わりメニューに、けんちんそば(10〜4月限定、370円)。


※閉店していました。跡地は工事中で、橋上駅舎化しそうなムードです。工事終了後に復活する可能性は低そうです(2015/3、確認)。

3 5 2 3 3 1 17
★友部駅(JR常磐線・水戸線)
「華月庵」  実食日:2006/3

  現在、駅舎が改築中なので、完成後に店舗の場所が変わることが予想されるのだが、現時点では駅を出て左すぐのところにある。ただ、これはあくまでもプレハブの仮設駅舎で、新しい駅舎は場所も微妙に変わるようである。駅の性質から考えて、新駅舎完成後に駅そばが撤去されてしまう危険性はなさそうな感じだが、おそらく改札内に入るのではないだろうか。
  ここのそばは、乱切りタイプのシコシコ麺が特長。味もなかなかいい。つゆと具にはそれほど特徴を感じなかったが、食後の印象は上々だった。それから、この店ではいなり寿司を扱っている(1個70円)のだが、このいなり寿司の皮(揚げ)が美味しいと評判になっているらしい。私は食べなかったのだが、隣で食べていた人が「揚げだけ売ってほしい」と言っていたのが印象的だった。たぬき380円、天も同額。また、もう一つ不思議なポイントがあり、駅舎の外の店舗なのに、列車内持ち込み用容器(20円)を扱っている。アツアツのそばを持って改札を通れと言うのだろうか。駅舎改築中ならではの珍事なのだろうが。


※新駅舎が完成し、残念ながら閉店しました(2010/1、確認)。

4 3 1 3 3 3 17
★内原駅(北関東)
「いなせ庵」  実食日:2015/3

  駅から少し遠い。出て直進、最初の信号を越えてすぐ次の路地を右折して3分、イオンモール水戸内原店の3階フードコート内。フードコートの壁一面がイミテーションの本棚になっていて、なんだか異様な雰囲気。客席はフードコート共通だが、ファミリーレストランのようなボックス席になっており、長居向き。落ち着けて良い。駅からイオンモール入口までは5分だが、フードコートまでさらに3分くらいかかるので、計8分ということになる。地方特例を適用。システムは、有人レジで先払い→バイブレーターで呼び出し。外税表示の店なので、1円単位の端数が生じるのが煩わしい。
  この店は、どちらかというと丼ものの方がメインの店で、そばを扱うがうどんはない。麺は、微妙に太さが揃っていない生麺。見た目には角が立っているのだが、食べてみるとエッジを感じない不思議な麺。押し出しだろうか。つゆは味が濃く、特に甘みが強いタイプ。「立ち飲み日高」のつゆに似ている印象。最初のひと口はガツンと美味く感じるのだが、終盤に飽きてくるタイプだ。各種天は自家製店揚げで、完全注文後揚げに徹している様子。そのため、出来上がりまでに少々時間がかかるものの、アツアツで美味しい。実食したキス天は、揚げたてなのに衣がフワフワしており、サクサク感はない。サクサクの天ぷらだとつゆに浸すのが惜しく感じるが、この天ぷらはつゆに浸して美味しいものだと思う。値段は少々高く、かけ360円(外税方式で、税抜価格。以下同様)。トッピングはすべて単品扱いで、キス天は100円。変わりどころとしては、オクラ(天ぷらではない)50円がある。半年間有効のスタンプカード制度あり。1食で1つ押印、スタンプ5個でかき揚げサービス、10個で500円券として使える。


4 4 1 5 4 3 21
★水戸駅(JR常磐線・水郡線、鹿島臨海鉄道)
「水戸そば」  実食日:2009/9

  JR3・4番ホーム勝田寄り。店名は食券に印字されているが、看板等には「KIOSK」と表記されているだけ。露出店ではないが椅子席はなく、立ち食いカウンターが店の内壁に沿ってぐるりと巡らされている。店舗名は「1号店」で、2号店が5・6番ホームにある。メニューや値段等すべて共通なのだが、出てくるそばの見た目や味まったくの別物であるため、別店として掲載する。
  1号店のそばは、中太の茹で麺で、やや扁平形(平麺と言うほどではない)をしている。つゆはやや辛め。丼が少し小さめで、つゆが若干少ない印象。納豆そばはつゆを少なめに盛るものだという話を聞いたことがあるが、そこを意識しているのだろうか。全体的に、2号店に比べて荒削りな印象の味覚である。かけ300円、たぬき400円、天410円など。名物の納豆そばは420円。2号店に比べて刻み海苔が太くカットされており、存在感が強い。盛りつけの手順は「麺→納豆→海苔→つゆ→ネギ」で、2号店とは異なる(従業員によるのかもしれないが)。


※2012/8、再食。特段の変化なし。

※2014/12、再食。微妙に改装していました(写真は左:旧、右:現)。KIOSK表記が外れたので、店名変更(「水戸そば(KIOSK)」→「水戸そば」)と解釈します。値段が上がり、かけ310円、たぬき410円、納豆430円になっています。季節限定そば450円があります。実食時には、けんちんそばでした。上り(5・6番)ホームの店舗と連食したのですが、やっぱり納豆そばには違いがあります。従業員による違いもあるかもしれませんが、少なくとも刻み海苔は別物です(今回は太さではなく、色が違った。こちらは黒みが強い)。

※2016/2、再食。特段の変化はありません。またしても、納豆そばの再食です。5・6番ホームの店舗とは、つゆは同じですが、麺や納豆は別物です。というか、そもそも運営業者が異なります。5・6番ホームは石岡駅(閉店済み)や勝田駅などにもある「大丸」ですが、3・4ホームは別の製麺業者が運営しています。つゆや天ぷらは大丸から仕入れているため、天ぷらそばを食べると違いに気づきにくいのですが、納豆そばで食べ比べると違いがよく分かります。なお、残念ながらこの店舗は2016/3末で閉店し、食べ比べができなくなります。
※これまでは大人の事情により5・6ホームの店舗との違いについて書けませんでしたが、もう閉店なので書いてしまうことにします。

3 3 1 3 3 2 15
「水戸そば」  実食日:2009/9

  JR5・6・7番ホーム勝田寄り。店名は食券に印字されていて、看板等には「KIOSK」と表記されているだけ。外観や内装等は1号店と同じ。メニューや値段等もすべて共通しているが、出てくるそばの見た目や味が大きく異なるため、1号店とは別枠で扱う。
  2号店のそばは、中角の茹で麺。断面はほぼ正方形だ。つゆは、1号店に比べてあっさりしている印象。丼は1号店よりも大きく、つゆをたっぷり入れてくれる。納豆そばはつゆを少なめに盛るものだという話を聞いたことがあるが、この店では特に意識していない様子だ。全体的に、1号店よりも繊細できめ細かい味覚である。かけ300円、たぬき400円、天410円など、値段は1号店とまったく同じ。納豆そば420円も共通。1号店に比べて刻み海苔が細くカットされており、香りが柔らかい。盛りつけの手順は「麺→納豆→つゆ→ネギ→海苔」で、1号店とは異なる(従業員によるのかもしれないが)。


※2014/12、再食。微妙に改装していました(写真は左:旧、右:現)。KIOSK表記が外れたので、店名変更(「水戸そば(KIOSK)」→「水戸そば」)と解釈します。値段が上がり、かけ310円、たぬき410円、納豆430円になっています。季節限定そば450円があります。実食時には、けんちんそばでした。下り(3・4番)ホームの店舗と連食したのですが、やっぱり納豆そばには違いがあります。従業員による違いもあるかもしれませんが、少なくとも刻み海苔は別物です(今回は太さではなく、色が違った。こちらは青みが強い)。また、こちらの店舗では納豆を掬って食べるためのスプーンが添付されました(下りホームではこのサービスはなかった)。店舗外のお品書き掲示がなくなっている(のっぺらぼうになっている)ので、一瞬「閉店か!?」とドキッとしましたが、現役続行中です。

※2016/2、再食。値段等、変わっていません。納豆そば430円を再食。納豆を食べやすいように、プラスチック製のスプーンが添えられます。3・4番ホームの店舗ではこのサービスがないので、別業者の運営であることが一発で分かります。なお、3・4番ホームの店舗は、2016/3末で閉店します。食べ比べができなくなり、たいへん残念です。

