最近更新した20件

※ 記事は上が最新です。                                         
※ 再食記事は追記しますが、「変化なし」の再食履歴および誤記訂正は上書きする場合があります。



お 知 ら せ

自身9冊目となる単行本
『全国「駅ラーメン」探訪』
発売されました(2018/10/15発売)。
読者から多く寄せられた
「ラーメンもやってほしい」という声に応える一冊です。
駅そばに通じる視点から、ラーメンを研究しました。
全国の書店などでお求めいただけます!

発行:交通新聞社 価格800円(+税)

お 知 ら せ

8冊目となる単行本
『駅そば 東西食べくらべ100』
が発売されました(2018/9/14発売)。
初めての、ムック形式の作品になります。
関東・関西を中心に、
オススメの駅そば店を約100軒収録しています。
全国の書店などでお求めいただけます!

発行:交通新聞社 価格900円(税込。本体833円)




・田端駅(東京・山手線1)  「富士そば」  実食日:2017/9

  北口を出て左へ20秒。店舗名は「田端店」で、今月4日にオープンした新店(訪問は11日)。これで、山手線は池袋から田端までが「富士そば」でつながった。山手線で出店していない駅も少なくなってきている。残るは、西日暮里・日暮里・有楽町・大崎・原宿・目白(浜松町は、大門店をもって出店とカウント)。大崎や目白あたりは、物件さえ空けばすぐにでも出店できそうだ。個人的には、ぜひ原宿にチャレンジしてほしい。原宿で立ちそばとしてやっていけそうなのは「富士そば」か「嵯峨谷」くらいだと思うので。どちらが先に動くか、個人的には見ものだと思っている。田端店は間口は狭いが奥に長い造りで、テーブル席が14席・椅子付きカウンターが21席ある。わりと規模の大きな店舗。
  麺は、茹で置きのオペレーション。細めでやや偏平形の麺。最近オープンする店舗では押出の乱切りタイプの麺を用いることが多いのだが、ここは製麺された麺を仕入れている。乱切りタイプは、客数が多すぎない郊外の店舗に多いのかな。少し茹でがオーバーだったか、あるいは茹で置き時間が長めだったか、歯ごたえが弱かった。やや残念。偏平形の麺は、ちょっとの誤差で食感が大きく変わるので、なかなか難しい部分がある。オープン直後のオペレーション未成熟によるものだと信じることにしようか。つゆは、カツオ出汁が中心の「富士そば」スタンダード。忠実にレシピを守って作られたであろうつゆだった。たぬきは、この店舗では天かすを使用している。キャノーラ油の旨味と香ばしさがあり、なかなかよい。既製の揚げ玉より、絶対にこちらの方がいいと思う。コスト的にもよいと思うし。たぬき390円(ワカメ入り)。店舗限定っぽいものは特に見当たらないが、朝限定メニューが3種設定されているのが要注目か。朝そば320円と、わりと扱う店舗が多い朝カレーセット360円のほかに、朝いなりセット350円がある。訪問時にはミニカレーセットが他店舗よりも安い500円で提供されていた(通常530円)のだが、これはオープンセールで限定的なものと思われる。生ビールはプレモルで、380円。瑞江店と同じ設定だ。「ふじ酒場」の表示がみられなかったのも瑞江店と同じなのだが、券売機のボタンは「ふじ酒場」仕様になっている。よくわからないね。
  訪問は夕方の16:30頃で、先客2・後客5。オープン直後としてはちょっと寂しい感じもするけれど、閑散時間帯としてはまずまずか。当駅には地力のある立ちそば「かしやま」があるのだけれど、駅を出て逆方向だし、さほど影響なく共存できるだろうか。客層も違いそうだし。かつては「あじさい茶屋」と共存していた実績もあることだし。そば湯ポットあり。箸はエコ箸。


※暖簾デザインが変わっていました(写真は左:旧、右:現)。小さい写真ではほとんどわからないと思いますが、丸紋から富士山ロゴになっています。値段等、大きな変化は見られません(2018/4、確認)。

※2018/11、再食。そばではなくご飯ものの単品で、炭火焼親子丼480円をいただきました。玉子が、ちょっと煮すぎで固くなっていました。ただ、炭火焼の鶏モモ肉と刻み海苔の香ばしさがアクセントになり、ふわとろ感がなくてもそれなりに美味しくいただけます。個人的には炭火焼でないバージョンの親子丼の方が好みですが、ノーマル親子丼は出来不出来の差が激しくなりそう。アルバイトスタッフの調理が前提となる飲食店では、炭火焼にしておいた方が一定の水準を保てそうにも思います。そばつゆベースのスープと、お新香が付きます。スープは、ちょっと塩辛かったです。もう少し薄く作った方がいいように思いました。
  平日16:30頃の訪問で、先客1・後客2。アイドルタイムだからこんなものだろうと思うのですが、フロアが広いだけにガランと空いている印象でした。


3 3 1 4 3 2 16
・新三河島駅(東京・私鉄7)  「かみむら」  実食日:2012/5

  駅を出て右後方(ガード沿いの藍染川通りに入る)へ20秒、左側。宝くじ売り場が併設されている、珍しい立ちそば店。客席は厨房に対峙した椅子付きカウンターのみで、10席ほど。入口を入って右手に2階へ上がる階段があるが、2階席があるわけではなく、店主(?)の居住スペースになっている。
  雰囲気から、なんとなく「六文」に近いそばが出てくるんじゃないかと勝手に想像していたのだが、全然違った。麺は硬質な歯ごたえでなかなか美味。反面、つゆはあまり印象がない。不味いわけではないし、味が薄いわけでもないのだが、麺の存在感が強いだけに目立たない。各種天は自家製で、たぬきも当然具材が混入した天かす。たぬき300円。麺類単品にも高い印象はないのだが、それ以上に定食類の安さが光っている。天ぷら定食400円などは、ぜひ一度試してみたい価格帯だ。


※値上げしていました。現在、たぬき320円です(2017/1、確認)。

※暖簾が変わっていました(写真は左:旧、右:現)。風で端に寄ってしまっているため分かりにくいですが、紺地に白文字で「そばうどん」と染め抜いた暖簾です。入店していないため全メニューの値段は見ることができませんでしたが、基本的に変わっていないようです(2018/1、確認)。

※従来掲載していた写真では暖簾が端に寄っていてよく見えなかったので、現写真を撮り直してきました。値段等、変わっていません(2018/11、確認)。

4 4 3 2 3 3 19
・西宮北口駅(兵庫3)  「阪急そば」  実食日:2018/3

  西宮北口駅の駅そばというと、改札内にある上記「阪急そば 若菜」がパッと思い浮かぶところ。しかし、改札外の目立たないところにも、ひっそりと「阪急そば」がある。場所は、東改札を出て正面の階段を降りたところ。当駅は造りがたいへん複雑で、別の改札から出てしまうと途方もなく行きづらくなるので注意を。東改札は、決してメインとは言えない改札。この店の前も、人通りが多いとは言えない。この場所でこの手の店が成り立つものなのかと、お節介ながら少々心配になってしまう。客席は、椅子付きカウンターのみ。厨房を囲む席と、厨房に背を向けた壁際の席がある。計20席前後。
  麺は、ノーマルな茹で麺。当たりもハズレもない、いつもの安心・安全な阪急茹で麺。つゆは、ベースというかレシピとしては他店舗と同じなのかもしれないが、良く言えばちょっと熟成味がある、悪く言うと少し古いような風味に感じた。実食が朝だったのだが、昨日の残りとかなのかな。きざみ・月見320円、天・きつね340円。実食は、天。天は、いつものエビ入り水滴型ドンベ。天の上からつゆを注ぐので、デフォルトでふやけている。これとは別に、かき揚げ360円の扱いもある。本格的なかき揚げは東京でいくらでも食べられるので、個人的には関西ではドンベの方を食べたくなる。ちょっと苦言を呈したいのは、店員のやっつけ感。作業が早いのは良いのだけれど、少し雑。提供時につゆがガバッとこぼれるし、丼の縁に天ぷらそばには使わないであろう天丼のタレみたいなものが付着していたし。「それ、どの過程で付いたの?」と問いたくなる。ティッシュで拭いたら簡単にとれた(こびりついている感じではなかった)ので、前の客の食べかす(丼が洗いきれていない)とかではなさそうだったが。それでも、衛生面の問題は指摘せずにいられない。本記事においては、「衛生−1点・サービス−1点」とさせていただく。
  平日8:00頃の訪問で、先客2・後客2。そんなに混んでいるわけでもないんだから、もうちょっと丁寧に調理してほしいものだ。


3 4 2 2 2 1 14
・今津駅(兵庫3)  「うどん一番」  実食日:2006/8

  阪急の南口を出て左すぐ。阪神の場合は、駅を出て右、駅前の広場を横切って、道路を渡ったところにある。外見も内装も、駅そばというよりも牛丼屋のようなスタイルの店。カウンターがコの字型に囲い、中が店員の通路、奥に厨房がある。
  この店は、麺もつゆも並。これといった特徴はなかった。唯一のポイントは、揚げ玉入れ放題。それから、油揚げが乗るそばを、メニューでは「きつね」と表記しているが、私が「きつねそば」と注文すると、店員は厨房に向かって「たぬき一丁」と告げたのが関西らしい部分だった。それなら、最初から「たぬき」と表記すればいいのに。かけ250円、きつね(たぬき)・玉子・わかめ・きざみ・こんぶ300円、コロッケ320円、天330円、カレー(そば)400円。にしんそば460円が変わりメニューか。


※改装していました(写真は左:旧、右:現)。店名の表記も微妙に変わっています。店名変更と解釈します(「一番」→「うどん一番」)。値上げして、現在はかけ270円、きつね・たまご・わかめ・きざみ・こんぶ330円、コロッケ350円、天370円、カレー(そば)430円です。ちなみに、天はエビ天です。店頭のお品書きを見た限りでは、にしんは終了しています。代わりに(?)、かす430円が登場していました。ご飯ものも充実していて、かつ丼390円やカレーライス360円あたりはなかなか魅力的です(値−1点、付+2点。2018/3、確認)。

3 3 2 3 4 2 17
・今津駅(兵庫3)  「立食うどん・そば」  実食日:2008/8

  阪神の駅を出て左(国道43号方面)へ30秒、横断歩道を右に渡ったところにある。この横断歩道には信号がなく、結構交通量の多い道なので、ちょっと危険な感じだ。立ち食い専門の小さな店で、冷房設備もない。2台の扇風機を駆使しているが、生暖かい風をかき回しているだけ。夏場にかけ系メニューを食べると、汗だくになる。
  少々ネットリ感のある麺は冷凍を思わせる感じだが、実際には茹で麺。つゆは僅かに薬品臭さがあったが、もしかしたらこれは山菜のせい(実食は山菜そば)かもしれない。もれなくカマボコが入り、かけ210円。山菜270円、天かす270円など。全体的に安めだが、天は370円と高い。店揚げなのだろうか。また、夏場によく売れるざるも高く450円(並)。変わりメニューが結構多く、あんかけ280円、梅しそ280円、スペシャル520円などがある。


※値上げしていました。現在、かけ220円、山菜290円、天かす290円、天400円、あんかけ300円、梅しそ300円です。天よりスタミナ(390円)の方が安いあたり、ちょっと不思議な価格構成になっています。スタミナは天玉ではないかもしれません(2018/3、確認)。

3 3 4 2 3 2 17
・京成関屋駅(東京・私鉄7)  「雑賀屋」  実食日:2018/6

  駅を出て左前すぐ。上記「冨士見屋」の跡地。長らく頑張っていた「冨士見屋」が突然(ではないのかもしれないが、私には前触れが感じられなかった)閉店して、どうなってしまうのだろうかと案じていたところに、立ちそばを後継する店が現れてひと安心だ。ちなみに店名は「さいかや」と読む。もともとこの長屋状店舗群の中で焼鳥・もつ焼き店を営んでいる店なので、いわば業務拡張の形だ。内外装はだいぶリニューアルされているものの、厨房と客席の配置などは「冨士見屋」時代と特段変わっていない。立ち食いカウンターのみで、キャパは10人くらい。食券制が導入されている。
  味は、「冨士見屋」時代から刷新されている。麺は、注文後に茹でる生麺。縮れのみられる細麺で、決して上品ではないものの、そばの香りはしっかり感じられる。貼り紙によると、国産そば粉を使っているとのこと。つゆは、中程度の酸味を伴うもので、ひと口でカツオ中心だと分かる。貼り紙によると、本鰹・サバ・日高昆布のブレンドとのこと。サバはあまり感じなかったが。酸味はあるけれどエグ味はあまりなく、わりと飲みやすい。たぬきは、揚げ置きの天かす。多少湿気ていたが、ほどよく香ばしく、まずまず。たぬき360円。変わりメニューがいろいろある。気になったところとしては、雑賀煮込みそば580円、椎茸そば420円、にらそば500円。また、単品トッピングにハムカツ120円がある。ご飯ものも充実。店頭の置き看板ではかつ丼500円を推しているのに、なぜか券売機に入っていない。口頭注文メニューもいくつかあるようだ。個人的には、本業派生メニューと思しき雑賀もつ煮込み丼500円を一度試してみたい。
  この日は公式取材を3件詰め込んでいて、腹を空かしておかなければならなかったのだが、関屋→牛田の乗り換えついでに見つけてしまったので、平日13:00頃に実食。先客5・後客4で、女性ひとり客の姿もあった。完全立ち食いなのにねぇ。今年3月オープンということで、すでにオープンから3カ月以上経っているので、「オープン直後の賑わいだけで、尻すぼみ」ということにはならなそうだ。この場所には、やっぱり立ちそばが必要なんだな。


※2018/11、再食。なんとなんと、たぬき350円に値下げしていました。たぬき玉子も420→410円に下がっています(値+1点)。他メニューは変わっていないので、天かすの価格が変わったということでしょうか。あるいは、当初の見込みほど売れなくて、廃棄が大量に出てしまったため値下げしたとかかもしれません。いずれにしても、たぬきを食べる機会が多い私にとっては、たいへん喜ばしいことです。また、メニューがだいぶ入れ替わっています。雑賀煮込みと椎茸は終了。にらそばは「特製にらそば」という名に変わり、580円に上がっています。新たに登場しているのは、比内地鶏中華そば580円をはじめ3種あるラーメン。気になるところですが、まずはそばメニューを攻めていかねば。
  というわけで、今回はかき揚げそば390円をいただきました。かき揚げは注文後にフリーハンドで揚げています。いびつな球形なのですが、私はきっちり丸いかき揚げよりこの方が好きです。具材はタマネギが8割。ほかに、サツマイモ・インゲン・ニンジン・小エビを確認。サツマイモは細く小さいカット(カラムーチョみたいな感じ)で、全体が甘ったるくならないよう配慮していると思われます。タマネギは、素材のシャキシャキ感を活かした火入れ具合。中心部の火の通りが若干甘かったかなという印象はありましたが、総じて良い出来だと思います。
  平日14:00頃の訪問で、先客3・後客3。全員男性のひとり客でした。なお、内外観に特段の変化はありませんが、建物の外にテーブル席が増設されていたので、一応写真を貼っておきます(左:旧、右:現)。その必要があるくらい客数が多いと考えられます。素晴らしいことです。