3 4 1 3 3 2 16
「山翠」  実食日:2012/1

  北口を出て右の階段を下りて直進30秒、ロータリー沿いというか、丸井の1階外側というか。非常に手狭な店で、立ち食いカウンターは3人ほどで満員となってしまう。あとは、店先に出されたテーブルで食べることもできる。ペデストリアンデッキ下なので、雨が降っていても店頭テーブルが機能する。スタンド灰皿があるので、煙草だけ吸いに来る人がいるため、ちょっと食べづらいかもしれないが。
  麺は、冷凍だろうか。コシというよりも、弾力が強い麺だ。つゆはあっさりしている。個人的には、もう少し存在感があった方がいいような気がする。食券制の店だが、ベースとトッピングを別々に買うスタイルになっている。たぬきそばを食べたい場合には、かけそば(280円)とたぬき(50円)を買う。変わったトッピングには、ウインナフライ(50円)がある。また、ご飯ものにはいなりなどがあるが、ワサビが利いていてなかなか美味しかった。箸はエコ箸。


※値上げしていました。現在、かけ300円です。トッピングも値上げしていて、たぬき・ウインナフライとも60円になっています(値−1点。2015/3、確認)。

3 3 1 3 3 2 15
「華月庵」  実食日:2012/8

  7番ホーム勝田寄り。この駅のホームには、合計3軒の駅そばがあるのだが、7番ホームだけは異なる業者が入っている(ほかの2軒はKIOSK系)。ただ、7番線は特急専用のホームで、向かいの8番線も鹿島臨海鉄道が発着するホームになっていて、ホームへ通じる通路に有人改札があるため、青春18きっぷ等では食べに行けないので注意(改札が無人になる時間帯もあるようだが)。間仕切りのある店舗だが、立ち食いカウンターのみでキャパはせいぜい5〜6人という小型店。
  麺は、冷凍だろうか。歯ごたえはなかなか良いのだが、香りがあまりないタイプ。つゆはやや甘め。たぬきは既製品。全体的に、それほどインパクトのある味覚ではない。たぬき350円。変わりメニューは特になく、水戸なのに「納豆そば」もない。ちょっと残念。ご飯ものの変わりメニューに「焼鯖すし」があるが、2カンで260円と高め。


※閉店していました。建物はまだ残っていますが、看板等がすべて外されています(2015/3、確認)。

3 3 2 3 3 1 15
★勝田駅(JR常磐線、茨城交通湊線)
「勝田そば」  実食日:2006/3

  2番ホーム(常磐線上り)&東口階段下(写真)。改札内外両側から食べられる、ありがたい造りの店である。
  この店は、石岡駅の「大丸」と母体が同じで、味も値段もほぼ同じと考えてよさそう。石岡で食べたときに感じた「つゆの違和感」がなかったあたりに違いがあるような気もするが、これはタイミングの問題かもしれない。麺は太く柔らかい黒麺。たぬきそばは340円で、刻み海苔が入る。冬季(10〜4月)限定のけんちんそばは、370円。お得感があるのは、そばセット350円(かけそば+ご飯+お新香)。これにコロッケ(70円)でも単品追加すれば、立派なセットメニューになる。なお、単品トッピングメニューとして納豆(120円)があるあたりは茨城県らしい部分であるが、「納豆そば」という既製メニューはない。


※値上げ(たぬき340→400円。値−1点)していました。「納豆そば」(420円)という既成メニューが登場しています(2012/8、確認)。

※特に改装はしておらずKIOSK表示もまだ残っていますが、「勝田そば」という店名表示を確認できたので、店名変更と見なします(「大丸(KIOSK)」→「勝田そば」)。値上げしていました。現在、たぬき410円、納豆430円です。コロッケの扱いは終了しているようです(一覧のお品書きになし)。そばセットは420円まで上がっているので、内容も変わっているかもしれません(2015/3、確認)。

3 3 1 3 3 2 15
★日立駅(JR常磐線)
「海華軒」  実食日:2007/9

  上下ホームに各1軒ずつある。上りホームの店舗(写真)は看板が出ていて華やいだ雰囲気があるが、下りホームの店舗は看板も暖簾もなく、ついでに言えば活気もなく、「廃屋か?」と思えるような佇まい。
  麺は白っぽい茹で麺で、モサモサした食感が特徴。つゆはほどよく塩辛い。たぬきなし、かけ270円、天380円など。総じて、さほどレベルが高いとは言いにくい店だが、捨てがたい部分もある。この駅は海から近いところにあり、わりと強い潮風が吹いている。潮風に包まれてそばを食べるというのも一興だ。他の駅では味わえない雰囲気かもしれない。評点には反映させなかったが。

※閉店していました。建物も撤去済みです。現在、橋上駅舎化工事が行われていて、殺伐とした光景になっています。工事終了後に駅そば店が復活してくれることを望みます(2009/9、確認)。

※復活はありませんでした。改札外に「まち庵」というそば店がオープンしましたが、値段が高く当サイトでは扱えない店です(2015/3、確認)

2 3 2 1 3 11
★小木津駅(JR常磐線)
「増子食品」  実食日:2015/3

  東口階段下。階段の陰に半分隠れるような場所にあるのだが、周囲が駐車場になっていて建物がないこともあり、とてもよく目立つ。列車内からも見えるので、マイナーな駅ではあるが認知度は高そうだ。看板記載の文字列を店名と判断したが、正確には「増子米殻店飲食部」ではないかと推察。つまり、米屋さんが営む立ちそば店だ。このパターンは珍しいと思うが初めてではなく、大阪府門真市の「カワバタ」で実食済み。他にもあるのかどうか、気になるところだ。客席は椅子付きカウンターのみで、20席以上ある。実食時には先客2人で、「こんなにたくさん要らないのでは?」と思ったが、12時を過ぎると日立グループの工場の従業員であろう作業服姿の猛者たちが車で大挙して押し寄せ、ほぼ満席になる。また、駅西口にあるタクシーの営業所にも固定客が多いようだ。昼食需要を満たせる店が少ない駅だということもあり、重宝されているようだ。長テーブルに長椅子の客席で、なんとなく工事現場の飯場を連想させる雰囲気。
  麺は、注文後に茹でる生麺。ビシッとエッジの利いたシコシコ麺で、個人的に食感は全国でもトップクラスだと思う。そばの香りはそれほどでもないのだが、舌触り・歯ごたえのために通う価値がある。つゆは、薄口醤油仕立ての関西風。天や卵など、旨味系のトッピングとよく合う。天は自家製だろうか、フワフワ食感と香ばしさを兼備している。衣は厚めで、そばに乗せることで美味しくなるタイプだ。たぬきなし、天350円。実食は、天玉400円。天ぷら・生卵のほかに、焼き海苔がサービストッピングされた。変わりメニューに、玉子とじ400円がある。つゆが関西風なので、玉子とじはよく合うと思う。そば・うどん以外では、ラーメン400円のほかに長崎ちゃんぽん550円がある。カレーライスや丼ものも揃えており、毎日のように来ているであろう常連客に飽きさせない工夫が伺える。こういう優良店に毎日行けるなんて、羨ましい。


4 4 2 3 3 5 21
★高萩駅(JR常磐線)
「生そば処JR」  実食日:2008/4

  駅舎を出て左、クリーニング店の裏。営業許可証を見ると、JRバス関東の直営になっている。付近に同社の支社があるわけではないので、ちょっと不思議な感じだ。食べる前に、イチャモンを1つ。この店、メニューが見にくい。というか、どこにあるのか分からない。おばちゃんに「メニューはどこかな?」と聞いて、やっと小さな卓上型のメニューが出てくる。壁に空きスペースがたくさんあるんだから、大きく貼り出してくれると助かるんだがなぁ。
  味覚的には、即席っぽいものの辛さ具合がちょうどいいつゆが個人的に○。麺は柔らかめの茹で麺でどうということはない。変わりメニューにけんちんそばがあり、500円。けんちん汁もできる(300円)。かけ300円、きつね350円、天400円など。いなり寿司や丼ものもある。

※閉店していました。跡地は更地です(2010/1、確認)。

3 3 2 2 2 2 14
★常陸大子駅(JR水郡線)
「駅乃そば(大子そば店)」  実食日:2009/5

  駅を出て左前。駅舎とは別棟だが、私のように可能な限り拡大解釈する人間でなくても「駅そば」と認識できるような立地にある。L字型カウンターはすべて椅子付きで、キャパは10人前後。
  麺は茹で麺だが、極太の平麺(幅5ミリほど)で食べ応えはある。つゆはやや辛め。味覚的な特徴はさほど多くないが、すべての要素が「中の上」でまとまっている感じだ。面白いのは、大盛りの扱い。普通、食券制の店では、通常メニューの券と「大盛り券」を買う仕組みになっているものだが、この店では全メニューについて別途大盛りボタンが組み込まれている。メニューの種類があまり多くなく、ボタンが余っていたからこのようにしたのかもしれないが、あちこちに「大盛り」の表示が見えるとちょっとくどい感じがする。かけ270円、たぬき320円、天370円など、客数が多くなさそうな土地にしては安めの設定になっている。麺類以外では「赤飯」があった(250円)のだが、これはたまたま実食日が4年に一度の祭り「大子ぶんぬき」の日と重なったためかも。そのため、店内には祭り法被を着た先客が5〜6人いたのだが、普段日にどれほどの客数があるのかはちょっと計りかねる。

※値上げしていました。現在、かけ290円、たぬき350円、天400円です。メニューの種類は意外に多く、ラーメン400円や各種ご飯もの、セットメニューも多彩です。コーヒーやかき氷といった喫茶メニューまで揃っています。食事をする場合には、駐車場利用OKの貼り紙あり。外観としては、暖簾と衝立の位置が変わっていました(写真は左:旧、右:現)。なお、店名については、「駅乃そば」「大子そば店」「JR駅前そば店」など、さまざまな表記が入り乱れています。ひとまず、当サイトでは現状を維持します(値−1点。2015/7、確認)。

4 3 2 3 3 2 17
★守谷駅(関東鉄道常総線・つくばエクスプレス)
「あじさい茶屋」  実食日:2005/11

  TX改札出て直進、駅ビルのフードコートに入って左奥。TX線の各駅は、まだまだ街造り途上の場所にあり、駅そばどころかコンビニすらない駅が多い。しかし、守谷は古くから関鉄が育んできた街で、割と開けたところに駅がある。TXが乗り入れ、駅そばのあるフードコートが入り、さらなる発展を予感させる街である。関鉄とTXの相互乗り換えには一度改札を出なければならないため、改札外に駅そばを置いてくれれば両線の利用者が食べることができ、便利である。このフードコートには、「あじさい茶屋」以外にも様々なファーストフード系飲食店が入っており、競争が激しい。一方、駅の外にはあまり飲食店類がないので、ものすごく賑わっている。駅前にはあまり人がいないのに、フードコート内は大盛況である。それにしても、守谷駅にはJRは乗り入れていないのに、なぜ「あじさい茶屋」がこんなところに……?
  ここの「あじさい茶屋」は、秋葉原電気街口フードコート内の店舗と同じスタイル。つまり、生麺を使っている。写真を見れば分かるのだが、普通のあじさい茶屋とは異なり、看板が赤い。赤看板の「あじさい茶屋」は、本格生麺使用ということなのだろうか。そして、TX沿線には本格生麺の店を出すという戦略なのだろうか。たぬき350円

※閉店(「大江戸そば」化)していました(2012/2、確認)。

4 3 2 5 3 1 18
「大江戸そば」  実食日:2012/2

  TXの改札を出て正面のフードコート「TXコート守谷」内。上記「あじさい茶屋」の跡地。
  麺は、生。黒いツブツブが目立つタイプで、モチモチした食感。つゆは甘みが強い。NREスタンダードとはだいぶ異なる風味で、一昔前の「大船軒」のような味わいがあった。たぬきは既製品。全体的に、「あじさい茶屋」時代と比べて大きな変化はないように思える。なぜ看板が変わったのか、不思議。しかも、東京都内ではないのに、なぜ「大江戸」? たぬき350円。


※値上げしていました。現在、たぬき370円です(値−1点。2015/5、確認)。

3 3 1 4 3 14
★小絹駅(関東鉄道常総線)
「ゆで太郎」  実食日:2012/2

  駅を出て直進1分、国道294号を渡らずに左折して2分。駐車場のある店舗で、「駅そば」というよりも完全に国道沿いのドライブインタイプの店だが、駅からでも徒歩圏内なので掲載対象とする。店内は広く、テーブル席と椅子付きカウンターを合わせて40人くらい収容できる。
  味覚的には「ゆで太郎」スタンダードなのだが、都心部の店舗に比べると麺は太め。品川区から大田区にかけての店舗に近い。つゆは特徴なし。たぬきは、他店舗よりも細かいものを使用している。たぬき330円(キツネ入り)。各種天は自家製店揚げ(注文後揚げ)なので、オススメ。そば湯ポットあり。箸はエコ箸。午前11時までに限り、お得な「朝ごはん」各種設定があるほか、たぬきもフリーになっている。24時間営業。

※看板が変わっていました(写真は左:旧、右:現)。たぬきというメニューは消滅し、かけ320円に揚げ玉が乗るパターンになっています。実質値上げですね(2015/5、確認)。

3 4 2 5 4 4 22
★水海道駅(関東鉄道常総線)
「そば・うどん」  実食日:2004/9

  改札を出て正面。小さな駅なので、行けばすぐに分かるだろう。水海道駅はJRや他路線とのターミナルではなく、ローカル私鉄の途中駅。こんな駅にまで駅そばがあるなんて、感激に値する。味にはこれといった特徴はない。麺は、丸麺ではないがちょっと角が取れた感じ。たぬきと天が同額(330円)だったから天を食べたのだが、衣率90%だった。具として感じたのは、小エビのみ。あまりレベルの高い店ではなく、点数も低いのだが、「ローカル駅の店」というだけで応援したくなってしまう。

※閉店していました。下妻駅(未食)同様、駅舎造りつけの店舗はシャッターが下りたままになっていて、その上からポスターがたくさん貼られています。

3 3 2 1 3 12
★竜ヶ崎駅(関東鉄道竜ヶ崎線)
「ふくろう」  実食日:2015/5

  改札を出て直進、駅を出てすぐ正面。駅舎と隣接した長屋状の建物にある。龍ヶ崎の駅そばというと、駅舎内の「竜ヶ崎駅めん店」がよく知られているが、ここ数年営業している気配がない。はっきりと閉店の旨が表示されているわけでもなく(臨時休業の表示が出しっぱなしになっている)、厨房機器や幟なども店内にスタンバイされているので、状況がよく分からない。ここ2・3年の間に、曜日や時間を変えながら5回くらい訪問しているが、1回も営業シーンに出くわしていない。しかし、落胆することはない。「竜ヶ崎駅めん店」の斜め向かいにある居酒屋「ふくろう」が、ランチタイム(11:30〜13:30)にそば・うどんを提供しているのだ。厨房を囲む椅子付きカウンターのみの店で、席数は14。壁際に立ち食いできそうなカウンターがあるが、フクロウグッズがたくさん並べられており、使用不可。
  麺は、ザラザラした食感の茹で麺。これといって、良くもなく悪くもなく。つゆは、甘みがだいぶ強い。グルタミン酸系の旨味も強いのだが、余韻はイノシン酸系が長く続く。カツオ+昆布の出汁をベースに、ちょっと手を加えて味を調えている感じだ。たぬきというメニューはなく、そば・うどんは天350円とポテ400円のみ。2種類しかないうちの片方がポテそばというのも、思い切った選択だ。実食は、天。天は、冷凍ものを注文後に揚げているようだ。そば・うどん以外のメニューは、らーめん500円・カレーライス500円・定食500円のみ。いずれも、ランチタイムのみの扱い。先客2名はともに「定食」を注文(コロッケ定食のようだ。さすが竜ヶ崎。店頭に「まいんコロッケ」の幟が立っているので、ちゃんと認定されているのだろう)していて、そば・うどんがどれほど出ているかは未知数。17〜22時は、居酒屋として営業。22〜26時はラーメン屋になる。ずいぶんとマルチに頑張っている。そば・うどんもいいが、個人的には「次回はコロッケを食べてみたい」と感じた。コロッケそばがあればいいのだけれど、残念ながら。


3 3 3 3 3 3 18
★鉾田駅(鹿島鉄道)
「立喰そば」  実食日:2006/10

  改札出て右(写真)&駅を出て右。駅舎内の窓口は露出しているが、駅外の窓口は屋内型になっている。たい焼き店を兼ねており、どちらかというとたい焼きの方が人気が高く、有名人のサイン色紙なども飾られている。
  そばの方には、これといった特徴はなかった。麺はノーマル茹で麺、つゆは甘みが勝ったタイプ。天はインスタント。それほど客が多くなさそうな駅にしては値段は安めで、かけは240円である。月見300円、天・山菜330円他。ところで、この駅がある鹿島鉄道は、2007年3月をもって廃線となる予定。廃線となれば、店が存続するかどうかはともかく、少なくとも「駅そば」ではなくなってしまう。駅そばだけではなく、鉄道自体もファンの人気が高い(現役最古の電車車両「キハ601」が走る路線なので)から、なんとか存続をお願いしたいところである。


※閉店確認はしていませんが、鹿島鉄道が廃止となっているため、閉店扱いとします(2009/4、リニューアル時確認)。

2 3 3 2 3 1 14
★小山駅(JR東北本線・両毛線・水戸線、東北新幹線)

「TASTY KIOSK」  実食日:2000/?