4 3 2 3 3 4 19
・北千住駅(東京・常磐線1)  「富士そば」  実食日:2009/8



  西口ロータリー沿い。今年4月にオープンしたばかりの新店。狭いフロアに効率よく多くの椅子席を詰め込んでいるが、そのぶん座席間隔は若干狭い印象。満席時には、奥に入ると出られない、冷水を汲みにくいなどの弊害が生じそうな造りだ。食券は半券を切り取れるタイプで、実際に切り取って受け渡しに活用している。
  卓上に「石臼挽きそば粉に変わりました」というポップが出ていたが、なるほど、麺は従来の「富士そば」各店では食べたことがない食感のものだった。ほどよいざらつきがあり、「小諸」の麺に近い食感。風味はさほど変わったように感じなかったが、プラス方向の変化ととらえていいだろう。あとは、少しでも値段を下げる努力を望みたい。たぬき370円(ワカメ入り)はちょっと高い印象の設定なので。そば湯ポットあり。


※暖簾が変わっていました(写真は左から2枚目)。値上げして、たぬき380円になっています。朝そば・朝食セット各310円の設定があります(2015/2、確認)。

※改装というか隣の物件を併合して、フロア拡張していました(写真は左から3枚目)。値上げして、たぬき390円になっています。朝そば・朝食セットは、ともに320円。店舗限定っぽいものは、これといってなさそうです。規模を拡大したのなら、「ふじ酒場」を導入してもよさそうな気がします。需要がある立地だと思いますので(2016/3、確認)。

※2016/10、再食。もりそば300円に、ほうれん草のおひたし100円を添えて食べてみました。麺は、ちょっと固かったですね。茹でアンダーという感じでもないのですが、この辺りが紀州と興和の差かもしれません。同じ時間茹でると、両社の麺は食感がだいぶ違ってきます。おひたしは、花かつおをかけてくれます。ちょっと絞り方が強すぎましたかね、もう少し瑞々しさを残した方がいいかなと思いました。このような野菜の小鉢系メニューを扱う立ち食いそばは、富士そばの他にはあまりありません。女性への門戸を広げる効果がありそうに思います。

※暖簾のデザインが変わっていました。富士山ロゴです(写真は右端が最新)。値段等変わっていません。これまでほとんど変わり種が出ない店舗だったのですが、店長さんが変わったのでしょうか、ちょこちょこと変わり種が出るようになっています。紅生姜ちくわ天450円は多くの店舗に出ていますが、ほかにも穴子天450円、ミニあさり丼セット540円、朝限定のTKGセット320円などがありました。特に食指を動かされるのは、TKGセットでしょうか。朝そばや朝食セットと同額なら、こちらを選択する手もあると思います(2018/11、確認)。

4 3 1 3 4 3 18
・北千住駅(東京・常磐線1)  「富士そば」  実食日:2017/5

  東口を出て直進10秒、左側。店舗名は「北千住東口店」。同駅には、すでに西口に「富士そば北千住店」があるのだが、駅舎を隔てた東口側に新規出店した。北千住駅周辺の立ち食いそば店は西口側に集中していて、歴史的に見ても東口側にはあまりない。近年では、上記「そば処吉野家」が出店していた時期があるものの、すぐに撤退している。東口は西口に比べて市街地の規模が小さく、ゴミゴミした飲み屋街の雰囲気であるためか、ファストフードがなかなか定着しなかったのだろう。しかし、最近東口側にもロータリーが整備され、東京電機大のキャンパス誘致にも成功し、昼間から若者が多く歩く街に変わってきている。これからファストフード店が次々に進出していきそうな予感がする。立ち食いそば店としては、富士そばがその先陣を切った形だ。客席は椅子付きカウンターが主体で、ざっと数えたところ25席ほどある。加えて、奥の方にテーブル席が12。フロアはさほど広くないのだけれど、席数はなかなか多い店舗だ。
  麺は茹で置き(見込み茹でかも)だった。やや扁平形をした麺で、歯ごたえは弱めだが茹で加減がちょうどよく、印象としては悪くない。つゆはカツオ出汁が前面に出ている富士そば特有のもので、さほど深みがあるわけではないものの、これはこれで悪くない。そして、驚いたことにたぬきが天かすだった。私が学生時代に食べていた富士そばは天かすだったのだが、その後久しく天かすを使う店舗に出会っていない(「たぬきそば」に関して。他メニューで天かすを乗せる店舗には出会っている)。だから、とても懐かしい感じがして好印象だった。味覚的にも、パンチのない揚げ玉よりも存在感が強く、適度な油具合と香ばしさが麺とつゆの相性を劇的に高めてくれる。富士そばでは各種天を店内で揚げているのだから、ぜひ多くの店舗で天かすを使ってほしいものだ。その方が仕入れコストも下げられると思うし。たぬき390円(ワカメ入り)。店舗オリジナルメニューっぽいものは、特に見当たらず。ミニコロッケ丼セットがやや珍しいけれど、560円だったらミニかき揚げ丼セット550円かミニかつ丼セット560円の方に靡くか。朝限定メニューとして、朝そば320円の他に朝納豆定食390円あり。箸はエコ箸。


※暖簾のデザインが変わっていました。富士山ロゴです(写真は左:旧、右:現)。値段等変わっていません。紅生姜ちくわ天450円が登場しています(2018/11、確認)。

4 3 1 3 3 2 16
・綾瀬駅(東京・常磐線2)  「富士そば」  実食日:2015/9

  東口を南側に出て、線路と垂直方向へ30秒、T字突き当りの左側ほぼ角地。ほぼ角地でありながら片面は自販機に覆われていてあまり目立たない。店舗名は「綾瀬店」で先月オープンした新店なのだが、近年オープンした「富士そば」としてはかなり地味な立地だ。個人的には、上記「SOBA STANDサカムラ」が閉店して以来不毛地帯となっていた東口側にオープンしてくれたことがありがたい。店内に立ち食いカウンターはなく、テーブルと椅子付きカウンターが計29席。
  麺は、見込み茹で。私は茹でたてに当たったのだが、茹でがだいぶアンダーで硬かった。また、すすぎ不足なのだろう、ぬめりもだいぶ残っていてエッジが感じられなかった。ちょっと残念。オープンから1カ月余りが経過してそろそろオペレーションも軌道に乗ってくる頃かなと思っていたのだが。つゆは、「富士そば」としてはやや濃い方だろうか。個人的にはこのくらいが良いと思う。希釈のつゆは、薄く作ると出汁感が極端に損なわれてしまうので。たぬきは、綺麗に花が咲いた天かすで見た目には美味そうだったのだが、揚げ置き時間が長かったのか湿気ていた。たぬき380円(ワカメ入り)。変わりメニューに冷やし味玉セット550円があったのだが、なぜか味玉そばの単品はない(単品トッピングとしての味玉もない)。食べてみたいのに。朝そば310円、朝食セット390円(ともに5〜10時)のお得設定あり。そば湯ポット受渡口にあり。箸は基本的にエコ箸だが、割箸の用意もある。24時間営業。


※値上げしていました。現在、たぬき390円です。鍋焼きうどん550円があります。また、個人的に「富士そば」最強のコスパだと思う「醤油ラーメンセット」500円の設定があります。また、「テイクアウトできます」の表示があります。そういえば、「富士そば」にはあまりテイクアウトのイメージがありませんね。対応店舗がどのくらいあるのか、気になるところです。全店舗でOKということではないようですので(2016/3、確認)。