  水戸線(15番線)のホームにある、こぢんまりした店。「TASTY KIOSK」は売店と一体型になっていることが多いのだが、ここでは単体で存在している。一応、ホームに剥き出しの造りではなく、建物の中に入って食べる形式だが、暖簾がないので周囲からは丸見えである。それよりも辛いのは、お冷やが水道水だということ。夏場は温かいメニューは食べられそうにない。たぬきなし、天350円。


※12・13ホーム(東北本線上り)の店舗にて、「19/8/22メニュー変更」との貼り紙が出ていました。新たにコロッケ・山菜330円、替え玉150円が加わっています。駅そばの替え玉は極めて珍しいです(付+1点。再食せず。2007/9確認。写真は9・10ホームの店舗で、2007/9撮影)。

※2013/1、再食。特段の変化なし。元旦から営業していました。

4 3 3 2 1 1 14
「ふるさと」  実食日:2015/3

  西口を出て目抜き通りを2分、左側。駅そばというよりも、昔ながらの大衆食堂風の店。メニューも、どちらかというと定食類や丼ものなどご飯系がメイン。しかし、安価なそば・うどんも扱っているので、対象に含める。客席は、厨房を囲むL字型椅子付きカウンター8席くらいと、4人掛けテーブル席×2。
  そばは片手間にやっている程度だろうからとあまり期待しないで入店したのだが、予想に反してまずまず美味かった。麺は生で、ちょっと見えにくかったが注文後に茹でていたと思われる。ザラザラしていてそばの香りがある。若干歯に粘着するのが気になる部分ではあるが、水準以上であることは間違いない。つゆは、ちょっと独特な風味。サバ出汁だろうか。序盤は淡くて物足りないように感じるのだが、食べ進めるにつれて味が濃くなっていくような錯覚を覚えた。たぬきは、最初からゾル化している天かす。これはイマイチ。たぬき360円(ワカメ入り)。営業時間が昼の部と夜の部に分かれていて、おそらく夜の部(17時〜)には酔客だらけになるのだろうと想像していたのだが、18時頃の入店で先客・後客とも0だった。う〜む、大丈夫だろうか。仕事帰りのサラリーマンが立ち寄るのは、もう少し後の時間帯なのだろうか。雰囲気を含め、なかなか良い店なので、もう少し活気のあるシーンを見たかった。


4 3 1 3 3 3 17
★宇都宮駅(JR東北本線・日光線、東北新幹線)  ※東武日光駅は下方に別途掲載
「野州そば」  実食日:1999/9

  東北本線のホーム上にある、素朴な店。時間帯にもよるのかもしれないが、とにかく人影がなくて寂しいところにある。お腹が空いていなくても、前を通ったら食べてあげないと気の毒にすらなってくる。この店にはたぬきはない。仕方なく天(350円)を頼むのだが、ここの天ぷらは異様に吸水性がいい。汁を吸い尽くしてしまって、麺がもっさりもっさりしてしまう。ちょっと一考の余地ありだ。


※写真は2006/9撮影・追加。夜間は大盛況です。

※値上げ(天350→370円)していました。他メニューの値段は、かけ270円、たぬき320円など(2008/12、確認)。

※2012/3、再食。NREの経営となり、味覚的な特徴がなくなりました。微妙に改装しています(写真は左:旧、右:現)。

※値上げしていました。現在、かけ290円、たぬき370円、天400円です。メニューによって値上げ幅が異なるので、メニュー体系が一新されたと考えてよいでしょう(値−2点。2014/10、確認)。

2 4 1 2 3 12
「小庵喜多」  実食日:2009/9

  改札外、東口方面への通路にある店。比較的新しい店だろうか、外観も内装もなかなか小綺麗だった。椅子付きカウンターと立ち食いカウンターがあり、合わせて20人程度収容可能。店舗名は「宇都宮1号店」。未確認だが、新幹線改札内の店舗が「2号店」なのだろう。
  「喜多そば」と「喜多」と「小庵喜多」の違いがよく分からないのだが、出てくるそばにはブランドによる違いは感じられない。この店では、東北本線方面の「喜多」系駅そばにありがちな乱切り麺を使用している。太さのばらつき幅がかなり大きく、食感が面白い。つゆはややあっさりめ。完飲派にはちょうどいいかもしれない。カマボコ(2枚)と青味(絹さや)が乗り、たぬき330円、天380円など。「喜多」系で青味が乗る店は珍しいような気がする(気のせいかも)。


※値上げ(たぬき330→350円)していました(2013/1、確認)。

※値上げしていました。現在、かけ290円、たぬき370円、天400円です。ホームの「野州そば」と同じメニュー体系(メニュー写真も同一)になっています(値−1点。2014/10、確認)。

※閉店(「いろり庵きらく」化)していました(2016/4、確認)。

4 3 1 4 3 2 17
「いろり庵きらく」  実食日:2016/4

  改札外、東口方面通路上。上記「小庵喜多」の跡地。店舗名は「宇都宮店」(宇都宮駅にはもう1軒「いろり庵きらく」がある)。「小庵喜多」時代から内・外装ともリニューアルされており、席配置も変わっている。現在は、テーブル席が2・4・2、椅子付きカウンター7、立ち食いカウンター5人分くらい。テーブル席が用意されたことで、女性や高齢者に門戸が広がったと考えることができそうだ。
  麺は、生麺の茹で置き。だが、「他店舗とは麺が違う?」と感じたほどに食感・風味がしっかりしていた。茹で加減がジャストで、茹で置き時間が短かったのだろうと推察。つゆは「いろり庵きらく」スタンダードで、淡くモヤッとするタイプ。マシン注ぎで、カツオも甘みも強めていない。もう少しカツオがしっかり香るつゆで食べてみたかった。たぬきは、揚げ置き時間が長そうな天かす。油切れは良いのだけれど、やや湿気ていた。たぬき370円。メニューは、都内の店舗と完全一致の模様。店舗限定と思しきものは見当たらない。お得な設定の「朝食セット」も健在。訪問が7:15くらいだったので、謹んで「朝食セット(明太子)」380円を実食。チューブから絞り出す明太子を含め、都内の店舗との違いは見られなかった。ちなみに、先客1・後客4で、後客のうちひとりは制服姿の駅員さん。駅員さんも、「朝食セット(明太子)」を食べていた。うむ、分かっているね(笑) 箸はエコ箸。


3 3 1 4 3 1 15
★矢板駅(JR東北本線)
「ピクニックコート」  実食日:2015/7

  駅を出て左、歩道橋で線路を渡って右手にあるベイシア矢板店の1階。フードコートスタイルの店舗だが、営業しているのは1店舗だけ。フードコート自体に間仕切りがあるため、露出感は少ない。客席はテーブル席と椅子付きカウンターがあり、30席以上ある。そんなに需要があるのかと思いきや、何も買わずに席だけ利用する中高生が多かった。地方の量販店内フードコートでよく見る光景だ。レジで先払い→くたびれた番号札で受け渡し。
  調理シーンを見なかったが、麺は冷凍で間違いないだろう。ゴムのような弾力があり、香りはほとんどない。ザラザラというか、デコボコしたような独特な摩擦感がある。つゆは、全体的に淡い。甘さ・辛さ・出汁のいずれも弱め。深み・余韻もない。妙な刺激もないので極端に不味いというわけではないが、ほとんど印象に残らない味だ。たぬきは、油気も香ばしさも弱い揚げ玉。ゾル化はしないものの、すぐにブヨブヨになってサクサク感が残らないタイプ。麺・つゆ・具材のすべてにおいて、印象が弱い一杯だった。たぬき290円(ワカメ入り)。値段だけは、地方にしては特筆ものの安さ。1点だけでも強調できる材料があってよかった。そばメニューは、たぬきと天390円のみ。どちらかというとラーメンの方が充実している特製しょうゆラーメン390円、特製佐野ラーメン390円など、こちらも安い。ご飯ものは、カレーライス390円のみ。あと、飲み物やスナックフードが各種揃っている。他の客の購入動向を観察すると、ソフトクリームとたこ焼きが人気。たまにラーメンが出る。そば・うどんはまったくと言っていいほど出ていない。将来的にメニューに残るか、不安だ。割箸は個包装で、コンビニ仕様。透明のビニールで包まれたもので、つまようじが同封されているタイプだ。コストがかさみそうだが、客数があまり多くないから裸の割箸を出しておけないのかな。


2 3 4 3 3 2 17
★西那須野駅(JR東北本線)
「たんぽぽ」  実食日:2004/9

  改札を出て直進、自動ドアを出て右の階段(JRバス乗り場方面)を下り、右前。土産物店と棟続きになっている店。店内は広い割に客席数が少なく、非常にゆったりした造りになっている。東京の駅そばで慣れている私など、ちょっと面食らってしまうほどだ。
  ここのそばは、割と私好みだった。麺は極太で食べごたえがあり、ワカメ入りで、全体的なボリュームもすごい。地方の駅そばでこれだけのボリュームで出す店はかなり珍しいのではないだろうか。たぬきはちょっと湿気り気味だったが、総合的には高く評価できると思う。


※土産物店もろとも閉店していました。跡地はがらんどうで、何もありません。JRバスの待合所も閉鎖されています(2015/7、確認)。

4 5 3 4 3 1 20
★那須塩原駅(JR東北本線、東北新幹線)
「マイ・フレンド」  実食日:2010/8

  改札外、待合室内。店名中の「・」は、正確にはハートマークになっている。待合室自体がガラス張りになっていて通路には露出していないのだが、店舗と待合所との間には間仕切りがなく、半露出店と言っていいような造りになっている。厨房周りのL字型のカウンターと壁際の増設カウンターは、すべて椅子付き。鉄道→バスと乗り換えて那須高原へ向かう観光客を中心に、結構需要があるようだ。
  麺は、冷凍だろうか。歯ごたえが強く、なかなか私好み。つゆは、良くも悪くもあまり印象に残らない無難系。小鍋で1人分ずつ沸かしていた。値段はやや高めで、かけ350円、山菜430円など。レパートリーは多くない。L字型カウンター席は厨房に面しているものの、厨房との間に少し高めの仕切があるため商品の受け渡しが困難。基本的に、おばちゃんが厨房から出てきて配膳するシステムになっている。精算は代引。


4 4 1 2 3 1 15
★黒磯駅(JR東北本線)
「喜多」  実食日:2008/5

  改札を出て右、待合室入口脇。黒磯駅は交直接続駅(黒磯以南は直流1500v、以北は交流20000vで電化されている)であるため、ほとんどすべての普通列車が黒磯始発・終着となっている。したがって、黒磯に用のない旅客も、一度は黒磯駅のホームに降り立って、列車を乗り換えることになる。そこには当然時間差があるわけで、乗り継ぎルート上に駅そばがあれば結構繁盛するんじゃないかなぁと思う。しかし、駅そばがあるのは改札の外。ほとんどホームに面するような立地なのに、ホーム側には窓口がなさそう。実に勿体ない造りだと思う。乗り継ぐだけの人は、この店の存在を知らないまま次の列車に乗り込んでしまうように思う。
  味覚的には、首都圏で出回っている「喜多」と類似している。麺は冷凍の乱切り、つゆは出汁が強いタイプで、甘くも辛くもなく、飲みやすい。「鰹節と鯖節にこだわって云々」の貼り紙が出ているが、なるほど納得できる味だ。かけ280円、たぬき330円、天380円など。変わりメニューには、チャーシューそば(400円)がある。


※だいぶ値段が上がっています。現在、たぬき370円です。かけ290円、天は400円になっていました。チャーシューそばは見当たらず、NREスタンダードに準拠したラインナップになっていました。味覚的にもNREスタンダードになっていると思われますが、再食していないので味の評点は据え置きます(値−1点。2013/12、確認)。

※2015/6/28付で閉店していました。今のところ、内外装等はそのまま残っています(2015/9、確認)。

4 4 1 5 3 1 18
★栃木駅(JR両毛線、東武日光線)
「栃木そば」  実食日:2007/3

  JR改札入って正面&北口出て右。改札内外両側から食べられる造りの店だが、東武の改札内からは食べられない。造りがちょっと面白く、改札外側からの入口はガラス張りの駅舎にちょこんと設けられたドア。見た目には改札内側の方がメインなのかなと思うところだが、テーブル席があるのは改札外側の方。内側は立ち食いのみ。内エリアと外エリアは柵で仕切られている。内側利用者は時間のない列車待合い客、外側利用者は比較的時間のある人たち、という配慮だろうか。
  味覚的には、普通な感じ。天はフカフカしたタイプ。丼が小さめだがボリュームに難はなく、なみなみとつゆが注がれる。変わりメニュー「全部乗せそば」(540円)があるのだが、この丼に全部乗せきれるのか、ちょっと心配。たぬきなし、天350円、天玉390円。営業時間は11:05〜18:30(途中に休憩時間帯あり)。


※2015/3、再食。運営会社の名称が変わり、看板の右隅にあったKIOSK表記が消えたので、店名変更と見なします(「栃木そば(KIOSK)」→「栃木そば」。写真は左:旧、右:現)。また、改札内側にも長テーブル席が増設されていました。念願の「全部乗せ」を試しました。大盛り用の丼を使い、トッピングは天・玉・きつね・山菜・とろろ。豪華ではありますが、きつね・天・とろろを重ねて乗せるので、見た目にはさほどメガメガしていません。できれば、すべてのトッピングが見えるように並べてほしかったです。特徴的なのは、麺と一緒に山菜も湯通しするということ。おそらく、水煮山菜の塩抜きをしているのでしょう。この気遣いはほかの店ではあまり見られないものです。味覚的にはまぁ普通ですが、このメニューがあるために私の中ではかなり光っている存在でした。小山駅の名物サービス「替え玉」が、同系列のこの店にもあります(160円)。意味が分からない人が多いのか、ちゃんと「一度そば・うどんを食べたお客様が、もう一杯そばかうどんをおかわりできます」と注記されています。値段が上がっていて、天370円、天玉420円、全部乗せ650円です。全部乗せの価格は、全部のトッピングを単品追加した価格と同じです。10円でもいいから得をするように設定した方がよかったかなと思います。なお、残念ながらこの店は今月末で閉店してしまいます。最後の一杯を食べておきたい方、お早めにどうぞ。写真では閑散としているように見えますが、改札外側はかなり賑わっていました。タクシードライバーや東武ユーザーが「最後の一杯」を食べに足を伸ばしているようです。

※2015/3/31付で閉店していました。リテールネットの駅そば店は、この駅に限らず北関東を中心にかなり絞られています。跡地にはまだ建物が残っていましたが、近々撤去されるでしょう。個人的に少々思い入れがあった店舗なので、残念です(2015/7、確認)。

3 3 3 3 3 1 16
★足利駅(JR両毛線)
「TASTY KIOSK」  実食日:2004/5

  1番ホーム上にある店だが、改札外からでも食べられる。というか、どちらかというと外がメインで、ホームで食べる場合には外側にある券売機に手を伸ばして食券を買わなければならない。口頭で対応してくれればいいのだが、口頭注文すると無下にも「食券を買ってください」と言われた。
  味は、極めて並。父は「これは美味い!」と絶賛していた(写真右が私の父、左は弟)が、私の舌にはそれほどの感動は伝わらなかった。冷水は、言わないと出てこない。これはマイナスポイント。たぬきなし、天350円。
  どうでもいいことだが、屋根の上に室外機があるのがおかしくてしょうがない。


※閉店していました(2007/3確認)。

3 3 3 3 1 13
★烏山駅(JR烏山線)
「山あげそば」  実食日:2011/6

  駅を出て正面にある、JRバス関東が運営する店。正式には「烏山そば店」という味気ない店名なのだが、当サイト上では看板に記載されている文字列を店名として掲載する。間口がたいへん広く、出入口が3カ所もある。客席は、厨房を囲む立ち食いカウンターと、テーブル席(計10席)、そして店先にも3人掛け丸テーブルが2つ出されている。
  麺は茹で麺だが、乱切りで食感が楽しい。太さのばらつきがかなり激しく、太いものは8ミリほど、細いものは2ミリほど。つゆは、複雑な風味で奥行きのある味わい。椎茸などを使った合わせ出汁だろう。天は自家製店揚げ。運良く揚げたてに当たれば、サクサクホクホクの食感を楽しめる。たぬき320円、天340円。