※暖簾のデザインが変わっていました。富士山ロゴです(写真は左:旧、右:現)。値段等変わっていません。紅生姜ちくわ天450円が登場しています(2018/11、確認)。

3 3 1 4 3 2 16
・大歩危駅(四国)  「お立ち喰い処(歩危マート2号店)」  実食日:2018/3

  駅を出て、目の前の一本道(坂を上る)を1分、左側。まさかこの駅にこの手の店があるとは思っていなかったので、邂逅して感激! 道路の右側にスーパーというか日用食料品店の「歩危マート1号店」、左側に土産店+軽食堂の「歩危マート2号店」が対峙している。観光客の利用が多い駅だから、店もある程度観光客を意識したもののようだ。ちなみに店名の「歩危」は「ぼけ」と読み、駅名の読みも「おおぼけ」。隣には小歩危(こぼけ)駅がある。カタカナで「大ボケ・小ボケ」と表記すると、なんだか漫才みたいでちょっと面白くなる。脱線御免。客席は、店内にテーブル席が4人×2。間口右手の窓口のところにカウンターが3人分ほどあり、ここで立ち食いも可能。店頭のお品書きに「食券を買ってください」と記載されているが、券売機などはなく、代引きでの対応だった。
  麺種は不明だが、食べてみた印象としては乾麺を連想させる。ポソポソした食感。まぁ、全挽粉を高い割合で使う祖谷そばは概してこういう食感だから、特段驚くようなことはない。阿波池田「ちゃみせ」や徳島「麺家れもん」の麺よりももっとつなぎが弱く、提供された時点の長さを保って食べるのは至難の業。かなり好き嫌いが分かれると思うのだが、個人的には祖谷そばらしくて良いと思う。香りもしっかり感じられるし。つゆは、イリコ出汁が中心。爽やかで、かつ丸みのある味。上品さと野趣を兼ね備えた味わいで、美味しい。七味より一味の方が合うだろう。メニューは少なく、そばは祖谷そば400円(大盛り600円)のみ。確か「祖谷そば」の表記は商標登録されていたはずだが、大丈夫なのだろうか。トッピングは、甘辛く炊いた椎茸少々+刻み揚げ少々+カマボコ2枚。他に、うどん350円(大盛り450円)、ぼけあげ(揚げ豆腐のようなもの)350円、祖谷とうふ(冷奴)300円、ぼけ祖谷汁(けんちん汁みたいなもの?)500円を提供。飲み水はお茶(温)。客席フロアに石臼が置いてあり、客が自ら茶葉を挽いて抹茶を作り、飲むことができる。これは面白い趣向。ちょっと飲み方にコツが要るのだが。ガバッと飲むと喉がイガイガになるので、お湯を少なめに入れたら軽く茶碗をゆすって、上澄みの部分を飲むようなイメージ。お湯が多いと、ゆすっても抹茶が溶けないので注意を。
  平日14:30頃の訪問で、先客0・後客0。1号店の方にはちょこちょこと観光客や地元住民が入っていたが、2号店は閑散としていた。だからということもあるのだろうか、4人いるおばちゃん店員がとても世話焼きで、お茶の淹れ方なども手取り足取り教えてくれた。アットホームな雰囲気で、旅情もある。もちろん味も悪くないのだけれど、それ以前に雰囲気で「また来よう!」と思わせる店だ。


4 2 1 3 3 8 21
・阿波池田駅(四国)  「ちゃみせ」  実食日:2005/8

  駅を出て左すぐ。駅に隣接している。配膳つき&後精算&有人レジ(レシートも出る)&高めの店なので、「駅そば」のカテゴリーに入れられるかどうか微妙なところだが、四国は頭数が少ないので、含めることにする。
  四国というとうどんが前面に出る。そばよりもうどんの方が値段を安く設定している店も多い。ここも例に漏れずなのだが、100円の差があるというのは前代未聞。かけに相当する「祖谷そば」は400円、かけうどんは300円。具が入るとさらに高くなり、きつねそば450円、天は550円である。
  味覚的には、ポソポソしていて、箸で持っただけで切れてしまう幅広麺に特徴がある。あまりいい意味での「特徴」ではないが。それから、花の模様が入った綺麗なカマボコが乗るのも特徴か。
  どうでもいいことかもしれないが、私の後ろの席で、私を乗せてきた列車の運転手がうどんを啜っていたのが妙に印象的だった。定食や飲み物も豊富に揃えており、駅そばと言うよりは駅前定食屋といった風情である。土産物も売っている。

※2009/12、再食。値上げ(祖谷400→430円、きつね450→480円、天550→580円)していました。うどんも、全品30円ずつ上がっています。単品メニューが高いだけに、祖谷そば定食680円にお得感がありました。カマボコは、普通の赤板になっていました。今回は昼時だったこともあってかなり賑わっていましたが、やっぱり制服姿の駅員さんの姿がありました。

※改装というか、貼り紙や置物類が増え、賑やかな印象になりました(写真は左:旧、右:現)。一時期店頭に等身大の人形が置かれていたことから、多くの人に「人形の店」と呼ばれ親しまれていましたが、その人形は撤去されています。ちょっと残念。各メニューとも、値上げしています。現在、祖谷470円、きつね540円、天650円です。うどんも、かけ370円に上がっています。祖谷そば定食は、760円。これとは別に、「祖谷そば+ちりめんごはん+お新香」の祖谷そばセット680円があります(2014/8、確認)。

※閉店していました。跡地は、セブンイレブンです。ここは結構思い入れがある店だったので、たいへん残念です(2018/3、確認)。

2 3 1 4 3 2 15
・「完全に諦めた駅一覧」に、以下の各駅を追加。
 (中国1)上道駅
 (四国)鬼無駅
・溜池山王駅(東京・地下鉄1)  「二五十 赤坂」  実食日:2018/11

  値段がかなり高いのだが、十割そば提供ということで特例適用。場所は、11番出口を出て右後方へ2分、右側。間口は狭いが奥に長い店舗。厨房は手前側にあり、その対面の壁沿いに立ち食いカウンター10人分くらい。奥が広くなっていて、椅子付きカウンター11席と、テーブル席が2人×4ある。自動オーダーの食券制なので、券を買ったら厨房前を素通りして、券を持ったまま席で待っていれば呼び出される。それは良いのだけれど、呼び出しの声が「へい!らっしゃい!」みたいな怒号なのがちょっと。シックで落ち着いた店内の雰囲気に合っていない。
  麺は注文後に茹でるので、提供までに少し時間がかかる。昼時などは、10分以上待たされることもあるかもしれない。星のない、白っぽい更科風の麺。ただ、ルックスから連想させるほどにはモチモチ感がなく、あまり強くつながっていない印象。香りは、さほど強くはないが、更科らしい上品さはある。つゆの香りにかき消されるような繊細な香りなので、かけ系よりももり系の方が合うように思う。つゆは、カツオが最前面にあり、そのすぐ裏にサバらしき癖のある香りが垣間見える。その奥に、もう一層レイヤーがあるように感じられた。なかなか深みがあって、また少し熟成されたような旨みも介在。カエシをしっかり寝かせているのではないか、と感じる。美味しい。ただ、先述したように麺の香りを掻き消してあまりあるほど香りが強いので、麺との相性という点ではやや「?」が付く。たぬきなし、かけ500円、かき揚げ600円など。実食は、かき揚げ蕎麦。かき揚げは注文後に揚げているようで、アツアツだった。見た目には大きいのだが、フワッと空気を包み込むような揚げ方なので、質量としてはそれほど多くない。具材は、タマネギ・春菊・ニンジン。タマネギはシャキシャキ感が活きている。春菊は、分量的には結構多い(全体の30%くらいか)のだが、思ったほど香らない。ただ、これは「春菊天」ではないので、春菊の主張はこのくらい抑えてあってもいいのかな、とは思う。箸は天削の、バルサ材のように軽い割り箸。七味は山椒が強いので注意を。そば湯ポット各席にあり。
  平日13:00頃の訪問で、先客4・後客4。昼のピークの名残がありそうな時間帯にしては、それほど客数は多くなかった。ただ、これは訪問日が雨天だったせいもあるかもしれない。まぁ、14〜17時を中休みとしているあたりから推しても、アイドルタイムにはそれほど入らないのではないかと推察できるのだけれど。