4 3 3 4 3 3 20
★東武宇都宮駅(東武宇都宮線)  ※JR宇都宮駅は上方に別途掲載

「宮園庵」  実食日:1999/9

  改札を出て歩くこと20秒、東武デパート(駅ビル)内にある。やや暗めの店内照明で、どちらかというとダイニングバーのような雰囲気のある店である。椅子席は6つで、他に広いカウンター席がある。全部で20人くらいは収容できそうな、かなり大きな店である。味の方は、水準よりは上。本格志向を取り入れようとしているのは伝わってくるのだが、とりわけ大きな感激はなかった。たぬき320円。


※正確な場所を記憶していませんでしたが、今回再訪してみたところそれらしい店はありませんでした。閉店とみなします(2014/1、確認)。

4 3 3 4 3 17
★真岡駅(真岡鉄道)
「うどんそば」  実食日:2005/3

  改札を出て左。真岡駅は下館と並んで真岡鉄道の中核駅だが、とにかくローカル路線、それも第三セクター線である。1時間に1〜2本程度しか走らない路線なのに駅そばがあるなんて、とにかく感激だ。
  ここの麺は、見たところちゃんと湯通ししているのだが、湯通ししていないような食感がする。つゆは、粉末出汁っぽい味。私は嫌いではないのだが、人によっては「インスタントっぽい」と思うかもしれない。面白いのは、カウンター上にSL列車の模型が置いてあるということ。真岡鉄道は、今もSLが走る路線として鉄道ファンの間では有名なのである。それから、支払は代引制だが、手渡ししようとすると「トレーに置いてください」と言われる。硬貨って意外と汚いものだから、現金制の店ではこのくらいの気遣いがあってもいいかなと思う。たぬきは280円で、ナルトとインゲンが入る。地方にしてこの安さは立派だ。なお、この店は(正確な裏はとっていないが)テナントではなく、真岡鉄道の直営と思われる。


※閉店していました(2011/4、確認)。

3 2 4 3 3 1 16
「カウベル」  実食日:2013/4

  改札を出て左、上記「うどんそば」の跡地。跡地というか、居抜き。もともと真岡鉄道が直営で営業していたのが一度閉店し、業者が変わって再オープンとなった。真岡鉄道直営時には立ち食いカウンターのみだったが、現在は店先にテーブルが出され、座って食べることができる。簡単な目隠しも設置された。
  味覚的には、直営時代から激変している。まず、麺は生で、なんと店主が毎朝手作業で打ったものを提供しているという。食感はかなりモサモサしているが、見方を変えれば「蕎麦らしい」とも言える。箸で持ち上げただけで切れてしまうほどつなぎが弱いのだが、ちゃんと蕎麦の味がするのが嬉しい。「そば」ではなく「蕎麦」と書きたくなる味覚だ。つゆも、店内で作っている。直営時代のような粉末出汁っぽい感じではなく、ちゃんと手間ひまかけて作った感じのする、奥深さがある。天ぷらも、自家製店揚げだ。さらに驚くべきは、価格設定。客数がそれほど多くなさそうな駅で、手打ち麺につゆ・天ぷらもすべて自家製で、天ぷらそば350円。この設定では、ほとんど利益は出ないのではないかと、心配になってしまう。なお、開店は9時と掲示されているが、実際には8:45の時点ですでに営業していた。この店に限らず、この業界ではよくあることだが、店頭やWeb上に表示されている営業時間はあまりアテにならない。食べ●グなどもってのほか。当サイトが営業時間の明記を避けているのも、このあたりの事情による。


※2014/11、再食。天350円、値段は据え置きです。麺が変わっていました。残念ながら、懇意にしていた製粉業者が廃業したため手打ちはやめてしまったとのこと。現在は茹で麺(袋麺)です。昆布出汁の濃いつゆと、自家製天ぷらは健在です。この手の露出店としては珍しいメニューに、鍋焼きうどん500円があります。ちゃんと土鍋で作るので、たいへん美味そうでした。サイドメニューには、餃子寿司(3カン400円だが、なぜか100円負けてくれた。注文時が先客の鍋焼きうどんを作っているタイミングで、時間がかかったからか? よく分からない)がありました。酢飯のシャリの上に焼きたて餃子を乗せたもの。餃子と酢の相性は疑うべくもなく、違和感なく美味しいです。皮はパリパリ系。餃子は、注文を受けてからタネを皮に包み、焼きます。そのため、注文から出来上がるまでに5分以上かかります。訪問時には、大きなボウル一杯にタネが用意されていましたが、そんなにたくさん売れるのでしょうか。やや心配になる意気込み方です。割増なしでテイクアウト(タレ付き)も可能です(付−1点)。

4 3 3 2 3 4 19
★茂木駅(真岡鉄道)
「平成そば」  実食日:2009/5

  改札を出て右。駅の外にも出入口があり(写真)、暖簾は駅外の出入口にのみ掛かっている。看板も駅の外にしかないので、駅の中の出入口を見ても、知らない人は「おや? これはなんだ?」と思ってしまうだろう。椅子付きL字型カウンターがメインで、奥にこぢんまりとした座敷、さらに店の外(駅外)にもテーブルが1つ出されている。麺類スタンドとしてだけでなく、お菓子やカップラーメンなどを売る売店としての一面も持っている店だ。
  味覚的な特徴は、ツルツルした食感の太めの茹で麺にある。決して加点材料となるものではないが、食感は面白い。つゆはやや辛め。値段はかなり高く、かけ400円、たぬき450円、天500円など。通常なら対象外となる価格帯だが、大都市圏外特例を適用。


3 3 1 3 3 2 15
★高崎駅(JR高崎線・上越線・信越線、上信電鉄、上越・長野新幹線)
「大和茶屋」  実食日:2004/1

  改札内、南北のコンコースを結ぶ「だるま小路」にある、大型駅そば。昼時に行ったのにあまり客は入っていなかったが、広々店内に椅子席(テーブル、カウンター)が30以上。都内の狭苦しい店に慣れている私には、かなり新鮮な光景だ。
  ここのそばは、とにかく麺に特徴。必殺の手打ち風乱切り麺で、麺の太さがまったく揃っていない。太いものはきしめん、細いものはそうめん。ちょっと極端に言ってみたが。味の方はまずまずで、あっさりしたつゆも含めて、及第点以上。変わっている点は、唐辛子をスプーン(普通の金属のやつ)で入れるというシステム。量の加減が難しいと同時に、やや湿気り気味。また、温かいそばでもネギが別盛りで出てくる点も変わっている。結構ネギ嫌いな人も多いから、ありがたいと思う人もいるだろう。
  いただけない点は、とにかく値段。焼き海苔が1枚入るとはいえ、たぬき430円はちょっと高すぎる。海苔はいらないし、盆もいらないし、ネギも最初から入れちゃっていいから、少しでも値段を抑える工夫を望みたい。
  なお、高崎駅にはこの他に2番ホーム(高崎線上り)にもKIOSK型の駅そばがある(未食)。


※閉店していました。「だるま小路」自体がなくなっています(2008/7確認)。

4 4 1 4 4 2 19
「NREたかべん」  実食日:2007/1

  2&3&4番ホームやや倉賀野寄り。昔ながらの露出店で、天井もカウンターも異様に低い。店員がおばちゃんであることを前提としたような造りの店である。
  麺は、ボソボソした食感の茹で麺。「昔よく食べたなぁ」という気がする、懐かしさを感じさせる麺だ。つゆは並。具(たぬき)はつゆを吸ってブヨブヨになるタイプ。ワカメが入って、たぬき300円。かけ250円、天350円など、50円単位に設定されている。現金のやりとりがしやすいからいいなぁ……と思ったら、月見だけハンパだった(290円)。カレーライス、ラーメン、いなり寿司もある。