4 4 1 4 3 4 20
・溝の口駅(神奈川5)  「梅もと」  実食日:2004/7

  コンコース内。改札入って正面。東急にありがちな、「ピカッと新しい梅もと」である。味等に関しては、同系他店と同じなので、詳しくは解説しない。曜日によって、大盛り無料、卵無料などのサービスがある。私が食べたとき(木曜日)は大盛りの方だったのだが、黙っていても自動的に大盛りで出てきた。また、冷やし中華の場合は木曜でも卵サービス。カレーライスの場合はライス大盛りになる。もう1点付け加えておきたいのは、飲み水。薄いながらも麦茶になっている。これは何気に嬉しいポイント。暑いときには、冷たい麦茶に限る! たぬきはワカメ入りで290円。
  なお、この駅はJR南武線の「武蔵溝ノ口駅」とのターミナルになっているが、駅名が微妙に異なるため、別駅として扱う。ご了承いただきたい。


※2016/11、再食。値上げしていました。現在、たぬき360円です。約12年ぶりの再食ということで、初心に帰ってたぬきそばを実食。茹で麺は昔と変わらず、少しゴワッとする食感。わりと好きです。つゆは、昔よりもやや淡くなったような気がしますが、12年経っているのであまり自信ありません。口当たりはカツオ系で、余韻は昆布。淡い中にも深みがあり、嫌いではないです。たぬきは、サクッとした玉とフワッとした玉が混在する天かす。青ノリのような香ばしさを感じましたが、視認はできず。これも、悪くないです。全体的に、突出したワンポイントはないものの、特にケチをつけるような材料もなく、バランスよくまとまっていると思います。
  ちょっと変わっているなと思ったのは、冷水用のコップが商品と一緒に提供されるということ。冷水機前にコップはありません。そばを食べずに水だけ飲んで出ていくのを防止するためでしょうか。個人的には、そばを待っている間にひと口水を飲みたいので、できれば冷水機前にコップを出しておいてほしいです。日替わり特価セット(この日は「たぬきそば+ミニ海老天丼510円」)の設定あり。朝11時までコロッケそば320円、15〜18時に限り正油ラーメン400円の大盛り無料といった、タイムサービスあり。変わりメニューに、薬膳天450円、きのこ煮450円。外観的には、サンプルディスプレイを向かって右側に移動し、左側にはテイクアウト専用窓口が新設されていました。暖簾も変わっています(写真は左:旧、右:現。値−3点、サ−1点、付+2点)。


※2018/11、再食。少し前に多摩川店で春菊天を食べ、姿揚げになっていたことに驚いたので、溝の口店でも春菊天390円を食べてみました。なるほど、こちらも姿揚げでした。揚げ置き時間が長く、しなっとしていてちょっと筋っぽいのですが、オペレーションとしては多摩川店と同じです。ただ、丼が違っていました。大盛り用の丼を使ったのでしょうか、内容量に対してずいぶんと丼が大きいように感じました。
  平日14:00頃の訪問で、先客8・後客8。たいへんよく入っています。女性ひとり客も散見されました。ただ、券売機の扱いに慣れておらず時間がかかっている客の後ろで、若く綺麗な女性が「チッ」と舌打ちをするシーンは、あまり見たくなかったです。


3 3 1 4 4 2 17
・佐古駅(四国)  「とば作」  実食日:2018/3

  駅を左(南)側に出てすぐの大きな交差点を対角に渡り、右へ20秒。徳島県内に数店舗を構えるミニチェーン店で、基本的にはセルフうどんだが、そばも扱っている。チェーン店とはいえ店舗数は少ないし、雰囲気的にもチェーン店っぽさは皆無だ。システムは、讃岐うどんスタイル。入ってすぐ右手に、丼に入ってラップをかけた状態の茹で麺が並んでいるので、好きなものを取って、セルフで湯通し。次にセルフトッピングやサイドメニューなどをチョイスし、有人レジで精算。最後にセルフでつゆを注ぎ、薬味を乗せ、奥の客席へ。つゆは寸胴ではなく、コックを倒すとジョロジョロと注がれるタンクタイプ。薬味は、ネギだけでなく花かつおも用意されている。客席は、テーブル席が4人×4、椅子付きカウンターが12席。間口右手にテイクアウト専用窓口を併設している。
  そばがある以上は、当然そばを選択。トッピングには、丸天と玉子天を合わせた。麺は、細うどんほどの太さがある。祖谷そば風ということだろうか。祖谷そばほど色黒ではないのだが。少しネットリする食感で、そばの香りもまずまずある。食べごたえもあって、なかなか私好みの麺だ。つゆは、イリコ+昆布の出汁だろうか。少し濁りがみられる。味見をする前に花かつおを乗せてしまったこともあり、ちょっと解析しにくかった。丸天は、九州のそれようなさつま揚げ様のものではなく、おそらく自家製のドンベ。ほぅ、徳島ではこれを「丸天」と呼ぶのか。これに近い表記としては、三ノ宮駅(兵庫県)近くの「松屋」で実質ドンベを「丸天ぷら」と表記していた例がある。興味深い相似点だ。「とば作」の丸天は、パリパリに固いが、つゆに浸かるとふやけやすい。だから、パリッと食べたい場合にはそばの上には乗せない方がいいだろう。玉子天は、半熟玉子をひとつまるごと天ぷらにしたもの。黄身がギリギリ流れ出ないくらいの、絶妙な半熟加減。美味しい。かけ(小)200円で、そば・うどん同額。値段も安い(小といっても、ボリューム感に難はない)。丸天100円、玉子天100円。総じて、とても良い店。早急に全店舗を訪問してみたくなった。
  平日10:30頃の訪問で、先客1・後客1。昼のピーク前のアイドルタイムだから、こんなものだろう。後客は食べるのがとても速い人で、私よりも先に食べ終えて出ていった。おそらくこの人だけでなく、この手の店を利用する人は多くが速食なのだろうと思う。四国ではいつでもどの店でも感じることなので。


4 3 6 3 4 5 25
・徳島駅(四国)  「麺家れもん」  実食日:2012/12

  改札を入って右手、2番ホームにある。2011年12月にオープンした新店。地域の社会福祉法人が知的障害者の就労支援の一環として運営する、ちょっと異色な店。かつて同じホームに上記「かけはし」があったが、跡地ではない。椅子付きカウンターのみで、席数は8。ただ、8人入ってしまったら身動きが取れなくなるであろうと思えるくらい、フロアは狭い。半券もぎりタイプの食券制で、実際にもぎって受け渡しが行われる。
  この店のそばは、伝統的にこの地域で食されている「祖谷そば」を忠実に再現したもの。麺は太く短く、箸で持ち上げただけでプツプツと切れてしまう。若干食べにくさを感じる部分もあるが、この素朴さが「祖谷そば」らしくて、個人的には○。阿波池田「ちゃみせ」のように平打ちではなく、断面が正円に近い麺なので、よりモッサリ感が強い。香りも豊かだ。つゆは、かなりの薄味。飲む分には美味しいが、麺の香りに若干負けている印象がある。祖谷(かけに相当)350円(刻み揚げ・カマボコ入り)。これとは別に、粗挽き昔そば(400円)というものがある。詳細未確認だが、麺が違うと思われる。全体的にそばよりもうどんの方が安いのは、四国ではお約束。かけうどんは200円と安い。メニューはそれほど多くないのだが、変わり種が目立つ。ねぎあんかけ、五目あんかけ、梅おろし、和風ラーメンなど。一方で、月見などのオーソドックスなメニューがだいぶ端折られている。薬味には、七味・一味のほか、柚子こしょうとネギ油を完備。ネギ油は和風ラーメン用だろうか。


※2014/8、再食。味覚的には大きな変化はありません。値段が上がり、メニュー名もいろいろ変わっていました。かつての祖谷そばは「祖谷仕立て蕎麦」と名を変えて、380円になっています。メニュー名変更の背景には、登録商標の問題などいろいろ大人の事情があるようです。粗挽き昔そばは「特撰十割そば」になり、530円。かけうどんは250円です。和風らーめん300円と梅おろし480円は健在ですが、ねぎあんかけ・五目あんかけは終了しています。祖谷仕立てには徳島県三好産の玄そばを100%使用して二八で打ち、特撰十割には徳島県祖谷産の玄そばを100%使用しています。改札内の店なので、乗車券か入場券がないと食べることができません(改札で頼んでも入れてもらえないそうです)が、毎週月・水・金曜(祝日を除く)の11:30〜13:00に、ケータリングカー「麺家れもん号」による駅前販売があります。そば400円と少々割高設定ですが、話題性抜群なので一度試してみたいものです(付+2点)。

※2018/3、再食。値上げしていました。現在、祖谷仕立て430円、かけうどん300円、梅おろし530円です。和風らーめんは終了していますが、ねぎあんかけは復活しました(うどん450円・そば530円)。また、ケータリングカーでの駅前販売は終了しています。
  今回は、新たに加わったメニューのそば米ぞうすい530円を食べてみました。挽かずに粒のまま使う蕎麦の実を米に見立てた雑炊です。具材は、サトイモ・ニンジン・椎茸・コンニャク、そして阿波尾鶏。薄味なのですが阿波尾鶏の旨みがよく出ていて、なかなか贅沢な旨みを楽しめます。そばの香りとのマッチングも良いです。そばの実を挽くところから自前でやっている店ならではのメニューでしょう。
  10:00の開店を待っての入店だったこともあり、先客0(私がこの日の一番客)。後客も0だったのはちょっと寂しいですが、昼時には賑わってくれるのだろうと思います。私も、応援していきます。


4 3 1 3 3 7 21
・高松駅(四国)  「連絡船うどん」  実食日:2008/10

  改札内外両側から利用できる。内側は改札入って右、頭端式ホームの付け根。外側は駅を一度出て左、左(ミスタードーナツの脇を入っていく)。内外両側とも立ち食いカウンターのみ。キャパは内側の方が大きい。うどん専門店だが、四国はそばを扱う店が少ないこともあり、例外的に対象とする。
  麺は、讃岐特有の太麺で、やや透明がかった乳白色。コシが非常に強く、美味しい。つゆはほとんど透明と言っていいほど色が薄い。塩加減がちょうどよく、気持ちよく飲み干せる。かけ320円、きつね370円など。四国名物のじゃこ天うどんもあり、470円。じゃこ天は本場宇和地方のものに劣らないジューシーさで、美味。

※改装ということではありませんが、暖簾が外され、店頭に屋台形式のテーブルが出されていました(写真は左:旧、右:現)。メニューや価格が変わっています。じゃこ天うどんが終了していました。これはショック! どういうわけか、かけの値段は下がっています。現在、280円。ただし、種物は上がっていて、きつね・月見・鳴門わかめは390円です(2014/8、確認)。

※2016/3、再食。値段等、変わっていません。じゃこ天は、既製メニューには入っていませんが、「天ぷら各種150円」の中に入っていました。ホッと胸をなでおろしました。単品天ぷらの中には、観音寺ちくわの天ぷらも入っています。こちらも、興味が湧きます。
  今回は、肉ぶっかけ(並)520円をいただきました。肉は牛肉で、薄めの味付け。大根おろしとおろし生姜が一緒にトッピングされます。味覚的には、鉄板ですね。不味いわけがない組み合わせです。これといった大きな特徴がある味わいではありませんでしたが、安心感のある一杯です。ちなみに、麺は店内で茹でています(見込み茹で)。さすが高松、駅うどんでも茹で麺は使わないんですね。なお、今回はボリューム的に並量あると感じたので、「ボ+1点」としています。


※メニューによって値段が上下し、なおかつメニューがだいぶ絞られていました。メニュー体系が変わったと捉えてよさそうです。現在、きつね400円、肉ぶっかけ500円です。券売機からは、かけが消えています。月見、鳴門わかめ、じゃこ天も消滅。メニューは温うどん4種・冷うどん3種・期間限定1種のみです。ちょっと寂しい展開です(付−2点。2018/3、確認)。

5 3 1 2 3 1 15
・「全国駅そばベスト30」
  佐古「とば作」が25位にランクインし、順位変動。
・「完全に諦めた駅一覧」(四国)に、蔵本駅、阿波富田駅、眉山山麓駅を追加。
・新宿駅(東京・山手線8)  「信州そば本陣」  実食日:2012/12

  JR中央東口改札を出て直進30秒、左側。地下街内にある店。間口がかなり狭く、一見すると「なんだ、この小さな店は!」と思ってしまうのだが、実は奥に長く、椅子付きカウンターと立ち食いカウンター合わせて30人ほど収容可能。……が、実際には30席フル稼働するのはなかなか難しそうだ。このような「ウナギの寝床」タイプの店にはよくあることなのだが、ちょっと混んでくると「奥の方は空いているのに手前で食べている人が壁になって奥まで入れない」という事態に陥ってしまうため。ちょっと席数を増やしすぎている観がある。かといって、立ち食いカウンターを一列減らしたら、回転が追いつかなくなりそうにも思う。中途半端な時間の実食だったにもかかわらず、結構混んでいたので。悩ましいところだ。
  味覚的には、麺・つゆともに主張が強い。麺は食べ応えのある太麺。やや偏平形をしている。つゆは、甘さ・辛さとも強め。麺を食べているときにはあまり感じないのだが、ゴクッと飲むと強く主張してくる。たぬき390円(ワカメ入り)。変わりメニューに、雪見そば400円がある(詳細不明)。オーソドックスなメニューはほとんど網羅されており、選択肢がたいへん多い。券売機前で悩んでしまう人も多いのではないだろうか。細かい点に言及すると、冷水ポットが客席の随所に置かれているのが◎。先に述べたように店内移動が大変な店なので、受渡口付近の冷水機だけだと勝手が悪いのだ。


※2014/8、再食。値上げして、たぬき410円になっています。現在の基準では対象外となる価格ですが、目下基準の見直しを検討していることもあり、対象に残すことにします。カニカマ天(450円)を試しました。天ぷらにすることで生臭さが和らぎ、違和感なく喉を通ります。また、コーン天(450円)という変わりダネもありました。次回にでも試してみたいと思います。