※2008/7、再食。天(350円)は、かき揚げ・ごぼう天・イカ天・ちくわ天から選択可。「だるま弁当」の販売もやっています(900円)。

※値上げしていました。現在、たぬき340円です。かけ260円、かき揚げ390円。朝限定の「朝得セット」400円あり。写真を見た限り、内容は「月見+たぬき+ワカメのそば」+ごはん+お新香。ご飯の食べ方でちょっと悩みそうです。個人的には、「一石二鳥セット」500円に付く「そぼろかけごはん」を朝得セットにも付けてほしいところです。ちなみに、このそぼろは駅弁「鶏めし弁当」などで使っているのと同じものです。
  昼間の写真を貼っておきます(右)。個人的に気に入っているので、夜の写真も貼ったままにしておきます。微改装(荷物棚の部分に貼り紙類が出された、上部に写真入りメニューが出されたなど)しているということで(値−1点、付+2点。2016/1、確認)。


2 3 2 2 3 2 14
「八起家」  実食日:2008/7

  在来線・新幹線連絡改札の脇にあり、在来線側・新幹線側両方から利用できる。どちらかというと、在来線側がメインだろうか。椅子付きカウンターと立ち食いカウンターがあり、衛生面は比較的良好。
  ここのそばは、つゆが美味い。麺は普通に茹で麺で変哲ないのだが、つゆは出汁が強めに出ていて私好みの味覚。メニューは種類が多い。その中で特に注目したいのは、340円の「だるまそば」。ネギのかき揚げ+コンニャク2つというトッピング。どちらも上州名物だ。コンニャクは赤玉と黒玉が使われ、彩りも鮮やか。つゆの味を邪魔しない程度に甘く味付けがされている。高崎名物「だるま弁当」の顔とも言える2つのコンニャクを用いているあたりは、鉄道ファンにとってはこの上なく嬉しい要素になるのではないか。たぬき320円。


※改装していました(写真は左:旧、右:現)。値上げして、現在はたぬき370円になっています。メニュー構成ががらりと変わり、実質的には値上げというよりも「いろり庵きらく」化です。再食していませんが、おそらく生麺化されていると思います。だるまそばは、残念ながら消滅してしまいました。生麺化のタイミングで消滅したわけではなく、生麺化よりもだいぶ前に終了したようです。ちょっと、個性のない店舗になってしまいましたね。残念です(値−2点、付−2点。2016/1、確認)。

4 2 1 4 3 1 15
「八起家」  実食日:2010/1

  上信電鉄の改札外。駅舎の外側(西口)からでも食べられる造りになっていて、どちらにも程良く利用者があるようだ。基本的に立ち食いカウンターのみで、駅舎内側にのみ、店先にテーブルが1つ用意されている。衆人環視で構わなければ、座って食べることも可能。
  味覚的には、JRホームの同名店と変わらない。ざらつきのある、懐かしい感じの茹で麺。つゆは無難系。値段も同じで、かけ250円、たぬき300円。オススメっぽいのは、肉そば350円。値段のわりに肉の量が多く、満足度が高い。なお、写真は撮ることは撮ったのだが、現像してみたら掲載に堪えるものではなかったので、後日。


※2013/1、再食&写真を撮影してきました。店名は、看板に「駅そば」「NREたかべん」等と記載されていますが、食券に印字されている「八起家(西口店)」が正式店名のようです。値段がちょっと上がっていて、現在はたぬき320円(ワカメ入り)、肉400円です。かけは250円で据え置き。メニューのラインナップは、ほぼNRE標準ですが、一部異なる部分もあります。値段も、一部メニューでオリジナル設定になっています。箸がエコ箸になっていました。

※値上げしていました。現在、たぬき340円です。かけ260円、肉430円。新幹線連絡口脇の店舗は生麺化されましたが、こちらはまだ茹で麺で頑張っているようです(値−1点。2016/1、確認)。

3 3 2 3 3 1 15
「吉野家」  実食日:2014/1

  改札外、東口側の駅ビル「イーサイト高崎」の1階フードコート内。フードコートに入ってほぼ正面という好立地なので、まず迷うことはないだろう。
  「青よし」のそばは、黒々とした十割で、歯ごたえ・風味とも申し分ない。やや甘めのつゆとの相性も、抜群という感じではないが、悪くはない。かけ380円という値段といい、どうして「青よし」がもっと流行らないのか、不思議でしょうがない。意外と認知度が低い(テレビCM等では牛丼しかやらないので)のと、原価率が高い(推測)のが原因だろうか。もっと、駅そば・立ちそば各店にとって脅威となる存在だと思っていたのだが。たぬき(天かす)フリー。そば湯ポットあり。セットメニューが以前よりだいぶ増えていて、「吉野家」では扱いそうもないマグロ丼セットなどもあった。価格的に、単品よりもセットメニューの方がお得な設定になっている。


※値上げしていました。現在、もり・かけ390円です(2016/1、確認)。

5 3 1 4 4 4 21
★新前橋駅(JR高崎線・両毛線)
「麦和楽」  実食日:2011/12

  駅外側、階段下。「駅そば」というよりも大衆食堂の雰囲気がある店だが、メニューは紛れもなくそば・うどんが中心。酒類もあるので、夜間には一杯飲み屋として使う人が多く、そのためこのような独特な雰囲気になっているのだろう。また、菓子類などの売店も兼ねた店になっている。
  そばは、極太(3〜4mm角)ながら意外にも食感が軽い麺に特徴がある。適度なザラザラ感が心地いいのだが、個人的にはもう少し歯ごたえが強い方がいい。つゆはやや甘め。たぬきというメニューはなく、かけ300円、たまご340円、かき揚げ天450円など。変わりメニューに、ネギ南蛮360円。内容は、きつね+南蛮ネギ(たっぷり)。なかなか美味かった。定食類や丼ものも多数扱っていて、かつ丼や豚丼の豚肉は、上州豚を使っている。飲み水は、冷水のほかにお茶も用意。また、一部の席が喫煙席になっているのも面白い。飲み屋感覚で長居する人も結構多いのだろう。

※かけは300円で据え置かれているようですが、種物は少々値上げしています。現在、たぬき360円、かき揚げ460円です。変わりメニューに、上州大根そば540円があります(値−1点。2016/1、確認)。

3 3 1 4 3 4 18
★前橋駅(JR両毛線)
「上州そばうどん(KIOSK)」  実食日:2006/9

  改札を出て右前。KIOSK駅そばにしては珍しくどぎつい黄色の構えで、かなり目立つ。
  ここのそばは、麺はボソボソとしたコシのない茹で麺だが、つゆがなかなか美味い。やや辛めなので、人によって評価は分かれるかもしれないが、私の好みには合っている。それから、誰にとっても嬉しいのがネギ入れ放題サービス。ネギ嫌いな人にとっても、勝手に入れられることがないわけだから、これは嬉しいことなのだ。たぬきなし、月見290円、天350円。車内持ち込み容器20円。

※値上げ(月見290→310円、天350→370円)していました(2010/1、確認)。

※閉店していました。跡地は、「NEW DAYS」です(2015/3、確認)。

3 3 3 3 4 1 17
★伊勢崎駅(JR両毛線、東武伊勢崎線)
「上州そば」  実食日:2010/1

  改札内外両側で食べられる便利な店。内側は1番ホーム、外側は駅を出て左。内側は店内食の立ち食いカウンター、外側は露出の立ち食いカウンターとなる。列車到着前後にはL字型カウンターがすべて埋まる。外のベンチに座って食べる人も続出するほどだ。中東系(?)の外国人が多く利用していたのが印象的だった。
  味覚的に、大きな特徴はない。ノーマルな茹で麺に無難なつゆ。天は、インスタントではないが具材は少なめ。かけ270円、月見320円、天380円など。これと言った変わりメニューはない。結構流行っている様子ではあるが、現在駅の高架化工事が進められているのが少々気がかり。需要から考えれば工事完了後にも残りそうな気はするが……。


※線路高架化工事に伴い、閉店していました。う〜む、残りませんでしたか。駅周辺に飲食店がなく、エキナカに新たに「庄や」ができるなど需要はあっただけに、残念です。両毛線沿線は、駅そばの衰退が顕著です(2015/3、確認)。

3 3 2 3 3 14
★桐生駅(JR両毛線、わたらせ渓谷鉄道)
「給ヒ生駅そば」  実食日:2007/1

  改札を出て右&駅舎を出て右。2つの窓口はどちらも改札外なのだが、店内スペースは厨房によって区切られており、改札脇から入って駅舎外に出るということはできない。珍しい造りの店だ。
  ここの麺は、モサモサしていて味のない、白い茹で麺。僅かに粒々が見られるから、一応そば粉も入ってはいるようだが。つゆも並で、これといって特徴は感じられない。しかし、バッサリと切り捨ててしまうには惜しい店。というのは、ネギに特徴があるからだ。普通の根深ネギの2倍はあろうかという太いネギを使っており、独特な甘みもあり、美味しいのだ。これをたっぷり盛ってくれるのも嬉しい。まさかそんなに高価な品を使っているわけではないだろうが、「ネギ処」を実感させる要素にはなっている。主役よりも脇役が目立っている、面白い店である。値段は、かけ250円、たぬき290円、天310円など。天にもネギがたっぷり入っており、なかなか良かった。かけ+60円でこの天が乗るというのは、かなりお得な感じがする。