※2018/11、再食。本陣ラーメン480円をいただきました。カツオ出汁が最前面に香る、和風醤油ラーメンです。そば用の出汁を活用しているのでしょう。これはこれで美味しいです。麺は黄色い中太麺で、少し透明がかったような独特なものです。グニャッとした歯ごたえ。トッピングは、チャーシュー、煮玉子(半分)、メンマ、焼き海苔、ナルト。チャーシューは厚切りでなかなか食べごたえがありました。値段的にやや高いかなという気はしますが、この店はそばもやや高めなので、こちらを選択する手もあるかなと思います。コーン天とカニカマ天は終了し、代わって酸辣湯そば600円や白ごま坦々そば620円などが登場しています。面白そうだけど、ちょっと高いかな。
  平日16:00頃の不問で、先客5・後客2。観光客と思しき欧米系外国人の姿もありました。椅子のある店では、最近顕著に増えていますね。立ち食いのみの店には寄りつかないようですが。なお、外観的には暖簾をはじめ細かいところがいろいろ変わっていました(写真は左:旧、右:現)。


3 4 1 3 3 2 16
・新宿駅(東京・山手線8)  「さ竹」  実食日:2015/4

  かなり興味深い店が、今年3月末にオープンした。場所は、南口を出て右へ3分、甲州街道沿い(北側)。かつて「江戸そば」があった場所に近い。間口が狭いのでなかなか目立たないが、奥に長く、椅子付きカウンターが20席以上ある。
  ある程度立ち食いそばを食べ歩いている人であれば、入店前の時点でまず「ん? ここは嵯峨谷?」と思うだろう。「石臼挽き十割蕎麦&冷麦」を売りにしている点、店頭で電動石臼を見せている点、サンプルケースの感じまで、嵯峨谷にそっくり。調べてみると運営業者は別なのだが、「類似感」は店内に入ってからも続く。和風で落ち着いた感じの店内意匠、受渡しのシステム、黒っぽいすり鉢状の丼、平打ち麺、木製のエコ箸、ワカメフリー、甘辛めながら嫌味のないつゆ。ほぼ「完コピ」に近い状態だ。異なるのは、ネギの輪を切ってあることと、ナルトの細切りではなくカマボコの細切りをサービストッピングしていることか。また、メニューもちょっと変えてある。「嵯峨谷」名物の鯵ご飯はなく、代わりにまぐろごはんがある。……これもかなり意識があるように感じるが。また、そばの値段は嵯峨谷よりも少々高めの設定になっている(たぬきなし、かけ330円)のだが、プレミアムモルツ150円の設定は見事に嵯峨谷と同じ。
  つゆが雑味を含んだ甘辛系なので、そばを口に運んだ瞬間にはあまり蕎麦の香りがしないのだが、咀嚼に入るととても心地よく香りだす。この店では、ぜひ普段よりも少し多めに咀嚼することをオススメしたい。十割にしてはしっかりとつながっていて歯ごたえもよく、味覚的には申し分ない。また、フリーのワカメは、調子に乗って入れすぎるとつゆがぬるくなるので、少量にとどめるのが吉だ。


※値上げしていました。現在、かけ350円(冷麦320円)です。たぬき登場、400円。生ビールも180円になっています(2018/11、確認)。

5 3 1 4 4 4 21
・西武新宿駅(東京・私鉄5)  「とらそば」  実食日:2016/4



  歌舞伎町交差点の角という最高立地に、今月オープンした新店。しかも非チェーン店。店内はたいへん広く、椅子付きカウンターが全部で61席もある。場所柄、客は外国人比率が高い。テイクアウト専用窓口あり。
  麺は、黒っぽくザラザラした食感の茹で麺。そばの香りもちゃんとあって美味いのだが、すすりこんだときにちょっと薬品臭を感じたのが気になる。麺に由来しているのかつゆに由来しているのかは、判然としない。茹で麺だと思うのだが、なぜかそば湯ポット(急須)が用意されていた。つゆは、やや甘め。出汁はさほど香らず、味付けで食わせるタイプ。たぬきは既製品の揚げ玉。たぬき380円。ほうれん草が乗るのだが、鮮度落ちが著しく(あるいは、茹でミスor解凍ミスかも)、ちょっと溶けかかっていてほとんど繊維の食感しかなかった。これだったら、乗せなくていい。変わりメニューは、特になし。総じて、極端にまずいわけではないしまずまず水準レベルにはあると思うのだが、これといったセールスポイントやインパクトもない一杯。すぐ近くに「嵯峨谷」があるだけに、正直ちょっと苦しいのかなと感じる。「嵯峨谷」の方が安い設定なのでね。また、麺単に対しても大きすぎる盆に乗せて受け渡しをするなど、オペレーションもスマートでないというか不器用な印象を受ける。従業員2人の連携もとれていない。オペレーションに関してはオープン直後(4/9オープン、4/13実食)だったからまだこなれていないという側面もあるだろうが。実食は午前9:30頃で、先客4・後客5。席数に比すると、かなり寂しい客数だ。いたずらにフロアが広いのが、ちょっと勿体ない感じ。奥の方に無駄になっているスペースがだいぶあるので、簡易的な厨房(屋台的なもの)を増設してたこ焼きやスムージーを売り出し、プチフードコート風にしてしまうというのはどうだろうか。これだけ席数があれば、魅力的な商品を提供すれば女性もたくさん入ると思うので。


※看板が一部変わり、店頭メニュー表示が張り紙からサンプル展示に変わっていました。また、ファンキーなピンク色の暖簾が新調されています。ドアガラスの「テイクアウトOK」表示がなくなっていますが、まだテイクアウトできるようです。値段等、特段の変化はありません(写真は左から2枚目。2016/9、確認)。

※暖簾が変わっていました(写真は右端が最新)。ショッキングピンクの暖簾は評判がよくなかったのでしょうか。よく見ると、看板も少しずつ変わっていっているのが分かります。テイクアウト窓口は閉鎖されたようです。とんこつラーメン500円を始めたようで、大きな垂れ幕が下がっていました。替え玉・ライス1杯無料です。この店はスペースにだいぶ余裕があるので、こんな感じでいろいろなことにチャレンジした方がいいと思います(2017/10、確認)。

※値上げしていました。現在、たぬき430円です。いろいろ試しているようで、サーロインステーキ(300gで1680円)の提供が始まっています。スペースに余裕がある店だし、いろいろやってみるのは良いと思うのですが、「それいけ! ステーキ!」のフレーズは、いかにもブームに乗っかりましたと言わんばかりで、ちょっと苦言を呈したくなります(2018/11、確認)。