※2015/3、再食。値段がだいぶ上がっていました。現在、かけ330円、たぬき390円、天430円です。麺が変わったかもしれません。食感の印象は前食時と同じですが、デフォルトでとても短く、5〜20cm程度しかありません。つゆはやや辛め。ネギは変わらず太く存在感の強いものでした。天は柔らかく、本格的とは言い難いものの小海老が香り、私は好きです。暖簾が変わっていたので、写真を貼ります(左:旧、右:現)。両毛線は壊滅的な状況なので、この店にはなんとか頑張ってほしいです(味+1点、ボ−1点、値−3点)。

3 3 1 2 3 2 14
★横川駅(JR信越線)
「おぎのや」  実食日:2005/8

  ホーム&駅を出て左すぐ。改札の内外両側から食べられる。ただ、横川〜軽井沢間のアプト式が廃止になってからは、横川駅は完全に終着駅になってしまい、「列車を降りる人=駅を出る人」になってしまっているので、改札内外両側に窓口を設けるメリットはないのだが。
  上田駅(甲信越のページ参照)の「おぎのや」にも書いたが、このチェーンでは、ホームで食べられる駅そば店にしては珍しく、生麺を使っている。多少茹で時間がかかるというリスクは否めないが、さすがは老舗のこだわりである。もちろん、美味い。値段は、たぬきなし、天400円。メニューはかけ、玉子、天、天玉の4種類のみ。そば・うどんの他、おにぎりや名物駅弁「峠の釜飯」も扱っている。

※2006/9、再食。特段の変化なし。

※2014/5、再食。値段が上がっています。現在、かけ320円、玉子370円、天420円です(値−1点)。なお、記事内に一部語弊をはらむ記述があったため、削除しました。また、評点も一部加減しています。

5 3 1 2 3 5 19
★群馬原町駅(JR吾妻線)
「ピクニックコート」  実食日:2014/5

  駅を出て右、すぐの歩道橋で線路を渡り、国道を渡って一本裏の通りにある「ベイシアスーパーセンター」の1階フードコート内。駅歩3分くらいか。スーパーセンターはたいへん規模が大きいのだが、フードコート自体はこぢんまりとしている。にもかかわらず、さほど混雑していなかった。需要がこの程度なのかもしれない。若干、行く末が心配。システムは、有人レジで先払い→番号札で呼び出し。
  麺は、モチモチ食感。冷凍麺だろうか。風味はあまりないが、食感が楽しい。つゆは、雑味が少なく、味が濃いタイプ。新潟県あたりでよく出会うタイプだ。悪くはないが、つゆを全部飲もうとすると、最後の方は若干飽きる。価格は安く、たぬき290円、山菜320円、天390円、ざる290円。そばメニューはこの4種類のみ。どちらかと言えばラーメンの方が優勢で、しょうゆラーメン300円を筆頭に安くて美味そうなラーメンメニューが連なる。個人的には、佐野ラーメン390円が気になる。佐野からはだいぶ離れているような気がするが、そこは不問としよう。箸はエコ箸。


3 3 4 3 3 1 17
★館林駅(東武伊勢崎線・佐野線・小泉線)
「立喰うどんそば」  実食日:2003/10

  東口ロータリー向かい。非常に小さな店だが、この駅はロータリー前が割と閑散としているので、よく目立つ。看板も大きいし。熟年夫婦の経営で、家庭的な雰囲気がある店。評価には関係ないが、この雰囲気は大好きだ。テレビ完備。
  味の方には、特にこれといって大きな特徴はない。麺は太さにばらつきのある乱切りタイプ、たぬきは妙に細かいが、評価に影響する要素にはならない。たぬき300円。

※閉店していました。跡地は、観光案内所になっています(2015/10、確認)。

3 3 3 2 3 14
★上毛高原駅(上越新幹線)
「上毛高原そば」  実食日:2010/1

  改札を出て直進、突き当たり。露出店だが、周囲にあまり人がいないので、そう落ち着かない感じはしない。むしろ、ここに店でもなかったら、がらんとしすぎて気持ち悪いくらいだ。厨房を取り囲む立ち食いカウンターを中心にしつつ、店先にはテーブルが出されている。テーブルも椅子も丸太製と、なかなか情緒に富む。
  麺は、乱切りの平麺。歯ごたえはあまり強くない。茹で麺だろう。つゆは、ほんのりと甘みが射すタイプ。特段美味いと感じるものではないが、人気のない駅に店が入っていることによって、駅全体が救われている感じはする。頑張ってほしいところだ。かけ250円、月見290円、天390円など。地方にしては比較的安いと感じる値段設定だ。なお写真は、撮ることは撮ったのだが、現像してみたら掲載に堪えるものではなかったので、後日。

※2014/5、再食。前回実食時よりも歯ごたえが増し、美味しくなったように感じました。麺のみでの販売があり、生麺のようです。前回実食時は、たまたま茹でオーバー気味だったのかもしれません。券売機の下側に「ネギ大盛り・つゆ増量不可」の掲示が出ています。カスタム注文をする癖がある方は、気をつけましょう。また、麺大盛り(110円)ボタンの脇には「2杯目大盛不可」の表示があります。大盛りそばをひとりで2杯食べるのが不可というのは一度退店すればクリアできてしまうので、1杯のそばに対して大盛券を2枚使用することが不可、ということでしょうか。珍しい記載です。値段が上がって、現在はかけ280円、月見310円、天420円になっています。変わりメニューというかご当地メニューに、舞茸そば460円があります。また、ご飯ものに上州もつ煮定食650円がありました。もつ煮は単品にも対応しています(400円)。写真を追加しました(味+1点、付+1点)。

※2014/9、再食。昼時は、手持ち食いが続出するほどの大盛況でした。箸はエコ箸です。前回実食からあまり時間が経っていないので当然といえば当然ですが、味や価格等に変化はありません。

4 2 3 3 3 2 17
★安中榛名駅(長野新幹線)
「そばうどん」  実食日:2006/10

  横川駅の駅弁店・おぎのやの有名な「峠の釜飯」を売っている店なので、当然店名も「おぎのや」なのだろうと思っていたのだが、ちょっと腑に落ちない点があったので、看板に書かれていたこの文字列を店名とした。「おぎのやだ」という先入観があったから食券もよく見なかったのだが、今になって思えば食券制を採用しているという時点でおぎのやらしくない。
  使用している材料は、おぎのやの駅そば店と同じものであると思われる。麺は注文後茹での生麺だし、軽井沢駅同様出汁とかえしを別々に用意していてつゆは非常に美味だった。ただ、値段が違う。おぎのや各店舗より100円安い設定になっており、かけ250円、玉子300円、天350円である。この違いについて店員に聞いてみたところ、「うちは鉄道の管轄だから」としか教えてくれなかったのだが、看板の隅に「日本レストランエンタプライズ」と書かれていた(「おぎのや」の文字列はない)のを目にしてなんとなく想像がついた。たぶん、この店はおぎのやの直営ではなく、NREがおぎのやから材料を仕入れて運営しているのだろう。そう考えれば、「売れ残った釜飯は従業員が買い取ることがある」と言っていたのも理解できる。利用者からすると安いのは結構なことだが、私個人としてはおぎのやとNREの関係がちょっと気になるところだ。なお、店の場所は改札を出て右。


※値上げしていました。現在、かけ270円、月見320円、天370円です。「玉子」から「月見」に表記が変わっているのがちょっと気になります。「おぎのや」仕様から「NRE」仕様に変わったのかと思いきや、むしろ所管はNREから外れています。お品書きのフォーマットは「おぎのや」仕様に変わっていながら、価格は相変わらず「おぎのや」より安い設定。不思議な要素が多い店ですね。券売機が廃止され、現在は現金制です。微少な変化ではありますが、一応写真を貼っておきます(左:旧、右:現。2015/10、確認)。

5 3 3 3 3 5 22


エリア選択ページへ戻る

駅そばトップへ戻る

inserted by FC2 system