3 3 1 4 3 1 15
・静岡駅(東海1)  「スマル亭」  実食日:2018/3

  駅歩5分のところに、ドライブインタイプのイメージが強い「スマル亭」の静岡店がある。駐車場のない、駅前型の店舗。行き方の説明が、ちょっと難しい。北口を出て左、ロータリー出口交差点のひとつ西側の信号を右折して両替町通りへ。風俗街を抜け、グリーンベルトのある道(青葉町通り)を渡ってすぐ左側。ひとことで済ませるなら、駅から見て両替町風俗街のすぐ先。静鉄の新静岡駅からでも同じくらいの距離感で、どちらを最寄りとするかで少々悩む立地だ。立ち食いカウンターのみの小型店舗で、キャパは10人くらい。食券制。
  麺は、冷凍だろうか。ツルツルした舌触りで、わりと重厚な歯ごたえ。そばの香りはさほど感じない。つゆは、昆布出汁が中心。昆布を丸かじりしているかのような風味。こいくち醤油を使っているためだろうか、関西よりも北海道を連想させる味覚だった。たぬきは、揚げ置きの天かす。湿気ていてあまりサクサク感はない。油はしっかり切れていて、小エビ香あり。まずまず。ネギは青(根深ネギの葉の部分っぽい)。たぬき370円。訪問が朝だったので、たぬきそばではなくモーニング350円を選択。モーニングは5種類あり、350円均一。かけ+炊込みごはん、たぬき+炊込みごはん、月見+炊込みごはん、ちくわ天、かき揚げ。この選択肢なら、たぬき+炊込みごはんか月見+炊込みごはんがお得だろう。私は、たぬき+炊込みごはんを選択。炊込みごはんは、目に見える具材はひじきだけなのだが、食べてみるとシソ(ゆかり)の香りがする不思議なものだった。味覚的には、悪くない。ちなみに、炊込みごはんは通常120円なので、モーニングだと370+120−350で140円お得という計算になる。桜えび天・しらす天各550円を筆頭に、静岡らしい変わりメニューがいろいろあるのだが、いずれも割高な印象。ご飯ものやセットメニューも高め。朝なら間違いなくモーニングがお得で、それ以外の時間帯ならかけ320円かたぬき・月見各370円あたりが狙い目になるだろう。ネギ増しは有料(50円)なので、ご注意を。箸はエコ箸。
  訪問は平日の8:30頃で、先客0・後客1。朝のピークがひと段落ついたタイミングだったと思われ、空いていた。なお、この店は店内禁煙だが、加熱式タバコはOKになっている(専用灰皿まで置いてある)。紙巻きタバコと加熱式タバコを一緒くたに捉える風潮がある中で、こういう飲食店は珍しいと思う。


4 3 1 3 3 2 16
・和歌山駅(南近畿)  「水了軒」  実食日:2010/10

  JR4・5番ホーム南寄り。露出店で、ピンクのパステルカラーの店舗はどことなくクレープ屋を連想してしまう。客席は立ち食いカウンターのみで、キャパはせいぜい4人。駅弁の販売もある(水了軒は駅弁業者)。
  そばの味は、一長一短か。麺は柔らかすぎる茹で麺で、まったく歯ごたえがない。反面、つゆは清涼感があって美味しい。評価が相殺されてしまうのが残念だ。言わないと飲み水が出てこないのはマイナス材料。かけ220円、天370円など、そば・うどんのメニューは4種のみ。加えて、和歌山ラーメン400円がある。丼が、車内持ち込みできそうな薄っぺらいプラスチック製のものなので、手持ち食いには向かない。カウンターが空いていなければ、空くまで待とう。


※2013/8、再食。「和歌山ラーメン」を試しました(400円)。個包装の液体スープをポットのお湯で溶くだけの簡単なラーメンですが、味は悪くないです。ちゃんと豚骨醤油仕立てになっています。麺は、生麺を注文後に茹でます。チャーシューが2枚乗るので、400円ならそこそこのCPだと思います。地元の中高生から観光客風の老夫婦まで、幅広い客層に支持されているようで、逆にそば・うどんを注文する人が少なくて心配になるほどでした。

※「当分の間、休業」の貼り紙が出ていました。現在、利用できません。「閉店」とは明言されていないので閉店扱いにはしませんが、営業再開する可能性は低そうです(2014/8、確認)。

※閉店していました。建物撤去済みです。跡地は厳密に特定できませんでしたが、たぶん自販機コーナーだと思います(2018/3、確認)。

3 3 3 1 2 2 14
・和歌山駅(南近畿)  「うどん・そば」  実食日:2009/12

  2・3番ホームにある露出店。一応、「阪和第一食堂」という正式店名があるらしい(情報が寄せられている)のだが、表記が見当たらなかったため店名とは考えない。キヨスク売店・弁当販売店と一体になった建物で、おばちゃんはそばコーナーと弁当コーナーを兼務している(キヨスクは別)。
  麺はややゴワゴワしていて、湯通しが不足しているかなという印象。つゆは色が薄く、味覚的にも薄味。それなりに余韻があったので、物足りなさは感じなかった。私が訪れたときに厨房に立っていたのはかなりご年輩の方で、盛りつけるときに手がプルプル震えていたのが印象的だった。特に、ネギを盛るのに悪戦苦闘していた。特に減点対象とはしないが、そろそろ引退してもいいんじゃないの? と声をかけたくなってしまった。たぬき(きつね)310円、天380円。天はエビ一尾。


※値上げしていました。現在、たぬき(きつね)320円、天390円です(2014/8、確認)。

※閉店していました。建物撤去済みです(2018/3、確認)。

3 3 3 2 3 14
・「完全に諦めた駅一覧」(南近畿)に、櫟本駅を追加。
・新橋駅(東京・山手線4)  「小諸そば」  実食日:2013/5

  JR日比谷口を出て左前方向、ニュー新橋ビルの1階、外側。日比谷口を出るともう見えている位置なので、分かりやすい。店舗名は「新橋店」で、オープンして間もない新店。外観からは、中が広そうに見えるのだが、フロアはそれほど広くない。椅子付きカウンター11席と、立ち食いカウンターが5〜6人分くらい。実食が日曜だったからということもあると思うが、ファミリーでの利用が多かったのが意外に思った。駅そばらしくないというか、新橋らしくないというか。
  麺は、注文後に茹でていた。歯ごたえも風味もよく、たいへん美味しい。つゆは「小諸」スタンダード。美味しいけれど、インパクトはあまり強くない。たぬき290円(カマボコ+季節の青味入り)。ネギ&梅干しフリー。丼は、口径が小さく深い、新型タイプ。どうやら、「小諸」では順次この丼に切り替えていくようだ。これはあまり嬉しいことではないなー。つゆを飲みにくく、若干重いので。


※値上げしていました。現在、たぬき300円です(値−1点。2014/11、確認)。

※値上げしていました。現在、たぬき310円です(2016/4、確認)。

※2017/1、再食。値段等、変わっていません。今回は、かき揚げ丼セット510円を、もりでいただきました。もりそばは、いつも通り。そば湯の急須が付きます。かき揚げは、大判で厚みのあるもの。小諸のかき揚げ、こんなに大きかったっけ? 少し油がきつく感じました。ミニかき揚げ丼には、紅生姜が自動的に乗ってきます。個人的には不要なので、セルフにするか、乗せるかどうか聞いてくれるとありがたかったです。15:00くらいの訪問で、先客8・後客5。なかなかの賑わいでした。訪問が1月3日で、周りの飲食店があまり営業していない(本当は「丹波屋」で食べようと思っていたのだが、やっていなかった)から、集中するのかもしれませんね。

※値上げしていました。現在、たぬき340円です(値−1点。2018/10、確認)。

※2018/11、再食。たぬきそば340円+麺特盛り60円をいただきました。麺はやや茹でオーバーかなと感じましたが、総じてハイレベルを保っています。この店の出入口はビルの外側になるのですが、今回、ビル内通路側に小さな間口があることを確認しました。おそらく客用ではなく従業員の通用口だろうと思います(店員さんが出入りしていました)。どのようなタイミングでこの出入口が活用されるのか、ちょっと謎です。事務所やバックヤードがビル内の別なところにあるのでしょうか。
  平日17:30頃の訪問で、先客3・後客9。立地の良さもあって、よく入っています。店舗規模も結構大きいし、この店舗は「小諸」の中でもかなり成績優秀なのではないかと推察します。客層はサラリーマンが中心ですが、学生風や高齢者も散見され、幅広いです。2018/10/22から営業時間を1時間短縮した(閉店時間が早まった)旨の貼り紙が出ていて、一瞬「夜間はあまり入らないのかな」と思ったのですが、このぶんだとそういうことではなさそうに思います。人手不足等、別の理由があるのではないかと感じました。


5 3 2 3 5 3 21


駅そばトップへ戻る

inserted by FC2 system